発達障害の子供を持つ経験談!小学生の特徴は?対応はどうする?

「子供」の画像検索結果

発達障害の子供を持つ経験談!小学生の特徴は?対応はどうする?

はじめに

うちの息子は天然キャラで

周囲からちやほやされるほど

とても笑顔がかわいい子供でした。

 

幼稚園は少人数で

1クラス20人もいませんでした。

 

「子供」の画像検索結果

 

友達関係も特に問題ありませんでしたが、

時々、同い年の女の子から

傷つくことを言われ

泣きながら帰ってきたりしていました・・・。

 

幼稚園では小人数ということで

息子は勿論、他の子供たちに対しても

きめ細かな支援をしていてくれたと

今でも思っています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

発達障害の子供を持つ経験談!小学生の特徴は?対応はどうする?

小学生になると環境が一転

小学生になると1クラス30名を超えます。

しかもクラスは4クラスで

幼稚園のころとは環境が全く違います。

 

一人の先生が全員を

把握して平等に対応するのは難しい環境です。

 

参観日に行くととても

顕著に分かりました。

 

息子に限らず、先生の指示が

クラス全員に行き渡らない状態です。

 

 

発達障害(ADHD、広汎性発達障害)の息子は、

先生の指示に対して

何を今したらいいのかわからず

周囲をキョロキョロしていました。

 

 

先生が出す指示がしっかり伝わってなく

理解するまでに時間がかかるのだと思います。

 

それでも息子は自分なりに

必死に付いて行こうと必死でした。

 

 

 

発達障害の子供を持つ経験談!小学生の特徴は?対応はどうする?

息子の特徴

息子が小学生になると

宿題に苦労するようになります。

 

 

あまりに多い宿題に量に

平日は友達とあまり遊ぶ時間がありませんでした。

 

宿題に取り掛かるのですが

やはり特性で集中力がありません。

テレビを途中で観たり

立ち上がってウロウロ、ピョンピョン

跳んだりするのです・・。

 

 

 

遊びに行っても友達との

トラブルが増えてきました。

 

思ったことを言葉で表現することが苦手で

相手に上手く伝わらないのです。

 

さらに、相手の言葉に対しても

理解力が少し弱く、何を言っているのか

分からずにイライラする仕草がありました。

 

そのようなことから

友達と遊んでいてもすぐにトラブルになり

すぐに自宅に泣きながら帰ってくることが

多くなりました・・・。

 

 

スポンサーリンク

 

 

発達障害の子供を持つ経験談!小学生の特徴は?対応はどうする?

親の対応はどうした?

まずは、親自身が発達障害について

理解を深める事だと思います。

そして、子供の特性にあった支援を

心得る必要があります。

 

例えば、息子の場合は

よく話を聞いてあげるようにしました。

途中で話を切らずに

伝わりにくい説明でも

しっかり向き合って話を聞くのです。

 

感情のコントロールが苦手で

すぐにイライラするのですが、

なるべく、親が冷静になり

息子が刺激を受けないようにします。

 

息子がイライラしても

親は感情的にならずに

淡々と話をするように心がけました。

 

親だけでは対応しきれないこともあります。

 

そんな時は、社会資源を十分に活用して

様々な人からの支援を受ける事も

重要なことだと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

発達障害の子供を持つ経験談!小学生の特徴は?対応はどうする?

おわりに

発達障害と分かる前と

分かってからでは、息子に対する

対応は違いました。

 

「子供」の画像検索結果

 

先ほども書きましたが

しっかり特性を理解して

二次障害にならないように

親が中心となり支援する必要があるでしょう。

 

もし、自分の子供が発達障害かどうか

不安があるのなら、早期に病院を受診して

それに合わせた対応をした方がいいです。

 

 

本人に合わせた支援をするのと

そうでない場合は

大人になってから、全く違うと

病院の先生が言っていました。

 

発達障害でも健やかに明るい未来になるように

親が一番の理解者になり

子供を支援することが必要だと思います!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ