忘年会の幹事が絶対抑えるべき予約のコツは?時期はいつ頃がいい?

スポンサーリンク

 

忘年会の幹事が絶対抑えるべき予約のコツは?時期はいつ頃がいい?

はじめに

もうすぐ10月です。

忘年会に向けて幹事は誰がするか

話し合いがされている段階ではないでしょうか?

筆者の職場では

毎年順番で各部署の代表が幹事をすることになるので

数年先まで分かっています。

 

今はまだ場所の予約をする段階ではありませが

どうすれば、失敗せずにいいお店を選ぶことができるか

お話したいと思います。

 

 

忘年会の幹事が絶対抑えるべき予約のコツは?時期はいつ頃がいい?

実際に足を運んでみることをおすすめ!

大人数歓迎

50名様まで対応OK

などのチラシでたくさん来てもらいたいことを

アピールするお店をよく見かけます。

 

しかし、実施にその人数で予約して

当日行ってみると

歩くスペースもないぐらい狭いということもあります。

 

確かに、言われた人数は座ることができるけど

トイレに行きたい時や場所の移動

それに余興なんて

どんなに頑張っても無理!ってことがあるのです。

 

ネットや広告の情報だを信じるのではなく

しっかりと事前に足を運んで

下見をすることをおすすめします。

 

 

 

忘年会の幹事が絶対抑えるべき予約のコツは?時期はいつ頃がいい?

飲み放題はオトク??

「飲み会と言えば飲み放題が当たり前」という

先入観を持っている人も多いはず。

しかし、実際には飲み放題にしたら

損をする場合だってあるのです。

 

「忘年会」の画像検索結果

 

筆者の職場の場合、女性が多く

車通勤も多いので

アルコールそのものを飲まない人が多いのです。

 

そうなれば、飲み放題にするよりも

必要な分をその都度注文する方が

安くなる場合だって十分考えられるのです!

 

年齢層や性別通勤手段を考えて

飲み放題を辞めてもいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

忘年会の幹事が絶対抑えるべき予約のコツは?時期はいつ頃がいい?

歓送迎付きのお店が便利

無料のマイクロバスで歓送迎をしてくれるお店もあります。

筆者の職場では、昨年これを利用しました。

出発地は職場で、その後指定した場所に停まって

参加者を拾ってくれるのです!

 

これならアルコールも気兼ねなく飲むことができ

タクシー代もかからないので

大変便利でオトクです。

 

但し、このようなサービスがあるお店は

人気が高く、バスに限りがあるので

早目の予約が必要でしょう!

 

 

 

忘年会の幹事が絶対抑えるべき予約のコツは?時期はいつ頃がいい?

意外と平日もいいかも・・・

飲み会と言えば週末にすることが多いと思います

週末だと他の人も多くて

予約も難しいことがあります。

 

2014-12-14

 

そこで筆者から提案です。

あえて、平日に忘年会をしてはどうでしょうか?

 

ちなみに、筆者の職場では毎年平日にしていますので、

色々なお店の中から最適なところを選ぶことができます。

 

勿論、次の日は少し仕事がキツイかもしれませんが

早目に切り上げると、仕事への影響も少ないでしょう!

 

 

 

忘年会の幹事が絶対抑えるべき予約のコツは?時期はいつ頃がいい?

予約はいつ頃がいい?

フリーペーパーなどの特集は

10月後半から始まると思います。

フリーペーパーは情報が多くて

どんなお店にしたらいいのか

選ぶのも楽しいぐらいですね!

 

確実に予約したければそれよりも早い段階で

予約すればいいと思います。

 

情報量は少ないかもしれませんが

インターネットを利用すれば10月初旬からでも

掲載されていることがあります!

 

ちなみに、人気があるお店では

11月に入ると予約でいっぱいになっていることが多いです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

年に一度の忘年会ですが

幹事さんは大変だと思います。

みんなが楽しんでくれるために

色々考えないといけませんが、

成功するとその後のみんなの笑顔に救われますね!

 

今回の記事を参考に

少しでも楽しい忘年会になることを願っています!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ