【いぼ痔手術の体験談】気になる完治までの期間は?再発の可能性は?

「痔」の画像検索結果

【いぼ痔手術の体験談】気になる完治までの期間は?再発の可能性は?

はじめに

いぼ痔で入院して手術する流れは?費用はどれぐらい?保険の適用は?

今から10年程前・・・

 

私は勇気を出して

病院へ。

 

そう、いぼ痔を医師に看てもらうために

受診したのです。

 

当時、排便の度に

いぼ痔になり、手で

強引に押し込んでいました。

 

私の場合、痛みはありませんでしがた

とにく肛門の違和感が

気持ち悪かったのです・・・。

 

 

診察した結果、

決して軽度

ではない状態でした。

 

 

 

相談の結果、

入院して手術をすることにしたのです・・・。

 

 

スポンサーリンク

 

【いぼ痔手術の体験談】気になる完治までの期間は?再発の可能性は?

入院予定は約一週間

非常にデリケートな部位なので

とても恥ずかしい入院でした。

 

坐薬など看護師さんに

挿入してもらいますが、

とても恥ずかしいのです・・・。

 

 

とは言っても、すぐ慣れますが。(笑)

 

 

手術の方法ですが

切って治すのではなく

注射をしていぼの部分を

硬めて治す方法を選択しました。

 

これをジオン療法

(ジオン注射)といいます。

 

手術は無事成功し、

その後、安静にして過ごします。

 

 

 

 

【いぼ痔手術の体験談】気になる完治までの期間は?再発の可能性は?

ジオン療法について

中国から伝わった方法で

当時、日本ではそれほど

主流ではありませんでした。

 

しかし、その病院は

肛門科が専門で

地元では有名な病院でした。

 

この手術は、

脱出を伴う内痔核にジオン注を

投与して痔に流れる血液の量を減らし、

痔を硬くして粘膜に固着・固定させるのです。

 

手術時間は1時間もかからなかったと思います。

 

ただ、痛みよりも

羞恥心の方が勝る感じです・・・。汗

 

 

「ジオン療法」の画像検索結果

 

写真のように注射を打ちますが

麻酔をしていても

少しだけ『チクッ』としました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

【いぼ痔手術の体験談】気になる完治までの期間は?再発の可能性は?

手術によって再発のリスクが変る

私が受けた手術(ジオン療法)は

再発のリスクが高い

いうものでした。

 

それは、先生から事前に

説明をしてもらっていました。

 

では、なぜこのジオン療法にしたかというと

簡単な手術で、入院期間が短く

仕事復帰が早くできる

からです。

 

 

 

一方、昔からある

そのまま患部を切除する手術は

再発のリスクは低いのですが

入院期間も長く、仕事復帰に

時間がかかるデメリットもあります。

(先生にこうやって説明を受けました)

 

 

 

 

 

【いぼ痔手術の体験談】気になる完治までの期間は?再発の可能性は?

完治はどれぐらい?

私の場合は退院後

5日後に受診をして観てもらいました。

まだ、このときは

肛門に違和感もあり

すこしチクチクします。

その時、異常がなかったので

次は2週間後でした。

 

2週間後の受診も異常がなく

便秘はないかなど

尋ねられたのを覚えています。

 

最終の受診は手術から

1ヵ月後でした。

この頃には肛門に違和感はなく

いぼ痔は完全に治っている状態でした。

 

排便の際に汚れを拭き取る行為も

全く問題なく行なえました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ま と め

いぼ痔で入院して手術する流れは?費用はどれぐらい?保険の適用は?

 

私のいぼ痔の手術&入院体験談

リアルに伝わったのではないでしょうか?

 

痔は恥ずかしいと思うのが先行し、

なかなか病院に行かず

その間に、どんどん進行していきます。

 

私は、何とかジオン療法の手術でも

大丈夫でしたが、

重度になると切除しか方法がない

場合もあるのです!

(先生が説明して下さいました)

 

 

仕事や家庭のことが気になって

なかなか手術のきっかけが

ないかもしれません・・・。

 

 

しかし、今回の記事を読んでいただいて

少しでも背中を後押しできればと思います!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ