通信制の高校のメリットは?3年で卒業できる?学費は安いの?

test_boy

通信制の高校のメリットは?3年で卒業できる?学費は安いの?

はじめに

人にはそれぞれの生き方があります。

小学校・中学学校と当たり前のように義務教育を受けて

周囲と同じような生き方をして

なんとなく勉強して

なんとなく生活する・・・

 

 

しかし、世の中にはそれが当たり前と思えず

それぞれのペースにあわせたコースを選択もあるのです。

 

高校への進学も同じで

全日制の高校だけが高校ではありませんよね?

定時制高校や通信制高校があったりします。

 

特に、最近は通信制の高校を選択する人が

多くなっている傾向にあるよです!

スポンサーリンク

 

 

通信制の高校のメリットは?3年で卒業できる?学費は安いの?

どんな人が通信制の高校を選択するの

実は筆者の息子は中学生ですが

通信制の高校を希望しています。

小学生から学校を休みがちになり

いまでも毎日の通学は難しい状態です。

 

集団生活に馴染めず

自宅で過ごす事が多くなっています。

 

それででも本人は「高校は卒業しておきたい!」

という気持ちがあるようで、

数ある通信制の高校から志望校を選んでいます。

 

他には、高校を中退して社会人になってから

通信制の高校に入学するケースもあるようです。

 

 

 

通信制の高校のメリットは?3年で卒業できる?学費は安いの?

通信制高校のメリットは?

筆者が息子と共に通信制の高校の情報を集めるようになり

以下の4つのことにメリットがあることが

分かりました!

 

①基本的に自宅中心の学習になる

当たり前のことですが、

他人との接触が難しい人には最大のメリットです。

定時制という選択肢もあると思いましが

定時制は全日制ほど人数は多いですが

夕方になると通学しないといけません。

しかし、それがほとんどないので

自分に適した環境で勉強ができるのです。

 

②空いた時間でバイトができる

自宅ではレポートを仕上げていくことになりますが、

毎日何時間も集中してするほどの学習量ではありません。

例えば、午前中はバイトをして

午後から自宅で勉強をするということもできるようです。

 

 

勿論、バイト先は「高校生可」という条件のなかから

選択すればいいでしょう。

 

③学校によれば、通学できる回数を増やせる

通信制といっても、スクーリングがあるので

一切学校に行かなくてもいいというわけではありません。

 

息子の希望している通信制の高校は

週に2回、半日だけ曜日を選択して

学校に行って勉強します。

 

中には、月に一度だけでいい学校もあるようです。

 

自分に合わせた学校は

通学の回数と大きく関係してきます!

 

④多くの場合、簡単に編入(転校)ができる

通信制の学校は単位制です。

よって、単 位を取得していれば

引き続き別の通信制の学校に編入することができるのです。

通信制の学校でも

「合う」 「合わない」 がるので

学校を変更するという選択もできるのです。

 

スポンサーリンク

 

通信制の高校のメリットは?3年で卒業できる?学費は安いの?

卒業まではどれぐらい?

先ほどもお話しましたが

単位制ですので、

毎日コツコツと学習していれば

普通に単位が取得できるので最短なら、

3年で卒業できるようです。

 

しかし、あえて無理をしないために

4年、5年かけて卒業する生徒もいるようですが

それは、自分の生活リズムと相談していけばいいでしょう!

 

 

 

通信制の高校のメリットは?3年で卒業できる?学費は安いの?

学費はどうなの?

息子が志望している通信制の学校は

1単位につき8,000円します。

年間で26単位としたら、208,000円です。

 

「高校授業料無償化」の対象になることもあるので

実際に支払う金額は更に安くなると思います。

 

多くの通信制の高校は私立なので

学校によって料金は少しずつ違ってきますが

だいたいこんなものでしょう・・・・。

 

出典 http://benesse.jp/kyouiku/201411/20141110-5.html

 

全日制の私立高校よりも

安いことがわかりますね。

 

スポンサーリンク

 

ま と め

全国的に通信制の高校が増えているということは

それだけ需要があると証拠だと思います。

全ての生徒が同じような勉強をするのではなく

自分にあった方法で勉強できる

環境が重視されていると思います。

 

中には、ネット環境があれば

それを利用して学習ができる学校もあるようです。

今後益々、通信教育の多様化が進みそうですね!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ