福祉体験をした中学生必読!スラスラ作文を書く方法を教えます!

表彰2人

福祉体験をした中学生必読!スラスラ作文を書く方法を教えます!

はじめに

秋になると全国各地の中学校で

福祉体験が行なわれます。

昔はそのようなものは授業の一環として

ありませんでしが、

やはり時代の変化ですね・・・。

 

大学の教員実習でも

実際に福祉の現場で体験するようになっているそうです。

 

『福祉体験(1)』の画像

 

福祉体験をしたのいいけど

感想文書き方が変らない中学生は多いと思います!

そんな中学生に是非読んでもらいたい

作文の書き方をアドバイスします!

 

先生も参考にして下さいね♪

 

スポンサーリンク

 

福祉体験をした中学生必読!スラスラ作文を書く方法を教えます!

導入部分は福祉に対するイメージなどから

福祉の現場に行くと

自分の思っていたのとイメージが違う場合もあるでしょう。

そのな時は

現場にいく前の福祉施設のイメージを

自分なりに書くと良いでしょう。

 

例えば、老人ホームだと

「今回お邪魔する前の老人ホームのイメージは

ともて暗く、寝たきりの高齢者ばかりだと

思っていましたが、実際には明るい雰囲気で

職員さんも元気に働いていました」

こんな具合です。

 

大事なことは、自分の言葉で

福祉の現場のイメージを表現することです!!

 

 

 

福祉体験をした中学生必読!スラスラ作文を書く方法を教えます!

なぜ福祉が必要なのか考察して言葉にする

児童福祉

高齢者福祉

障害者福祉

貧困問題

など、色々な種類の福祉がありますが、

自分が行った福祉の現場でのサービスを

受けている人の様子を観て(考察してみて)

『なぜ、この人には福祉のサービスが

必要なのだろう・・・』

と考えてそれを文章にしてみて下さい。

 

中学生 スキンケア①

 

なぜ高齢者は施設に入所しているのでしょうか?

自宅で生活はできないでしょうか?

障害者の場合はどうでしょう・・・

その家族は何をしているのでしょうか?

 

正解を求める必要はありません。

自分なりに福祉に対して

考えていることを表現しましょう。

 

 

 

福祉体験をした中学生必読!スラスラ作文を書く方法を教えます!

対象者の様子を書く

福祉の現場で体験をすると

自分がしたことに対して

相手(福祉を受ける人)はどんな反応だったかを

書くといいでしょう。

さらに、その反応を見て

自分はどのように感じたのか

書けば更に良い内容になります。

 

例えば、

『後ろから車椅子を押してあげると

その人は私の顔を見て、微笑んでくれました』

 

『人が人を支える喜びを実感することができました』

 

こんな具合ですね。

 

スポンサーリンク

 

福祉体験をした中学生必読!スラスラ作文を書く方法を教えます!

難しかったことも書く

例えば高齢者と話をしていても

耳が遠かったりして

なかなか上手く会話ができない

経験をした人もいると思います。

 

自分では、大きな声を出しているつもりでも

それが伝わらないと会話にならず

困ってしまいますよね??

 

些細なことでもいいので

実際に自分が関わってみて

どのようなことが難しいと感じたのか

書いてみましょう!

 

 

福祉体験をした中学生必読!スラスラ作文を書く方法を教えます!

最後は福祉の必要性についてまとめる

経験を通して

なぜ福祉は必要なのか書くようにします。

少し、書くのが難しいと感じる人もいるかもしれませんが

自分が感じたことを素直な言葉で

表現するといいでしょう。

 

車椅子

 

あとは、もし自分や家族が

介護を受けるようになればどうなるか、

イメージしてまとめると書きやすいと思います。

 

スポンサーリンク

ま と め

現場での福祉体験は非常に緊張したと思います。

自宅に帰ってから作文や

感想文をかかないといけないので

それも少し苦痛に感じるかもしれません・・・。

 

今回はスムーズに福祉体験の作文を

書く方法をご紹介しました。

 

先生もこの記事をもとに

採点してあげて下さい!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ