中学生の娘・息子の反抗期の内容は?親はどんな対処法で乗り越える?

反抗期

 

中学生の娘・息子の反抗期の内容は?親はどんな対処法で乗り越える?

はじめに

私には中学校2年生の息子がいます。

反抗期真っ最中で、親としても大変な時期なのです。汗

息子がこの年齢になったら

自分が反抗期だった頃のころとを忘れてしまい

どう接したらいいのか分からない時もあります・・・。

 

みなさんは、いかがでしょうか?

 

早い子供なら小学校4年生頃から

反抗期が始まるそうです。

反抗期の期間が長いと正直親としては困りますね・・・。

スポンサーリンク

 

 

中学生の娘・息子の反抗期の内容は?親はどんな対処法で乗り越える?

息子の反抗期のはじまり

息子の場合は、全体的な身体の発育も早く

反抗期は小学5年生頃からはじまりました。

自分の考えを強く主張するようになり

親の一方的な意見を聞かなくなります。

その自分の考えてというのは

一般的に考えて筋の通っていないことでも

自分なりに理由をつけて主張するような感じでした。

 

この頃の困ったことと言えば

自分の意に沿わないことがあると

時には親に手を出そうとすることもありました。

 

しかし、まだまだ体力的には親のほうが勝るので

押さえ込むことができていました。

 

 

 

中学生の娘・息子の反抗期の内容は?親はどんな対処法で乗り越える?

体力的に成長が目立つ現在は・・・

一人っ子ということもあるのか

基本的には甘えっ子です。笑

 

リビングでくつろいでいると、息子から寄ってきて

「一緒に将棋をしよう」と言ってきたり

「今度バッグを買おうと思うけど、コレどう思う?」など話しかけてきます。

 

しかし、家庭以外のところで嫌なことがあると

家庭でも不機嫌になり、

家の中の雰囲気が暗くなります。

 

そんなとき、親が余計な一言を言えば

息子はカッとなり、ソファや家の壁を蹴って

八つ当たりをするのです。

 

反抗期(ナリヤン)bot

 

お陰で家の壁は穴が開いているし

ソファはみしみしいっています・・・。汗

そして、時には表情を険しくして

一方的に言葉で責めることもあるのです。

 

スポンサーリンク

 

中学生の娘・息子の反抗期の内容は?親はどんな対処法で乗り越える?

娘の場合はどうのな?

女の子の場合と男の子の場合では

少し反抗期の現れ方が違うようです。

ちなみに、私には妹がいまうが、

妹は親と喧嘩になると家の扉を強く閉めて

自分の部屋にこもって、

しばらく出てこないことがよくありました。

 

部屋の入ると親はそれ以上なにもしないで

そっとしていましたね~。

 

これが、一番適切な対応なんだと思います・・・。

 

しばらくして、気持ちが収まったら自分から部屋に出てきて

何事もなかったかのように過ごしていました。

 

 

 

中学生の娘・息子の反抗期の内容は?親はどんな対処法で乗り越える?

反抗期の対応策は?

私達夫婦の場合は最低ラインを決めていました。

その最低ラインとは絶対に許してはいけないということです。

要するに

①人に迷惑を掛けること

②犯罪

の二点ですね。

 

【反抗期とは?】中学生の反抗期と向き合う時に知っておきたいこと

 

犯罪に関しては軽いものも含めています。

ただ、言い方を変えて

あまり気にしなくてもいいようなことについては

サラッと言うだけで、いつまでも言うことはしません。

 

反抗期には、分かっていることを

いつまでも長々と言われることに対して

強く不快感を示すようですね。

 

 

 

 

中学生の娘・息子の反抗期の内容は?親はどんな対処法で乗り越える?

言い過ぎず、言わな過ぎず

反抗期の子供達は悪いことをしてしまったとき

自覚はあるようです。

ただ、それに対してなにか言われてしまうと

素直に受入れることができず

反抗的な態度で反発するのです!

 

しかし、悪いことをしたのに

全くなにもアクションを起こさないのは危険です。

「親は何も言わない」

「自分が王様だ」

「俺は強い!」

と思い込んでしまい

行動がエスカレートする恐れがあるのです!!

 

いけないことをしたときは

言い過ぎず、言わな過ぎずを心がけるといいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ま と め

反抗期の子供を持つ親は

本当に大変です。

個人差もあるので、

「なんでうちの子はこんなに・・・・」と思うこともあります。

 

大声で怒鳴る男の子イラスト-min.png

 

逆に反抗期がないと

適切な発育とは言えない為

それはそれで考えてしまうこともあるでしょう。

 

自分も歩んできた道だと思い

しっかり受入れてあげて下さい!!

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ