介護を自宅でするメリットとデメリットは?施設ならいくらかかる?

緑地公園駅徒歩5分\午前のみ☆午後のみOK/介護付有料老人ホームでの、洗濯担当スタッフ◎駅近!通勤便利!!

介護を自宅でするメリットとデメリットは?施設ならいくらかかる?

はじめに

親が高齢になって介護が必要になると

介護保険のお世話になることを考える人がいます。

親の介護に直面して

はじえめて介護について真剣に勉強するケースもあるでしょう。

 

介護と言えば、

自宅で介護をする「在宅介護」と「施設介護」があります。

どちらを選択するかは、本人と家族次第ですが

今回は両者の特徴について

お話をしたいと思います!!

 

スポンサーリンク

 

介護を自宅でするメリットとデメリットは?施設ならいくらかかる?

自宅で介護をするメリットとデメリットは?

自宅で介護をする最大のメリットは

本人が住みなれた家で継続した生活を送れることです!

 

「そんなこと当たり前じゃないか!」 と思う人がいると思いますが

高齢者にとって、環境をなるべく変化させずに

住み慣れた地域で生活できることは

とても重要なことなのです。

 

img_chigai

 

自宅での介護は、介護に関わる料金が安くて抑えることができます。

 

例えば、要介護5の人だと、介護保険適用以内で抑える場合なら

1割負担なら4万円もしないのです。

高所得の人なら2割負担になりますが、それでも10万円もかかりません。

 

 

一方デメリットは、

やはり家族が介護負担となる可能性があります。

介護負担とは先の見えない介護

夜もゆっくできない介護

いつも親のことが気になるなど・・・

精神的ストレスがあります。

 

また、

いつも身体が疲れている

腰が痛い

夜眠れないなど・・・

肉体的なストレスがあります。

 

 

 

介護を自宅でするメリットとデメリットは?施設ならいくらかかる?

施設で介護をするメリットとデメリットは?

施設で介護を受ける最大のメリットは

やはり肉体的負担がほとんどないことでしょう。

自宅から離れて、施設で専門家によって

介護を受けることができるので、

介護という日常から離れて

自分達の生活リズムや生活スタイルで

毎日を送ることができるのです。

 

自分の時間の空いた時に

面会などに行ったり、施設の行事に参加するぐらいなら

肉体的な負担はかなり軽減できるでしょう!

 

一方デメリットですが、

お金がそれなりに必要になってきます。

通常の特別養護老人ホームだと

要介護5の場合なら 12~13万円 は必要になります。

 

本人の年金だけでは賄えない場合は

子供達が支援しないといけない場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

介護を自宅でするメリットとデメリットは?施設ならいくらかかる?

介護度が軽度な時は自宅、重度になれば施設

両者のメリットとデメリットを比べると

そちらか一本に絞るのは難しいと思います。

 

そこで、おすすめなのが

要介護度が1や2の軽度な時は自宅での介護

要介護度が4や5の重度になれば施設での介護がいいかと思います。

 

 

実際に、余程の理由がないと

特別養護老人ホームの入所は要介護3以上となっています。

グループホームなどでは軽度でも入所できますが

費用の負担がありますので、

自宅で介護ができる間は、自宅で行うほうが

経済的負担は少なくて済みます!

 

スポンサーリンク

 

ま と め

親が介護を必要となれば

自分達の生活も一変します。

これまで出来ていた仕事や子育て

趣味や家事も限界を感じることがあるでしょう・・・

 

介護保健サービスを受けるようになれば

最初に担当のケアマネジャーさんと関わるようになります。

最初は分からないことばかりなので

積極的にケアマネさんを頼るようにして

自分達だけで悩みを抱えないようにします。

 

そして、自宅か施設かどちらの介護がいいか

検討すればいいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ