発達障害でよく処方される薬は?子供の副作用は?経験談を教えます!

「コンサータ」の画像検索結果

発達障害でよく処方される薬は?子供の副作用は?経験談を教えます!

はじめに

発達障害って、近年物凄く注目されています。

それだけ身近のものであり

芸能人や有名人、偉人も実は

発達障害だったという報道もされたりしています。

 

 

さて、私も息子も発達障害があります。

 

普段、自宅ではとても真面目で

甘えん坊の中学2年生です。

 

色々なことに興味を持ち、

『コレ!』と思ったことはどんどん自分で

調べて吸収していきます。

 

小学生の段階で親の知らないことも

たくさん知っていました。

 

スポンサーリンク

 

発達障害でよく処方される薬は?子供の副作用は?経験談を教えます!

息子の飲んでいる薬

そんな息子が今飲んでいる

薬はストラテラです。

ADHDの人に処方されますが、

不注意、多動、衝動性を改善します。

 

先生が物凄く慎重に処方して下さって、

極微量から飲み始めました。

確か、小学生の高学年で最初に飲みましたが

本来の年齢に合う量以下から開始しまいた。

 

ストラテラの特徴はゆっくいり効いていくことです。

ですので、今日、明日で明らかな効果はありません。

6~8週間はかかると言われています。

 

 

発達障害でよく処方される薬は?子供の副作用は?経験談を教えます!

ストラテラの副作用

私の息子は飲んでいる量が少ないこともあってか

この薬の副作用法はほとんどありませんでした。

 

「ストラテラ 副作用」の画像検索結果

 

一般的には

体のかゆみ

吐き気

嘔吐

食欲不振

息切れ

動悸

ふらつき

ほてり

 

などがあるとされているようです。

 

勿論、個人差があり

副作用の出やすい人

そうでない人もいます。

 

医師と相談して慎重に服用しましょう。

 

スポンサーリンク

 

発達障害でよく処方される薬は?子供の副作用は?経験談を教えます!

コンサータに切り替えた時も・・・

実は、ストラテラでなくコンサータという薬に

切り替えようとしたこともあります。

 

息子の状態が安定せず、医師と相談して決めました。

 

「コンサータ」の画像検索結果

 

この薬の大きな違いは。

効果の時間にあります。

 

コンサータの方が即効性があり

素早く効くのです!

 

服用開始すると1週間で効果が現れて

一度の服用で12時間継続して効くのです。

 

ですので、朝飲むと夕方には

効果が切れるような計算ですね。

 

 

発達障害でよく処方される薬は?子供の副作用は?経験談を教えます!

コンサータは失敗に終わる

息子の場合、このコンサータの

副作用は顕著に現れました。

 

薬を飲んで数分で

強い吐き気がありました。

 

誕生日で豪華な食事を予定していましたが

結局全く食べることができませんでした。

 

食欲もなく、数口食べて箸を置くことも

しょっちゅうでした・・・・。

 

それと、息子自身がよく言う言葉で

「お腹は空いているけど、吐いたらイヤだから

食べないでおく・・・」 ということがありました。

 

医師と相談して胃薬を飲みたが効果はなく

結局中止して、ストラテラに戻しました。

 

 

 

 

発達障害でよく処方される薬は?子供の副作用は?経験談を教えます!

コンサータとステラテラの違いを復習

ここで、これまで紹介した二つの薬の違いを

見たいと思います。

 

この二つの薬はとても有名なもので

よく比較されます。

 

「コンサータ」の画像検索結果

 

医師から処方された場合に

当てはめて比べるといいでしょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

ま と め

「薬」の画像検索結果

 

いくら効き目のいい薬でも

副作用は付き物です・・・。

 

私も、心療内科の薬を飲んでいますが

最初の一週間は眠くて眠くて

たまりませんでした。汗

 

今は、体が薬に慣れていて

上手く作用してようです。

 

発達障害に悩む親御さんも多いですが

医師と上手くコミュニケーションをとり

本人にとって最善の方法で

対応できるといいですね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ