相続は誰が受ける事ができるの?必死に介護した嫁の権利は?

「相続 嫁の権利」の画像検索結果

相続は誰が受ける事ができるの?必死に介護した嫁の権利は?

はじめに

このタイトルをご覧になって

どのような感想をお持ちでしょうか?

 

実は、現在、このような悩みを抱えている人が多いのです。

 

義理の両親の介護を

実の子供でなく、嫁が介護をする(した)

ことのなった場合、

嫁に相続できる権利

あるのかないのかということです。

 

これって、少し前までは社会的に

そこまで話題になる内容ではありませんでした。

 

しかし、今では

少子高齢問題

介護問題

介護負担問題

老老介護問題

などに関係して少しずつ表面化しています。

 

スポンサーリンク

 

相続は誰が受ける事ができるの?必死に介護した嫁の権利は?

民法上では

それではまず、相続について

民法上でどのようになっているか

見てみましょう。

 

法律は誰がどの範囲でいくら相続するかを

定めています。これを『法定相続』と言います。

 

この法定相続ですが、いくつかルールがあります。

 

①亡くなった人の配偶者は常に相続人になる

これは読んでそのままですね。

仮に子供が5人いても、配偶者に全く相続がなく

子供に直接全て相続されるということはありません。

 

②第一順位の相続は子供

配偶者がいない場合は、子供が第一順位の

相続人になります。

ですので、亡くなった人の親、兄弟は最初の

相続人にはならないのです。

 

③第二順位の相続は親

次は二番目の相続を誰がするかということです。

亡くなった人の子供も孫もいなければ

親が相続人になります。

 

④第三順位の相続は兄弟姉妹

亡くなった人に子供も孫、親や祖父母なども

いない場合は兄弟姉妹が三番目として

相続人になります。

 

誰がどれだけの遺産を相続できるのかのイメージ

 

説明をまとめたものが

上の図になります。

 

『被相続人』と書かれているおじいちゃんが

亡くなった場合の設定になっています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

相続は誰が受ける事ができるの?必死に介護した嫁の権利は?

あれ!? 嫁には???

「相続 嫁の権利」の画像検索結果

 

図を見てもらえばなんとなく

分かると思います・・・。

 

長男の配偶者(嫁)に

顔がありません。

 

灰色で目も口も鼻も

表情もないですね・・・。汗

 

 

 

そうです。

残念ながら、現在の民法では

嫁に相続されることはないのです。

 

息子が健在なら間接的に

恩恵を受けることはあるかもしれません。

 

しかし、息子が既に亡くなっていたら

いくら介護を頑張っても

嫁には相続する権利がないのです。

 

 

 

 

相続は誰が受ける事ができるの?必死に介護した嫁の権利は?

介護を一生懸命した嫁が相続できる方法は?

正式な方法として2つあります。

 

介護している義父母に遺言を書いて貰う

遺言があれば相続人でない人でも

遺産を分配することはできます。

 

義理の親との若い頃も含めて

日頃のコミュニケーションが大切です。

 

自分の旦那(配偶者)以外に子供がいれば

少し話を持って行きにくいかもしれません。

 

 

 

介護をしている義父母と養子縁組をする

要するに、戸籍上は親子の

関係になるということですね。

 

これなら、子供として相続の

対象になることができます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ま と め

関連画像

 

現状の民法では

いくら介護を頑張っても

には相続を受ける権利がありません。

 

悲しいですが、これが現実なんですね・・・。

 

民法が出来た時

将来、日本がこのような問題を抱える

ようにな想定をしていなかったからでしょう。

 

少しずつ、時代に合わせた

改定がありますので、もしかすると

今後、民法に変化があるかもしれません。

 

今は、とりあえず、

先ほど紹介した2つの方法で

対応するしかなさそうですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ