結婚したいけど子供がいらない人の心理は?老後の生活はどうなる?

「子供 いらない」の画像検索結果

結婚したいけど子供がいらない人の心理は?老後の生活はどうなる?

はじめに

の恋愛観や結婚観って

それぞれです。

 

略奪愛・・・

 

浮気・・・

 

不倫・・・

 

将来に結婚がない恋愛・・・

 

結婚しても子供がいらない・・・

 

実に様々です。

 

多くの場合は、結婚して子供達に恵まれて

明るい家庭を築きたい。なんてことを考えます。

 

しかし、中には結婚はしたいけど

子供がいらない生活を望む人もいます。

 

その心理状態ってなんでしょうね・・・。

 

そのような人と恋愛をしていれば

きっとあなたも気になると思います。

 

今回は、そんな恋愛について

お話をしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

結婚したいけど子供がいらない人の心理は?老後の生活はどうなる?

男性の意見か女性の意見で違う

子供を生むのは女性です。

 

その女性が思うのと

相手である男性が思うのでは少し

意味が違ってきます。

 

女性の場合だと、極端な話

相手がいれば子供をつくることは可能です。

 

しかし、男性の場合は

自らが出産するわけではありませんので

相手がいるだけでは

子供をつくることはできません。

 

男女で微妙に心理状態も違いがあります。

 

 

 

結婚したいけど子供がいらない人の心理は?老後の生活はどうなる?

女性の場合・・・ 男性の場合・・・

女性が『結婚はしたいけど

子供はいらないと』言うと、

考え方次第ではもしかしたら

気持ちが変化して

出産すを希望する可能性もあるのです。

 

 

そのようなことを口にする前に

精神的に何か考えさせられるような

出来事があった可能性があります。

 

 

一方、男性の場合は

信念としてそう考えている人が多いです。

 

「子供 いらない」の画像検索結果

 

例えば、子供に対していい印象が無いとか

2人だけでの生活に邪魔はいらないとか

ずっと前からの、自分の幼いときから

なにか考えさせられるような

事があったのかしれません。

 

スポンサーリンク

 

 

結婚したいけど子供がいらない人の心理は?老後の生活はどうなる?

現実的な発想?

このようなご時勢ですので

本心は子供が欲しくても

経済的な理由から子供はつくれないと

考える人も多いです。

 

特に、40歳を超えて結婚となると

出産後の経済的な負担はかなりもものです。

 

40歳で出産すると、その時の子供が

成人するのは60歳の時ですから・・・。

 

「子供 いらない」の画像検索結果

 

それなら、残りの人生をふたりだけで

ある程度余裕がある生活をしたいと

考えてもおかしくはありません・・・。

 

 

 

結婚したいけど子供がいらない人の心理は?老後の生活はどうなる?

夫婦2人だけ、老後はどうなる?

一番気になるのが介護問題ではないでしょうか?

 

2人とも同時に介護が

必要になる可能性だってあります。

 

そうなれば、困りますよね・・・。

 

身体的なこともそうですが

精神的なこと、金銭の管理など

課題はあります。

 

元気で70歳近くになったとして

生活の充実を図るために

高級老人ホームという選択をする場合も

もしかしたらあるかもしれません・・・。

 

 

しかし、現実は甘くはなく

これもかなりの経済的な負担となり、

通常の特別養護老人ホームなどのお世話になる

可能性が高いと考えられます。

 

 

 

 

結婚したいけど子供がいらない人の心理は?老後の生活はどうなる?

制度を利用することも視野に入れて

自分達の財産を守ったり

遺産を残すためには、

制度を利用することも

視野にいれて起きましょう。

 

 

成年後見制度

養子縁組です。

 

成年後見人制度は自分達が

認知症のなったりしても

財産を法律で選ばれた人が

守ってくれます。

 

 

養子縁組は実の子供がいなくても

戸籍上は親子となり

財産を残すこともできます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

ま と め

この記事を読んでいる人は

結婚相手(婚約者)などが

子供はいらないと

言っているのではないでしょうか?

 

「結婚」の画像検索結果

 

もし、自分が子供欲しければ

そこで考え方に違いが生じて

破局になるケースもあります。

 

しかし、相手の心理状況を理解して

それを受け入れようとする姿勢が

少しでもあるならば、

きっといい方向に向かうと思います。

 

まずは、相手の気持ちを理解してみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ