姑と嫁が上手く付き合う3つの極意!子供ができてからが重要!

姑と嫁が上手く付き合う3つの極意!子供ができてからが重要!

はじめに

結婚した当初は、新婚生活が楽しくて

希望に満ち溢れている毎日を送っていることでしょう。

 

しかし、相手の親との関係や

親戚付き合いなどが面倒に感じることもあると思います。

筆者の場合も、相手の親戚関係について

月日が経つにつれて、知らなかったことがどんどん分かるようになり

裏事情を聞いたして、義理の親とのやり取りも

面倒に感じることもあります。

 

特に、嫁の立場として姑と仲良くやっていくことが

理想とされていますよね!?

しかし、現実はそうもいかないことが多いようです。

 

今回は、嫁が姑と上手くお付き合いをする極意をお話します!

 

スポンサーリンク

 

姑と嫁が上手く付き合う3つの極意!子供ができてからが重要!

極意① 価値観を強制しないで受入れる気持ちで!

全く別の環境で生まれ育って、しかも世代が違うお嫁さんとは

価値観が一致しないのが普通であり

それを相手に求めることは難しいでしょう。

 

 

「普通は〇〇だから、こうするのが当たり前よ・・・」

などと、価値観を押し付けても

相手は変ることはできません。

 

自分と相手は全くの別の人間であることを理解して

相手の気持ちを受入れる方向で対応していくようにするれば

きっと自分の気持ちも楽になりますよ。

 

 

 

姑と嫁が上手く付き合う3つの極意!子供ができてからが重要!

極意② 旦那を巻き込んで!

嫁の立場として、姑さんに直接言えないこともあるでしょう。

そんな時は、旦那さんを使って下さい。

とは言っても、不器用な旦那さんは100の言いたいことを

フィルターを通さずに全て伝えてしまう場合もあり、

余計に関係がギクシャクする可能性があります。

 

 

余計なことは言わずに

オブラートに包むような言い方をするように

しっかりとアドバイスする必要がありますね!

 

スポンサーリンク

 

姑と嫁が上手く付き合う3つの極意!子供ができてからが重要!

極意③ 実の親より大切に!

勿論実の親も大切ですが、「姑さんよりも大事!」ってことを

言動に出してはいけません。

 

例えば、母の日などの記念日ですが

自分の親よりも姑さんの方に力を入れましょう。

「もうすぐ母の日ですがなにがいいですか?」

「好きなものをプレゼントさせて下さい!」

など、大切にしていることが伝わるようにするのです。

 

会社やサークルの先輩にあげたいおすすめプレゼント15選! 気持ちが伝わる贈り物は?

 

実の母親にはしっかりプレゼントをして、

姑さんへのプレゼントが

おろそかになるようなことがあるようでは、

「私のことは大事ではないのかしら・・・」

「うちの嫁は・・・」

なんて印象を持たれてしまいます。

 

 

 

姑と嫁が上手く付き合う3つの極意!子供ができてからが重要!

全てはかわいい孫を思う気持ちから

子供ができると、子育てや日々の暮らしの中で

嫁と姑で考え方が違うことが出てきます。

 

例えば、昔は

「赤ちゃんは抱き癖がつくから、泣いても抱いてはいけない」

なんてことが言われていたようです。

今は

「どんどん抱いて、愛情を注いであげましょう!」

と言われています。

 

このように、年代的な考え方の違いもありますが

子供(孫)のことを想ってのことなのです。

 

赤ちゃん 笑顔 首

 

姑さんの言動に納得がいかないことも

多々あると思いますが、

そのことが根底にあることを覚えておいて、

旦那さんを通して、上手く伝えてもらいましょう。

 

 

 

姑と嫁が上手く付き合う3つの極意!子供ができてからが重要!

筆者の経験より (子育ては上手に姑に頼って!)

人生の先輩である姑は

昔、子育てをしてきました。

その子供は、そう、

旦那さんですよね??

 

上手に子育てをしたと思いませんか?笑

 

それなりに、経験も知恵もあるのが親なのです。

 

若い夫婦なら、子育てに行き詰ることもあるでしょう。

そんなときこそ、姑さんに甘えて手伝ってもらいましょう!

姑さんも、「頼られている!」と思い、嬉しいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

ま と め

嫁・姑問題なんて言葉もありますが、

上手くやっている家庭もあるようです。

 

筆者の場合も、結婚して間もない頃は

やはり色々ありました。

 

旦那として、息子として

まるで板ばさみ状態のような感じで・・・汗

 

それでも、なんとか大きなトラブル無く

今日に至っています。

 

イラッとすることもあると思いますが、

ママ友などとストレス発散しながら

コントロールすることも大切ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ