赤ちゃんの冬場の寒さ対策は?寝る時はエアコンを使った方がいい?

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの冬場の寒さ対策は?寝る時はエアコンを使った方がいい?

はじめに

筆者の子供は1月生まれで

特に寒さには気を使いました。

当時はマンションで機密性が高かったのですが

夜になるとそれなりに温度は下がります。

 

親が風邪を引いてしまったときも

移ってはいけないと思い

マスクや加湿器の徹底をしたのを覚えています。

 

はじめて赤ちゃんを育てるご両親にとって

子育ては分からないことばかりですよね?

 

今回は筆者の冬の寒さ対策をご紹介したいと思います。

 

 

 

赤ちゃんの冬場の寒さ対策は?寝る時はエアコンを使った方がいい?

とにかく寝相が悪かったわが子

生まれてすぐは自分で寝返りもできませんので

ほとんど動くことはありません。

足をバタバタしたり

手を顔に持ってくる程度でしょう。

 

冬の赤ちゃんの服装

 

それが成長と伴に動くようになります。

 

わが子はとにかく寝相が悪く、

布団に入っても上下が逆になったり

することも珍しくありませんでした。

 

冬場の夜は寒いのでどうするれ布団から出ないで

静かにしてくれるかよく考えてものです・・・。

 

そこで見つけた商品がスリーパーです。

 

新生児~3歳頃 高品質 ふわふわ 肌触り抜群 スリーパー めくれ防止 ボタン開閉式 寝袋 (L, 青)
新生児~3歳頃 高品質 ふわふわ 肌触り抜群 スリーパー めくれ防止 ボタン開閉式 寝袋 (L, 青)

 

身体の中心を保温してくれるので

急激な体温の低下を防いでくれます。

冬場にこれがあると、ある程度は安心できました。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの冬場の寒さ対策は?寝る時はエアコンを使った方がいい?

3才、4才になっても続く悪い寝相・・・・

もう布団から出ることは無いだろうという年齢になって

ゴソゴソとしながら出て行くのです。

 

大きくなると、それに合う大きさのスリーパーがないので

親のパーカーをスリーパーの代わりにして

寝かしつけていました。笑

 

そんな時「しまむら」で見つけたのが

特大サイズのスリーパーです。

「これは!」と思い即購入!

 

↓↓イメージはこんな感じです↓↓

 

子供 スリーパー かいまき メーカー直販 子供・大人兼用 吸湿発熱 毛布 スリーパー(かいまき) 大サイズ 65×130cm ベージュ
子供 スリーパー かいまき メーカー直販 子供・大人兼用 吸湿発熱 毛布 スリーパー(かいまき) 大サイズ 65×130cm ベージュ

 

このスリーパーに助けられました!

 

 

 

 

赤ちゃんの冬場の寒さ対策は?寝る時はエアコンを使った方がいい?

夜中には暖房はOFFに

親が寝るまでの間は、

エアコンの暖房で部屋を温めていましたが

夜中になると、暖房は消して寝ていました。

やはり空気の乾燥が気になったり

過度に暑くなり寝汗が酷くなる可能性があったからです。

 

先ほどもお話しました、当時はマンションで機密性が高かったので

息が白くなるほど部屋の中は冷えませんでした・・・。

 

しかし、住んでいる地域によっては

凍えるほど寒いところもあると思います。

そんな時は、加湿器を使いながらエアコンの暖房

つけてもいいかもしれません。

 

しかも、夜鳴きなどで、夜中目を覚ますこともあるので

部屋の中が暖かかったら親も助かると思います。

 

但し、安全面を考えると

石油ヒーターは避けたほうがいいでしょう。

 

 

 

赤ちゃんの冬場の寒さ対策は?寝る時はエアコンを使った方がいい?

電気アンカやカイロは絶対ダメ!  (重要)

布団のなかを温めるなた電気アンカ!

と考える人もいるかもしれません。

しかし、電気アンカやカイロは絶対避けるべきです。

 

赤ちゃんは温度に鈍く

しかも、熱いと感じても自分で思うように身体を

動かすことができません。

そのため、同じ部位がけだ熱くなり

低温火傷起こす可能性があるからです!

 

9193f.jpg

 

低温火傷は身体の中から

ジワジワと火傷をするので

治るのも時間がかかりますので大変です!

 

スポンサーリンク

 

ま と め

赤ちゃんの冬場の保温対策考えますよね・・・。

 

産後間もない時は

母親からの免疫力を引き継いでいるので

ある程度の感染症には耐えられそうです。

 

冬の寒い時は足がとても寒くなります。

わが子にも靴下を履かしたまま

寝かしつけたのを覚えています。

 

寝汗も風邪引きの原因になるので

汗対策もしたいですね!

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ