ハロウィン「ジャック•オー•ランタン」はなぜカボチャ?意味•由来とは

c0909b923759272d1144bf19e78c2fd5_m

ハロウィンの時期になると

カボチャをくりぬいた

ランタンを見かけると

思うのですが、

「ジャック•オー•ランタン」という

呼び方ぐらいは知っているかも

知れませんが

一体、何のための物なのか?

どうして、ハロウィンの日に

あんなに見かけるのか?

 

知っている人は少ないと

思います。

スポンサードリンク

ジャック・オー・ランタンの伝説

ハロウィンの時期に

見られるカボチャを使ったランタンは、

一般的に

「ジャック・オー・ランタン」と

呼ばれます。

 

日本語に直訳すると

「ジャックのちょうちん」となります。

 

このランタンを家の中や外に飾るだけで

「ハロウィン」の雰囲気になりますね。

そんな「ハロウィン」の

顔ともいえるランタンの

持ち主である「ジャック」

という名前ですが、

ここれ海外では男性に

使われる一般的な名前であり、

「ジャック・オー・ランタン」に

関する逸話は世界中に数多くあります。

 

また、ランタンの呼び名に関しても国よって違う場合もあります。

そんな中でも共通しているのは、

一人の男性が天国からも

地獄からも受け入れられず、

提灯一つを持って闇夜を

永遠と迷い続ける事になった点です。

ここでは、そんな話の一つを御紹介したいと思います。

 

「ジャックの提灯」

 

その昔、ジャックという名の

口は巧いが卑怯で

普段から行いの悪い鍛冶屋の男がいた。

 

怠け者だがズル賢いジャックは、

十字架を使って悪魔を罠に仕掛け、

自分を地獄に落とさないと

約束するまで罠の中に閉じ込めた。

 

悪魔はやむなく約束し、

ジャックは死んでも地獄へ落ちない身となった。

 

そうして死んだジャックは

「死者の門」へ着いたのだが、

そこで聖ペテロという

死者を天国か地獄へ行くか

見定める者を得意の話術で

騙して生き返った。

 

しかし、生き返った後も

生前の行いを全く反省せずに

最悪な男のままだった。

 

そのため、再び死んで死者の門を

訪れた時に聖ペテロから

「お前は天国へ行くことも、

地獄へ行くこと出来ない」と言われ、

暗い闇の中を漂う事になりました。

 

そんなジャックを見て

哀れんだ悪魔が

地獄の劫火(ごうか)から

赤々と燃える石炭を一つ取り、

ジャックに明かりとして渡しました。

 

その明かりをカブに入れて

ランタンの代わりにし、

ジャックは今でも暗闇を

一人で歩き続けている。

かおなし

それが「ジャックの提灯」と呼ばれ、

その明かりは夜中に不思議な光として

現世で目撃されると、

哀れなジャックの話に倣って

「ジャック・オー・ランタン」となったのです。

スポンサードリンク

ウィル・オー・ザ・ウィスプ

この明かりに関しては

時に男性の名前が代わって

「ウィル・オー・ザ・ウィスプ」と

呼ばれる事もあり、

多種多様な話、呼び名があって

各教会ごとに脚色したり、

本として出版するときに

話が増えたと考えられています。

 

日本にも「狐火」や「鬼火」といった

不思議な光の話は数多くあります。

 

最初はカブだったランタンも、

アメリカで作られた

カボチャのランタンが普及し

、今では「カボチャランタン」が

一般的な「ジャック・オー・ランタン」になっています。

 

ハロウィーンとカボチャが

セットで扱われるようになったのは、

アメリカが始まりなのです。

それまでハロウィンで

用いられるランタンにはカブが使われていました。

 

しかし、ヨーロッパの人々が

アメリカに渡って

独自の文化が築かれる様になった際に

持ち込まれた野菜の中で、

数種類のカボチャが

アメリカの土地に適した作物だったので、

今ではカボチャは

アメリカを代表する野菜の一つになりました。

 

そのカボチャの中でも、

特に色合いが良いオレンジや

黄色のカボチャはハロウィーンの際に

作られるランタンに最適の材料でした。

 

そうしても作られた

カボチャランタンが

アメリカからヨーロッパに渡り、

カブより扱いやすくて

見栄えの良い事から

ヨーロッパでもカボチャランタンが

親しまれるようになりました。

 

それがヨーロッパだけでなく

世界に広まって、

現在ではハロウィーンの時に

家の装飾やランタン専用の

カボチャが栽培されるまでなりました。

 

ですが、そんな風に装飾用に

作られるカボチャの大半は、

大きさや形を重視する事が多くて

食用に向かない事が多いです。

 

日本でも偶に見栄えの良い

アメリカ産のオレンジや黄色のカボチャが

売られている事がありますが、

買う前は必ず店の人に「食用ですか?」と

尋ねる事をオススメします。

特にハロウィーンが近い時は

絶対に聞いた方が良いでしょう。

c3a1dc812e3f7f1c7fe43bcded37c1d4_m

【まとめ】

最初は、

「ジャック•オー•ランタン」って

かぶだったんですね。

 

かぶのイメージは

全くありませんでした。

 

アメリカではなく、

日本に先に

ハロウィンが伝わっていたら

ランタンはひょうたんに

なっていかもって思ってしまいました。

スポンサードリンク

【他のおすすめ記事】
ハロウィンで子供たちが使う「トリックオアトリート」の意味由来とは?
ハロウィンってもともと何の日?以外と知らないハロウィンの本当の意味
ハロウィンの人気仮装!おすすめのキャラクター教えます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ