秋と言えば何を連想しますか?秋の食べ物や行事まとめてみました。

養老

夏の暑さが終わり、

快適に過ごしやすくなってくる秋。

秋の季節は日々の生活が快適になり、

何事にも挑戦しやすい時期です。

 

ところが、いざ秋がきても

「何があるのか?」と疑問を

抱いてしまうこともしばしばあります。

 

そこで秋といえば何が連想できるか、

秋にやってくる行事や食べ物などを紹介していきます。

スポンサードリンク

秋といえば何がある?

「秋といえば?」と考えて

最も頭に浮かんできやすいのは「食欲の秋」でしょうか。

 

暑い日々が続く夏は夏バテなどによって

食欲が減衰してしまいがちですが、

秋は快適で過ごしやすい気温に落ち着いてくるため、食欲が増します。

 

秋の食べ物

秋の味覚といえば

秋刀魚、栗、松茸、稲や白米、秋ナス、サツマイモなどがあります。

 

秋刀魚

b907aa153c5e0f4f2beb46fca3e22a7c_m

 

 

秋の魚はサンマ(秋刀魚)でしょう。

サンマは飽きの味覚として美味しいだけでなく、

健康にも良い栄養素が多く含まれています。

旬の時期のサンマは特に栄養価が高いです。

 

e6cd6b4cfa63f021380233ed551f9765_m

秋の季節に採れる栗を使った料理は豊富にあります。

栗を使ったモンブラン、栗ごはん、

栗をまぶしたり、茹でたりと、

栗を使った食べ物は様々に変化していきます。

 

松茸

45d9435c1736285ed44461c6291f8a9c_m

松茸は秋の味覚の王者とも言われますが、

人工栽培がしづらく、昔から珍重されています。

 

日本ではきのこ=松茸といった認識が

成り立つほど松茸に対する印象は大きいです。

松茸は香りを楽しみながら

食べられる高価な食材なので、

「食欲の秋」に合わせて季節限定の

プレミア感を感じながら食べられる食材とも言えます。

 

なぜ松茸は貴重なの?

松茸はアカマツといった宿主樹木の近くに

松茸は生えており、

宿主樹木が光合成をして得た

栄養素を分けてもらって育ちます。

 

このような状況を人工的に作るのは難しく

、成長環境が厳しい条件にあるために

松茸は採れる数が少ないのです。

スポンサードリンク

稲と白米

8d3e756a1c2db5ce9b7f0640810b5342_s

日本人が秋の時期に食べたくなるのは

やはり新米のお米でしょう。

主食がお米である日本人にとって

お米は特別なものであり、

秋に収穫されたばかりの新米は通常の

お米に比べて水分が多く含まれており、

艶、風味、粘り、香りなどが格段に良い時期です。

 

新米の炊き立てご飯はおかずが

なくても食べられるほど美味しいです。

 

秋の行事

秋行楽

食欲が増してくる秋に合わせて

「行楽の秋」、「スポーツの秋」なども連想できます。

秋は体を動かすのに適した温度であるため、

運動会や山登りといった「スポーツの秋」らしさが出てきます。

 

お弁当などを持って山登りをしたり、

ドライブにでかけて紅葉の綺麗な景色を楽しみながら、

おいしい秋の食事ができるのは

一年に一度のこの秋の時期ならではの楽しみ方です。

 

中秋の名月など

日本の昔から風習なども

多い季節です。

秋の夜長を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

特に日本人は、四季を感じ生活を

していますので

秋を楽しむのがが上手いのだと思います

スポンサードリンク

【まとめ】

最後に

秋は季節の変わり目として

夏のような激しい暑さがなく、

ストレスのない快適な生活ができるようになる時期です。

 

様々なことに挑戦しやすい時期である反面、

季節の変わり目は気温の変化があるために

体調を崩してしまう人も多くなってくるため、

衣替えをしっかり行い体調管理には気を付けていきましょう。

【他のおすすめ記事】
10月に東京で行われるおすすめイベント!5選是非行ってみてください!
中秋の名月、お団子の数は?お月見を楽しみましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ