子供の自転車保険は必要?会社による違いは?全労災やau損保は?

「AU 自転車 子供」の画像検索結果

子供の自転車保険は必要?会社による違いは?全労災やau損保は?

はじめに

車の運転もそうですが

自転車もこちらが、いくら安全運転をしていても

相手から事故を貰う場合があります。

 

車の場合の事故は大ケガや死亡に繋がることは

言うまでもありませんが、

自転車だって、甘く見てはいけません!

 

自転車も車同様に、

被害者になる場合も

加害者になる場合もあり

ちょっとした不注意で大変な事態になることが

あるので保険の加入は大切です。

 

特に小学生、中学生は

スピードを出して危険な運転もする場合もあるので

運転の教育jも親がしっかりする必要がありますね。

 

スポンサーリンク

子供の自転車保険は必要?会社による違いは?全労災やau損保は?

自転車保険は必要?

昔は自転車保険なんて考えたこともありませんでした・・・。

近年は、交通事故全体に占める

自転車の事故の割合は減少してしています。

しかし、相手が歩行者や自転車による

自転車事故の割合は

増加傾向にあるのです。

 

自転車事故で恐いのは

実は加害者になるケースなのです。

2013年に道路交通法の一部が

改正された記憶は新しいと思います。

路側帯の右側通行の禁止

ブレーキ検査の実施

講習の義務化など

これまでよりも自転車に対して

厳しく扱われるようになったのが分かります。

 

 

上の表を見れば分かると思いますが、

自転車が歩行者にケガをさしたり

自転車同士によるケガが

かなり増加しています。

実際に起こった自転車事故とその賠償例

被害者側の立場よりも

加害者側の立場として

保険に加入しておいた方が安心のようですね。

 

特に子 供 は交通マナーやルールを

十分に理解できていない場合があるので

保護者がしっかり気を付ける必要があります!!

 

スポンサーリンク

 

子供の自転車保険は必要?会社による違いは?全労災やau損保は?

保険会社による違いは?

保険会社にはそれぞれ

〇自転車で相手にケガをさした時の個人賠償補償

〇上記に伴う保険金と示談代行サービス

〇自分がケガをした場合の傷害補償

〇その他(サポート体制)

これらの4つの内容をどのように

重視されているかで違いがあります。

 

先にもご説明しましたが、

自転車に乗っている子供が加害者に

なるようなことがあれば、

相手に賠償責任が生じますね。

 

それを考えた場合に

多くの補償金が必要だと思うのなら

そちらを最優先して選択すればいいでしょう。

ちなみに、調べてみると

最高額の支払いがあるのは

3億円のようです。

 

加害者となり責任を問われる場合:他人にケガをさせる 財物を壊す(損害を与える)

 

 

 

 

子供が被害者になる場合もあると思いますが

通常の医療保険で賄えることも考えて

どの程度必要かで選びましょう。

 

被害者となる場合:自分のケガ

 

 

 

 

子供の自転車保険は必要?会社による違いは?全労災やau損保は?

全労災を勧めらるのだけど・・・どうなの??

例えばキッズタイプだと

毎月900円の掛け金で

入院した場合に日額5000円

通院なら日額2000円

死亡や重度傷害になった場合600万円

などに加えて、

病気や不慮の事故でも200万円の補償があります。

要するに、

全労災の「キッズタイプ」は

自転車保険に特化したものではなく

子供に関する全体的な補償と

考えておくといいでしょう。

 

保障内容

 

支払い額の割りに

補償の内容は充実していると思います。

但し、既に他にも医療保険に加入しているのなら

あえてこの全労災を選ぶ必要もないと思います。

 

 

 

子供の自転車保険は必要?会社による違いは?全労災やau損保は?

人気はau損保!

自転車向け保険Bycle

 

実は私の子供にも加入したのですが、

自転車保険の中で一番人気があるようです。

私が決めた理由は、二つです。

①月々の掛け金が360円~で安いこと

②付帯サービスとして自転車ロードサービスがあること

 

保険料は一度に納めると

割り安になるサービスもあります。

また、子供だけが対象でなく

家族全員でも740円からの加入ができます。

 

自転車ロードサービスは

パンクした時や故障の時に

とても便利だと思います!!

 

スポンサーリンク

ま と め

事件や事故が多い日本ですが

保険に入っておくと安心ですね。

子供の事故は自転車だけとは限りません。

以前、公園でボールを使って遊んでいたら

そのボールが道路に飛び出し

歩いていた高齢者に当たり

訴訟問題に発展したこともありました。

そのため、巷の公園では

ボール遊び禁止なんて決まりも増えています・・・。

 

イメージイラスト

 

もしもに備えて、保険に加入しおきましょう!

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ