花粉症の対策はいつから始める?病院に行くタイミングを教えます!

「花粉症 いつから 予防」の画像検索結果

花粉症の対策はいつから始める?病院に行くタイミングを教えます!

はじめに

みなさんこんにちは!

今年も残すところあとわずか。

 

北に日本では爆弾低気圧が

活動しており

かなり寒い日が続いています・・・。

 

この寒さが軽くなる頃になると

気になるのが花粉です!

 

花粉症の人にとって

厄介にシーズンになりますが

今回は、早期対策のために

記事を書きたいと思います!

 

 

 

スポンサーリンク

 

花粉症の対策はいつから始める?病院に行くタイミングを教えます!

花粉の飛散量は何で決まる?

まずは、花粉についてお話をします。

毎年花粉症の量って違いますよね??

 

アレって、一体何によって変るのでしょうか?

 

抑えておきたい3つをご紹介します。

 

★前年の夏場の日照時間の長さに影響される

 

★7月の気象状況や日照時間が、

翌年の花粉の飛散量に強く影響する

 

★前年の花粉の量が少ない地域では、

その翌年の花粉の量が多くなる傾向にある

 

 

スポンサーリンク

 

花粉症の対策はいつから始める?病院に行くタイミングを教えます!

2018年の花粉飛散量の予想

先ほどの3点を踏まえると

2018年の花粉の飛散量が予想されます。

 

まず、西日本では一部のみ

やや減少する予想です。

その他の地域では2017年よりやや

多めになるでしょう。

 

東北地方から関東北部、東海地方は

2017年の2倍前後になる予想です。

 

2018年 花粉飛散マップ

上記の表は『NPO法人花粉情報協会』のものです。

参考にして下さい。

 

 

 

 

花粉症の対策はいつから始める?病院に行くタイミングを教えます!

スギ花粉対策について

多くの種類の花粉がありますが

スギ花粉は有名ですよね?

 

それでは、スギ花粉が

飛散する時期ですが、

2月に入ると西日本から

徐々に始まります。

 

 

スギ花粉対策に花粉症の薬を飲むタイミング

 

 

上記の表はいつから薬を飲めば

予防できるかを表したものです。

九州地方なら1月からの

薬の服用が必要なのが分かりますね。

 

このように事前に薬を飲み始めることを

「初期療法」と言います。

自分が花粉症であることが分かっていれば

このような方法で飲むと効果的だと言われています。

 

アレルゲンとなる花粉が飛び始める前に

抗ヒスタミン薬の服用を開始して

花粉が飛散する時期の中で

アレルギー症状を軽減させることが

初期療法の目的なのです。

 

よって、病院の受診は

それより少し前に済ませておいて

いつでも服薬を開始できるように

しておく必要があるのです。

 

 

ちなみに、ヒノキ花粉の場合は

ピークが4月ぐらいなので

スギ花粉と同じように逆算して

早目に受診しましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

花粉症の対策はいつから始める?病院に行くタイミングを教えます!

初期療法で抑えられること

初期療法をしたからといっても

完全に症状を抑えることが

できるわけではありません。

 

初期療法のメリット

 

★症状の出る時期を遅らせる

 

★花粉飛散量が多くても

症状をコントロールしやすくなる

 

★症状が軽くてすむ

 

★症状が速く終わる

 

などがあります!

 

花粉症薬の予防投与の効果

出典 http://medistor.net/hay-fever-treatment-protocol/

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

ま と め

「花粉症 いつから 予防」の画像検索結果

 

 

それでは復習です!

 

 

 

最初から自分で花粉症で

あることを分かっていれば

速い段階から病院を受診して

予想される花粉の飛散時期の

2週間前には服用するようにしましょう!

 

そのためには

自分の花粉の種類と

いつ頃飛散するかを把握しておく

必要があるのです!!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ