妊婦の虫歯は身体にどう影響がある?治療はいつまでがいい?

「妊婦 虫歯 治療 いつまで」の画像検索結果

妊婦の虫歯治療は身体に影響ある?治療はいつまでがいい?

はじめに

妊娠しないと知らない事って

けっこうありますよね?

 

 

その中でも今回は、『歯』について

書きたいと思います。

 

歯は妊婦にとってとても重要で

特に虫歯であれば

早めに治療して出産の備えないといけません。

 

出産と歯・・・・

 

あまり関係がないように思いますが、

実はとても重要な関わりがあるのです!

 

スポンサーリンク

 

妊婦の虫歯治療は身体に影響ある?治療はいつまでがいい?

妊娠すると歯のトラブルが起こりやすい!?

実は、妊娠すると歯に関する

トラブルが発生しやすいとされています。

その内容ですが・・・・

 

〇つわりで歯が磨けない

〇つわりで胃酸が逆流し、その結果虫歯になりやすい

〇ホルモンのバランスの影響で唾液がべたつく

〇歯周病菌が繁殖しやすくなる

 

このようなものがあります。

 

ですので、妊娠したら

お腹の中の赤ちゃんも大切ですが

歯の管理もしっかりしておきましょう!

 

 

 

 

妊婦の虫歯治療は身体に影響ある?治療はいつまでがいい?

妊娠したら歯科検診を!

妊娠が分かると

歯科検診をして

今の自分の歯が健康であるか

確認する必要があります。

 

「妊婦 虫歯 治療 いつまで」の画像検索結果

 

虫歯なら治療が必要です。

 

 

 

もし虫歯となれば薬の影響や

麻酔の作用がおなかの赤ちゃんに

影響がるのではないか心配ではないでしょうか?

 

治療に不安を抱えている人は

是非、読んでいただいて

参考にしてもらいたいです♪

 

 

スポンサーリンク

 

妊婦の虫歯治療は身体に影響ある?治療はいつまでがいい?

治療は胎児に影響ないの?

結論からいいますと

実際には特別悪い影響を

与えることはありません。

 

 

ただし、妊娠初期の場合には

虫歯や歯周病になりやすかったり

虫歯や歯周病の本格的な治療を

受けることができなかったりします。

 

 

ですので、妊娠する前から

虫歯にならないようしたり

通院していつも口の中を

キレイにしておく必要があります。

 

 

 

妊婦の虫歯治療は身体に影響ある?治療はいつまでがいい?

特別な治療は胎児に影響が出ることも・・・

妊娠している人が虫歯の治療をすることは

原則として特に胎児に影響はありませんが

以下場合にはあまり良くないとされています。

 

★虫歯の状態を確認するため

レントゲン撮影

 

★虫歯などの治療時の麻酔

 

★歯の痛み止めの服用

 

胎児に影響して、早産になったり

出産の際に赤ちゃんに悪い影響が出る

可能性が考えられます。

 

 

 

妊婦の虫歯治療は身体に影響ある?治療はいつまでがいい?

できれば応急処置が望ましい

妊娠中の虫歯や歯周病の治療は

5~8ヶ月が経過し、安定期に入ったときに

本格的な治療を行うことが多いです。

 

「妊婦 虫歯 治療 いつまで」の画像検索結果

 

そのため、1~4ヶ月の人の場合は

痛みを抑えたり、簡単な詰め物をするなど

応急処置で退所することを

病院ですすめられます。

 

ちなみに、妊娠したからといっても

必ずこの時期までに治療を済ませておく

ということはありません!

 

 

 

妊娠初期の人が歯医者さんに行く場合は

診療を受ける前に、妊娠何ヶ月が伝えておきましょう!

 

スポンサーリンク

 

ま と め

さあ、それでは復習です。

以下の3つのことをまとめました。

「妊婦 虫歯 治療 いつまで」の画像検索結果

 

 

歯の治療は妊娠の前から

妊娠したら、体調が安定しません。

産婦人科にも通院が必要です。

妊娠してから虫歯の治療をするのではなく

その前から意識して、歯みがきを気をつけて

歯科検診などを受けて起きましょう。

 

妊娠しても治療はOK!しかし注意も必要

基本的に妊娠しても治療はOKです!

しかし、レントゲン撮影など胎児に

悪影響を与える場合もあるので

注意が必要となります。

 

体調が悪く治療が進まないことも念頭に置こう

虫歯の治療は妊娠してもOKですが、

自分の体調が悪く、思うように治療が進まないことを

今一度、念頭の置いておきましょう!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ