親の介護を円滑にする3つの極意!兄弟が不仲にならな方法を伝授!

「介護」の画像検索結果

親の介護を円滑にする3つの極意!兄弟が不仲にならな方法を伝授!

はじめに

私は特別養護老人ホームで

社会福祉士として働いており

利用者の家族と接する機会が多いです。

 

そこで常々思うことがあります。

 

利用者の子供達って

多くの人があまり仲が良くありません。

 

 

 

「この話は兄には言わないで欲しい」

「妹が面会に来ても入れないで欲しい」

このような声を聞くケースって

珍しいくはないのです・・・。

 

 

私の立場からすれば

困りますが、本人達は

それなりの理由があるのでしょう・・・。

 

 

今回はそんな家族を観察している私が

兄弟が協力して介護をする

極意を教えます!!

 

スポンサーリンク

 

親の介護を円滑にする3つの極意!兄弟が不仲にならな方法を伝授!

極意① 親の面倒は長男?その捉われを捨てる!

子供といっても、70代前後の人は

この「親の面倒は長男が・・・」という

認識が強い傾向にあるようです。

 

さらに、地方の田舎だとさらに強くなります。

 

今の時代って老後は安泰っていうものでは

決してありません。

 

「介護」の画像検索結果

 

親も大事ですが、自分達子供の老後も大変です。

定年退職後仕事をしますし、

子供や孫の面倒も見ないといけません。

 

決して優雅な生活をしている人は

多くはないのです・・・。

 

その事を他の兄弟姉妹もしっかり認識して

協力して親を支える気持ちが必要ですね。

 

 

 

 

親の介護を円滑にする3つの極意!兄弟が不仲にならな方法を伝授!

極意② 全てを一人に押し付けない

例えば、親と同居しているのが

長男とします。

他に遠方に住む、次男、三男がいるとします。

 

『長男は跡継ぎなのだから全て任せている』

このような考えでは絶対ダメです!

 

いくら兄弟とはいえ

そこらへんは礼儀を保ちながら

次男、三男もなんらかの形で

親に関わることが大切です。

 

「家族」の画像検索結果

 

特に、長男のお嫁さんには

気を使いましょう。

 

直接的な介護やお世話が難しければ

時々長男(長男の妻)に電話して

親の様子を尋ねたり

労をねぎらう言葉を掛けるといいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

親の介護を円滑にする3つの極意!兄弟が不仲にならな方法を伝授!

極意③ 親のお金(遺産)をアテにしない

これは現実として難しいかもしれません・・・。

しかし、このようのトラブルの多くは

お金が絡んでいます・・・。

 

介護する人は、遺産が入るから

介護するのではないですよね?

 

 

大切な身内だからですよね?

親だからですよね?

愛する人だからですよね?

 

 

周囲の兄弟も、同じです。

 

兄貴は親の遺産が目当てだろう・・・

 

などという考えは捨て下さい。

 

 

 

 

親の介護を円滑にする3つの極意!兄弟が不仲にならな方法を伝授!

他にも大切なことはある!

これら3つの極意は

最低限守りたいものです。

現実にはこれ以上のことを

しておけば、さらに兄弟が不仲になる

リスクを軽減することができます。

 

例えば経済的な支援です。

老後のお金を残しておらず

十分な介護を受けられない人は

たくさんいます。

 

 

そうなると子供が支援するケースが多いのですが

一人だけでその支援をするのではなく

兄弟(姉妹)全員で関わることが重要です。

 

施設に介護を預けたら

面会にも行ってあげましょう。

兄弟がローテンションして

週に一度行くなど決めておいてもOKですよ。

 

スポンサーリンク

 

 

ま と め

極意① 親の面倒は長男?その捉われを捨てる!

 

極意② 全てを一人に押し付けない

 

極意③ 親のお金(遺産)をアテにしない

 

これら3つが兄弟でトラブルなく

親の介護をする方法です。

 

 

私は色々な家族を見てきています。

 

特に極意③は、とても重要です!!

 

「お金 ない」の画像検索結果

親のお金をアテにしているのなら

いますぐその考えを捨てたほうがいいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ