酵素サプリで健康維持!『大人の生酵素』の効果は?ダイエットにも有効!?口コミ&評価をご紹介!

酵素サプリで健康維持!『大人の生酵素』の効果は?ダイエットにも有効!?口コミ&評価をご紹介!

はじめに

40歳を超えると身体のあちこちに

不調ができています。

 

20代のころの体力を取り戻したいと

思っているのは私だけでは

ないと思います。

 

健康を維持させるために

たくさんの種類のサプリメントがありますが

それが一番いいと思いますか?

 

テレビCMでやっている高価なものから

安価なものでまであります。

 

今回は私が試した

「大人の生酵素」について話したいと思います!!

 

スポンサーリンク

 

酵素サプリで健康維持!『大人の生酵素』の効果は?ダイエットにも有効!?口コミ&評価をご紹介!

酵素の働きについて

酵素って結構よく耳にしますが

実際はどのような働きがあるのか

ご存知でない人多いと思います。

 

 

私の言葉で簡単に説明すると

ズバリ!!

『生きるために絶対になくてはならないもの』

です!

 

 

戦後、欧米からもたらされた栄養学では、

炭水化物

タンパク質

脂肪

の三大栄養素が、人が生きていく上で

必要な栄養素としてもてはやされました。

 

 

家庭科でも習ったと思います。

 

その後、炭水化物を摂っても、

それだけではエネルギーとして

うまく代謝しないということで、

ビタミン

ミネラル

が加わって

五大栄養素となりました。

 

 

そしてさらに、体内では消化されないからと、

それまで見過ごされてきた

食物繊維が6番目に加わりました。

 

もちろんこれらの栄養素も大切です。

しかし、ビタミンやミネラルよりも、

私たちの生命を維持する上で

もっと大切なものがあります。

それが酵素です。

 

酵素と聞くと、ほとんど無条件に「消化酵素」と

連想される人もいるでしょう~!

 

しかし、酵素は食べたものを

消化吸収するばかりでなく、

息をしたり、筋肉を動かしたりと、

一切の生命活動に関与しています。

 

もし、酵素の働きがなければ、

人間も動物も生きることはできません。

 

生命活動の主役であり、源なのです!!

 

 

酵素サプリで健康維持!『大人の生酵素』の効果は?ダイエットにも有効!?口コミ&評価をご紹介!

特徴や効果は?

生酵素サプリを摂ることは

たくさんの栄養を補給すること

に繋がりますので、体内に様々な

影響を与えるのです。

 

そのため、次のような悩みを

抱えている人には

お勧めのサプリメントなのです!

 

便通効果

生酵素サプリの便秘効果

生酵素サプリの効果で

一番多く挙げられているのが「便通」の効果ですよ!

 

 

女性ならこの悩み多いかも・・・。

 

便秘はストレスや食生活など

何らかの原因によって胃や腸での

消化吸収力が落ちてしまうことが

原因で起こるのをご存知ですか??

 

生酵素サプリは長い期間熟成して

作られているため発酵食品と同じく

消化されやすい状態になっています。

 

スポンサーリンク

 

なので少ない消化酵素での消化が可能です。

また、生酵素サプリの多くには

便通の改善に効果がある

乳酸菌などの成分が

含まれていることも少なくないのです。

 

 

乳酸菌が腸内の善玉菌の活性化につながり、

腸内環境が改善されちゃいますよ!

 

腸内環境が改善された腸内では、

生酵素サプリやその他の食べ物の

栄養素が吸収されやすくなり、

腸内菌や腸の働きの活性化につながり

栄養素もしっかり取ることができるので

さらに腸内環境が整いやすい

サイクルが生まれれるのです!!

 

ダイエット効果

ダイエット効果!!

注目した人は多いはず!

 

生酵素サプリはダイエット目的で

飲まれることの多いサプリですが、

この効果は生酵素サプリを

飲むだけで現れるものではありません。

 

加齢とともに体内酵素が減少すると

体の働きが落ち、基礎代謝が

下がってしまいます。

そこで生酵素サプリを飲むと、

停滞している体内酵素の活動を

活性化させることができるのです!

 

体内の酵素が活性化すると

体のエネルギーの消費量が増えるため、

基礎代謝が上がると言われています。

 

 

なので生酵素サプリを使ったダイエットは

年齢を重ねて基礎代謝が落ち、

運動をしてもなかなか体重が

減らない人におすすめです。

 

20代前後の若い方や全く運動を

しない方にはダイエット効果は

現れにくいかもしれません。

 

美容効果

美容の効果は主に便通が

改善されることによって起こります。

 

便秘の腸内は悪玉菌が優位な状態にあり、

悪玉菌が放出した毒素は

血管を通って全身に運ばれてしまいます。

 

その影響で起きてしまうのが肌荒れなんです。

 

なので便秘由来の肌荒れは、

便秘が改善されることで解消へと

向かっていくことが期待できるのです!

 

もう一つは生酵素サプリに

含まれる栄養素の影響ですね。

 

ビタミンなどの肌に必要な栄養素が

不足して肌荒れが起きてしまっている場合には、

生酵素サプリで栄養補給を

することによって改善が期待できます。

 

胃もたれ防止効果

生酵素サプリの中には消化を

サポートする効果が高いものもあります。

 

 

食前に飲むことを推奨している

消化サポート力の高い生酵素サプリは

胃の中で他の食べ物に働きかけ、

消化不良によって起こる

胃もたれを防いでくれますよ♪

 

健康効果

健康を維持するためには

バランスの良い食生活が重要ですよね!?

個人で行う食事の栄養管理は想像以上に大変です。

確かのそうかも・・・。

 

 

生酵素サプリは配合される栄養素の

バランスにこだわったものが多く、

不足しがちな栄養素が加えられているものもあります。

 

生酵素サプリを健康維持を目的として

飲んでいる方の中には

「からだの調子が良い」

「朝起きるのがつらくなくなった」

という変化を感じている人もいるようですね!

 

 

酵素サプリで健康維持!『大人の生酵素』の効果は?ダイエットにも有効!?口コミ&評価をご紹介!

口コミや評価

 

酵素をダイエットや

健康維持に取り入れる以上、

効果ももちろんですが

毎日続けることも重要となります。

 

そういった意味では、この「飲みやすい」

の声がとても重要なものとなりますね。

カプセルは小さく、かつ臭いも

全く気にならないので、

女性の方であっても手軽に

飲むことが可能です。

 

 

毎日続けていくうえで、

飲みやすいサプリメントと言うのは

 

嬉しいことですね!

 

 

それでは口コミをみて行きましょう!

 

 

 

34歳 女性 H.Kさん

大人の生酵素 は、222種類の植物発酵エキス、

 

大人の生酵素 を飲んでいると、

冷え性が改善されたような気がします。

いつもはエアコンで凍えているのに、凍えません!

元気いっぱいで過ごせます。

大人の生酵素 、続けているとお肌も

プリッとしてきそうです!

 

54歳 女性 H.Nさん

1袋飲み切ったのでレビューします。

飲みやすい大きさで、臭みもないので続けやすいです。

飲み始めて1週間ほどで肌ツヤが増してきたのを感じました。

化粧のりも以前より良くなったと思います。

スタイルキープの効果は特に感じてないかな……?

でも安いのでしばらく続けようと思います。

 

 

51歳 女性 K.Sさん

持ち運びに便利なので、

旅行にでかけたときでも

持っていけるのは嬉しいですね。

美味しいものをついつい

食べ過ぎちゃっても、少し安心できます。

1日6粒飲むだけなので、

続けやすいと思いますし、

カプセルタイプなので味も気にならないのがいいですね。

 

 

45歳 女性 S.Mさん

コロコロとしたカプセルでとっても飲みやすいです。

酵素を積極的にとりいれたいと思っていますが、

中には飲みにくいものがあって

最近は飲んでいませんでした。

友達から「大人の生酵素」をオススメされて、

飲んでみたら全くクセがなくて問題なく続けられています。

ヒアルロン酸配合で、『お肌にもGood!』ですね。

 

スポンサーリンク

 

酵素サプリで健康維持!『大人の生酵素』の効果は?ダイエットにも有効!?口コミ&評価をご紹介!

さいごに(注意点)

酵素は48度以上の熱で失活してしまうため、

生酵素サプリは、加熱を徹底的に

取り除いた特別な製法で作られているそうです。

 

そのため、熱いお湯で生酵素サプリを飲むのはNG。

 

かといって冷水で飲めばいいのかといえば、

冷たすぎると胃や腸の働きを

鈍くさせてしまったり、

体を冷やしてしまうのでオススメできません。

 

生酵素サプリを飲むのに最適な温度は、

常温・ぬるま湯なのです!!

 

酵素は、人の体温である

36.5〜39度がもっとも活発的です。

 

私たちが発熱する時って

大量の汗をかきますよね?

 

発熱時は細菌を追い出すために代謝が

フル活動してる状態なんです。

つまり、酵素も積極的に動いているということです。

 

このへんを意識して飲むようにして下さいね!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ