うさぎが冬場に健康に過ごす方法は?耳が冷たいと寒がっている合図?

10月うさぎ

うさぎが冬場に健康に過ごす方法は?耳が冷たいと寒がっている合図?

はじめに

筆者の家ではうさぎを飼っています。

ペットショップからやってきて

4年ぐらいが経過しますが

大きく体調を崩すことなく

今も元気に過ごしています。

 

うさぎって学校などでは

運動場の隅の方で飼われていますが

冬の寒さに耐えられるのでしょうか?

 

今回は、筆者の家で飼っているうさぎのお話を交えながら

冬の健康対策についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

 

 

うさぎが冬場に健康に過ごす方法は?耳が冷たいと寒がっている合図?

雑種(ミニウサギ)は強い!

ワンちゃんもそうですが、

うさぎも雑種は比較的に強いとされています。

うさぎの雑種とは、学校で飼われているような

極普通に見かけるうさぎのことです。

ペットショップでは、「ミニウサギ」として

店内で飼われています。

 

よって、屋外で変われているうさぎは

ミニウサギであるのがほとんどで

冬場でも特に対策をしないでも

過ごす事ができます。

 

ただ、外敵であるイタチなどの被害に遇うことがあります。

 

 

 

うさぎが冬場に健康に過ごす方法は?耳が冷たいと寒がっている合図?

血統書付きのうさぎは配慮を!

有名な種類のうさぎと言えば

ネザーランドドワーフ や ホーランドロップ がいます。

専門のペットショップなら10万円前後はしますが

冬の寒さにはそれなりに配慮が必要です!

 

筆者の自宅で飼っているうさぎは

ネザーランドドワーフなので

室内で飼育をして、専用のヒーターで保温しています。

 

ヒーターが無い場合は

ゲージの周囲をダンボールで囲んであげたり

毛布をかぶせてあげても

保温することができます。

 

 

この時、毛布を噛みちぎってしまう恐れがあるので

注意してあげましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

うさぎが冬場に健康に過ごす方法は?耳が冷たいと寒がっている合図?

夜中の対策は?

寒さ対策といっても

毛布を掛ける程度で大丈夫なのか

不安になる人もいるでしょう。

 

基本的にうさぎは、冬の寒さには強いとされています。

夜中、家族が寝静まった後が心配だとは思いますが、

暖房を付けっぱなしにしておくことまでは

必要ありません。

 

筆者の家では、冬の寒さ対策はヒーター程度で

室内に暖房を入れるようなことはしていません。

むしろ、夏の暑さの方がきになっています・・・。

 

 

うさぎが冬場に健康に過ごす方法は?耳が冷たいと寒がっている合図?

寒さ時のサインは?耳を触る?

それでも気になる人は

うさぎの耳をなでるように触ってあげましょう。

この時、うさぎの身体全体よりも

耳だけでが少し冷たく感じたら

それは、寒がっているサインなのです!

 

そんな時はヒーターを入れてあげたり

毛布の枚数を増やしてあげるといいでしょう。

 

うさぎは感情表現できますが

寒さはは、人間から観察してあげないと

サインを見落としてしまうので注意が必要ですね!

 

 

スポンサーリンク

 

 

ま と め

うさぎの寒さ対策はそれほど神経質になる必要なないでしょう。

 

筆者の家では、温度による体調不良よりも

毛玉症の方が心配で

いつも糞の様子を観察しています。

 

自分の毛が体内に入り

糞と一緒に外に出なくなれば

食欲を無くしてしまい、病院を受診することもあります。

 

寒さが気になるなら

耳を触って確認をしてあげて下さい!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ