彼氏の実家に正月帰省する3つの注意点は!手土産や服装はどうする?

「彼氏 実家」の画像検索結果

彼氏の実家に正月帰省する3つの注意点は!手土産や服装はどうする?

はじめに

彼氏とのお付き合いが

ある程度長くなると

お互いの実家に行ったり

親に挨拶することもあると思います。

 

「正月」の画像検索結果

 

私も2、3年の正月に

彼氏の実家に行って

ご両親に挨拶をしました。

 

今は、その彼氏と

結婚することができ、

とても有意義な生活を

することができています。

 

私の経験も踏まえて

彼氏の実家に正月に

一緒に帰省する場合に

気を付けておきたいことを

ご紹介します!

 

スポンサーリンク

 

彼氏の実家に正月帰省する3つの注意点は!手土産や服装はどうする?

帰省の際を気を付けたい事① 挨拶はしっかりと

「彼氏 実家 正月 挨拶」の画像検索結果

彼氏の親はとっても気さくで

話しやすい人でした。

私が行ったときも

快く向かい入れてくれました。

 

会う前は私も緊張していましたが、

挨拶だけはハキハキと

しっかりしようと考えていました。

 

特に正月という、おめでたい席なので

明るい挨拶は必要だと思います。

 

最初に顔を会わせたときは当然ですが

食事の際に

「いただきます」

「ごちそうさまでした」

 

トイレを借りる時

「お手洗いを貸して下さい」

 

別れ際では

「楽しかったです。また

宜しくお願いします」

 

など、そのばそのば応じた

挨拶は気持ちがいい声掛けが

大切です。

 

挨拶って当たり前のことですが

人によってはその、

当たり前のことが出来ないことが

あるようです。

人間同士のコミュニケーションで

必ず必要な挨拶を

おろそかにできませんよ!

 

 

 

彼氏の実家に正月帰省する3つの注意点は!手土産や服装はどうする?

帰省の際を気を付けたい事② 普段の自分を出す

一応私も女なので

彼氏のご両親にいい格好をしたいと

思う気持ちは

とても理解でます。

 

「彼氏 実家 正月」の画像検索結果

 

しかし、これから長いお付き合いに

なることを考えれば

普段しないことをするのは危険だと思います。

 

いつもの普段の自分

観て貰うぐらいの方が

自分自身もリラックスできますしね♪

 

彼氏との接し方など

いつもの2人の関係で

ご両親とも接したらいいと思います!

 

 

スポンサーリンク

 

彼氏の実家に正月帰省する3つの注意点は!手土産や服装はどうする?

帰省の際を気を付けたい事③ ちょっと気が利くところをアピールする

先ほど、普段の自分以上のことは

しない方がいいと話しましたね。

できたら、女」としてアピール

したいところがあります。

 

それは、物凄く気が利くわけではないけど

ちょっとだけ気が利くところをアピール

すれば高感度は上がります↑↑↑

 

例えば一緒に食事をする時、

彼氏の湯飲みにお茶がなかったら

注いであげたり、

座布団がなかれば

さっと回してあげたり

この程度で構いません。

 

私は、このようなことを意識して

彼氏の実家に帰省しました。

 

彼氏の実家に来て

大袈裟に気が利くアピールをすると

相手のご両親には

不自然に映りますからね!

 

 

 

 

彼氏の実家に正月帰省する3つの注意点は!手土産や服装はどうする?

手土産や服装について

お正月に彼氏と一緒に帰省するということは

ある意味特別なことです。

勿論、事前に伝えておくべきことですが

やはり、それなり心構えと

服装にしておくことは大切です。

 

「彼氏 実家」の画像検索結果

 

とは言っても、スーツなどにする必要はありません。

ちょっと上品で地味目な私服でOKです!

あまりにも、かしこまった服装だと

相手のご両親も驚いてしまいます。

 

ちなみに、私は黒っぽいパンツと

白のセーターで帰省しました。

特に彼氏からも言われなかったので

それで良かったと思います。

 

「彼氏 実家 正月」の画像検索結果

 

あと、手土産もきになりますね。

1,000円~2,000円程度で十分です。

これも、服装同様で

気合を入れすぎると

相手のご両親が驚いてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

ま と め

「彼氏 実家」の画像検索結果

①挨拶はしっかりと

②普段の自分のままで

③ちょっとだけ気が利くアピール

 

これらのことを意識して

彼氏の実家に帰省してみて下さい。

不安な気持ちもあると思いますが

彼氏もきっとリードしてくれるはず!!

 

服装や手土産にも

気を付けて頑張って下さいね!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ