賃貸住宅退去時の原状回復義務は?フローリングのへこみはどうなる?

 

賃貸住宅退去時の原状回復義務は?フローリングのへこみはどうなる?

はじめに

賃貸住宅と言えば退去時に大家さんと

トラブルとなることがあると思います。

 

私の友人の話ですが、

大家さんからタバコを吸って臭いが付いた言われ

トラブルになりました。

実は私も、襖の修理のことで仲介業者を介して

大家さんとちょっとしたトラブルになったこともあります。

 

「原状回復義務」ということ言葉を聞いた事がありますか?

 

今回はこの原状回復義務についてお話して

貸主と借主の退去後の修理負担について触れていきます。

 

スポンサーリンク

 

賃貸住宅退去時の原状回復義務は?フローリングのへこみはどうなる?

原状回復義務とは

賃貸借契約をしたことがあれば

聞いた事があるかも知れません。

 

原状回復義務とは

賃借人は物件を 「原状に回復して」

明け渡さなければならないことです。

 

賃貸人がこの原状回復義務条項に基づいて、

畳替え、クロス張替え、鍵の交換費用等の

原状回復費用として敷金から差し引いて

どこからどこまでが

精算が行なわれるかどうかで

トラブルになるケースが多いようです。

 

参考ホームページ

全国賃貸不動産管理教会:http://www.chinkan.jp/live/recovery/

 

 

スポンサーリンク

 

賃貸住宅退去時の原状回復義務は?フローリングのへこみはどうなる?

実際のガイドラインではどうか?

裁判所の考え方を取り入れて、原状回復は

賃借人が借りた当時の状態に

戻すものではないとしています。

 

 

そして、原状回復を

賃借人の住居、使用によって発生した

建物価値の減少のうち

賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、

その他通常の私用を超えるような

使用による損耗を復旧することと

定義しています。

 

ざっくり言うと

通常の生活で発生するもの

建物の構造によって発生するもの

は賃貸(大家さん)の負担になります。

 

逆に手入れを怠ったもの

用法違反

不注意によるものは

賃借人(借りた人)の負担になります。

 

参考ホームページ

全国賃貸不動産管理教会:http://www.chinkan.jp/live/recovery/

 

 

 

賃貸住宅の価値(建物価値)のグラフ

 

 

賃貸住宅退去時の原状回復義務は?フローリングのへこみはどうなる?

ではフローリングのへこみはどうなる?

キズ・へこみの代表的なフローリングで考えてみます。

上の表に当てはめて考えると

そのへこみの 原因によって 

負担する側が変わります。

 

例えば、ストレスや喧嘩が原因で

故意にフローリングをへこました場合は

借りた人の負担ですね。

 

家具を置いてその部分だけが

へこんだ場合だと

大家さんの負担になります。

 

このような理由に基づいて考えると

襖や畳の汚れや傷も分かると思います。

 

スポンサーリンク

 

ま と め

今回は「原状回復義務」という言葉を

まずは理解しておきましょう!

 

そして、これまで説明したことを踏まえて

大家さんの負担になるのか

自分(借りた人)の負担になるのか

頭の中で整理して退去すればいいでしょう。

 

もし、気になるようであれば

退去前にカメラでキズやへこみを撮っておくと安心ですね。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ