認知症の介護の3つの心得とは?家族のストレスを軽減する方法は?

認知症の定義

 

認知症の介護の3つの心得とは?家族のストレスを軽減する方法は?

はじめに

介護って子育てとは違う、別のストレスがあると思います。

プロとして介護をしていても、それなりにストレスが溜まりますので

自宅で身内を介護するとなると

かなり負担だと思います。

 

ストレスといっても 精神的ストレス と 肉体的ストレス があると思います。

特に認知症の方が自宅にいると

落ち着いて過ごす事ができないでしょう・・・。

 

今回は、 私プロの介護福祉士 

認知症の人を介護する心得をご紹介します!

 

スポンサーリンク

 

認知症の介護の3つの心得とは?家族のストレスを軽減する方法は?

心得① 手抜きも介護! 完璧を求めないで!

認知症の人を介護する時、ストレスを感じることのひとつに

「これは〇〇でなければならない」

という強い考えから抜け出せないで、それを認知症の人

本人に求めることが非常に多いです。

 

例えば、「食事は3食、朝、昼、夕食べなければならない・・・」

こんな考えはないでしょうか?

認知症の人は物忘れがあります。

食事を食べたことを忘れることもありますね。

 

【高齢者】認知症による物忘れと加齢による物忘れの違い

 

そんなとき、「さっき食べたのにまた言っている!」と感じるのではなく

「4食でも5食でも気の済むまで出してあげよう~」と考えるのです。

別に食事の回数まで完璧を求めないでもいいと思いませんか??

 

本人が納得して、それで精神状態が安定するならそれが一番です!!

 

 

認知症の介護の3つの心得とは?家族のストレスを軽減する方法は?

心得② 不満や愚痴を悪いことではない

特に義理の親の介護をしているとき

不満や愚痴を周囲に漏らすことは

あまりいいことではないと思っている人が多いですね。

 

これは、 真面目な人 に多いパターンです。

 

認知症の人をお世話していると、

物事が上手くいかないことがたくさんあります。

そんなときは、それを他人に漏らしてもいいのです。

 

逆に、この記事を読んでいる人が直接介護に関わっている人でなければ

その人にこう言ってあげて下さい。

「辛いことがあればなんでも言って」

「私でよければなんでも聞くよ」

「自分だけで溜め込まないでね」

などしょっとした一言で救われますから・・・。

 

スポンサーリンク

 

認知症の介護の3つの心得とは?家族のストレスを軽減する方法は?

心得③ 介護保険サービスを上手く利用する

折角、介護保険サービスがたくさんあるのに

体裁を気にして利用しない人がいるようです。

特に田舎ほど他人の目が気になるようですね・・・。

 

自宅で生活していてもたくさん介護保険サービスはあります。

特に力強いのが、特別養護老人ホームなどに併設している ショートステイ です!

 

ショートステイの一日の流れ

 

自宅で生活している合間に、

2泊3日や6泊7日など、

短期間だけ施設で宿泊し介護を受ける事ができるのです。

 

利用の理由はほぼ何でもOKです!

冠婚葬祭

休養

ストレス発散

仕事・育児

旅行・あそび

など、自分のやりたいことをしながら

介護している人は多いですよ!!

 

特にショートステイを利用して ストレスを発散 している人が多いです。

 

 

ショートステイにお願いして

友人やご主人などとランチで愚痴を言う・・・

なんて、とてもストレス発散にはいい方法だと思いますよ♪

 

スポンサーリンク

 

ま と め

真面目に一生懸命認知症の人を介護しているよりも

いいかげんなぐらいが丁度いいと私は思います。

 

少々食事で手が汚れてもいいじゃないですか・・・

後で拭けば済むことです。

 

「これを怠れば命に関わること!」というのは手抜きはできませんが

それ以外なら担当のケアマネジャーさんに相談しながら

適当に介護をしていきましょう!!

 

さぁ、肩の力を抜いてボチボチと・・・・

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ