介護保険2018年改正最新情報!利用料3割負担へ!福祉用具は?

「介護保険 改正 2018 福祉用具」の画像検索結果

介護保険2018年改正最新情報!利用料3割負担へ!福祉用具は?

はじめに

社会保障費の財源が

非常に厳しい日本ですが

来年2018年には介護保険の改正が

実施され、施行されます。

 

利用する側にとっても

サービスを提供する側にとっても

非常に厳しい改正になることは

間違いありません。

 

今回は、最新情報として

2018年度からの介護保険の

新しい決まりをお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

 

介護保険2018年改正最新情報!利用料3割負担へ!福祉用具は?

福祉用具貸与が見直される

適正な価格とするために

国は商品ごとの

全国平均貸与価格を公表するものです。

 

 

事業所は利用者に対して

★全国平均貸与価格とその事業所の貸与価格の両方を説明する。

★機能や価格の異なる複数の商品を提示する。

このようなことをしなければなりません。

また、商品ごとの貸与価格に上限が設けられることになっています。

 

ですので、貸与する側からすれば

より適切な価格で

今後はレンタルできるようになるのです。

 

また、住宅改修も見直され

利用者が適切に工事内容などを

選べるように、

住宅改修の内容や

価格を市町村が把握・確認できるようになります。

 

 

 

介護保険2018年改正最新情報!利用料3割負担へ!福祉用具は?

高所得者は3割負担に

利用者の自己負担額が見直され、

自己負担2割の人のうち

高所得者は3割負担となります。

但し、月額4,4400円の上限が設けられます。

 

「介護保険 改正 2018 福祉用具」の画像検索結果

 

年金収入等が単身340万円以上

夫婦世帯463万円以上の人が

3割負担になります。

 

年金収入等が単身280万円以上

夫婦世帯346万円以上の人は

2割負担のままで

 

年金収入等が単身280万円以上

夫婦世帯346万円以上の人は

1割負担のままです。

 

スポンサーリンク

 

介護保険2018年改正最新情報!利用料3割負担へ!福祉用具は?

保険料に「総報酬制」が導入される

第二号被保険者の保険料が

給与などの報酬額による

負担に変更されます。

これを総報酬制といいます。

 

導入は段階的に行なわれ

平成32年度からは全面導入になります。

 

加入している公的医療保険により

負担が大きくなる人と

小さくなる人がいるでしょう。

 

 

 

介護保険2018年改正最新情報!利用料3割負担へ!福祉用具は?

介護医療院が創設される

すまい・介護・医療の

機能を併せ持つ

新しい介護保険施設ができます。

これを「介護医療院」といいます。

 

介護療養型医療施設が廃止されるため

それに代わる新しい施設なのです。

 

介護医療院の主な特徴ですが

日常的に医療的な管理が必要な

重介護者を受入れます。

そして、看取りや介護や

ターミナルケア

対応してくれるのです。

 

ちなみに、介護療養型医療は

平成36年3月に廃止されます。

 

 

 

介護保険2018年改正最新情報!利用料3割負担へ!福祉用具は?

共生型サービスが創設される

ひとつの事業所で高齢者と

障害者がサービスを受けられるように

「共生型サービス」を行なう

事業所が作られます。

 

障害福祉サービスと介護保険サービス

どちらかの事業所なら

もう一方の指定を受けやすくし

一貫したサービスを受けやすくなります。

 

スポンサーリンク

 

ま と め

「介護保険 改正 2018 福祉用具」の画像検索結果

さらに介護報酬についても

見直しが進められています。

介護現場での働き手が少ない

日本ですが、これもまた

社会問題になっています。

 

 

 

介護報酬の見直しについては

完全に固まっていませんが、

今後、2月、3月となると

どんどん情報が出てくると思うので

そちらも注目です!!

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ