引っ越し業者のおすすめをご紹介!なるべく安く済ませる方法は?

スポンサーリンク

 

引っ越し業者のおすすめをご紹介!なるべく安く済ませる方法は?

はじめに

引っ越しって何かと面倒ですよね・・・。

筆者も独身時代も含めて

何度も引っ越しをしてきました。

 

独身の場合なら自家用車一台か

軽トラを借りれば一人でも

出来るかもしれません。

 

しかし、2人以上の家族となると

やはり業者に依頼するケースも出てくると思います。

 

今回は引っ越しをする場合の

おすすめの業者をご紹介し

あるべく安くするする方法も教えます!!

 

 

 

引っ越し業者のおすすめをご紹介!なるべく安く済ませる方法は?

筆者の依頼したおすすめ業者! 

インターネットを利用して

必要事項を入力すると見積もりをしてもらえるサイトがあります。

筆者もそちらを利用したことがあります。

ネットだから反応はどうなのかと思いましたが、

驚くぐらい迅速な対応だったのが

引っ越しのサカイでした。

 

なんと、PCに入力して30分ほどで

自宅に電話がかかってきたのです。

 

 

 

 

引越し料金まとめて比較【LIFULL引越し見積もり】紹介

 

 

そして、見積もりは直接自宅に伺うとのことで

日時の打合せをその場で行ないました。

そして、数日後最寄の営業所から

担当の社員さんが来て見積もりをしてもらったのです。

 

 

 

 

引っ越し業者のおすすめをご紹介!なるべく安く済ませる方法は?

引っ越しのサカイをおすすめする理由

なんといっても行動が迅速でした!

そして、見積もりをしたその場で契約すると

更に安くなるという特典がありました。

また、おまけとして

お米も頂きました!!

 

引っ越しの荷造りをする様子

 

細かい配慮だと感じたこともありました。

それは、その場でダンボールを置いて帰ってくれたのです。

事前にダンボールを貰っておけば

少しでも事前に自分達で準備ができるからです。

 

 

“"

引越し業者見積り比較

 

 

 

しかも、そのダンボール

十分余裕がある数を置いていってくれて無料でした!

 

 

 

 

引っ越し業者のおすすめをご紹介!なるべく安く済ませる方法は?

我が家が行なった安くする方法とは

引っ越しの料金って、時期に一番左右されます!

特に新しい生活がスタートする3月は

引っ越しのピークなので、基本金額自体が

高めに設定されています。

 

その時期をさければ一番いいのですが

急な転勤などの場合は難しいですよね!?
“"

 

 

引越しはネットで頼むと安くなる


 

あとは、時間帯でも金額が左右されます。

午前中が一番高く設定されているところが多いと思います。

そして、夕方が一番安いですね。

 

筆者の場合、なによりも安さを最優先で行ないましたので

一番遅い時間帯に依頼しました。

業者さんが帰るごろには

真っ暗になっているのを覚えています・・・。

 

更に、先ほどもお話しましたが

荷造りは自分ですると少しも安くてすることができます!!

そのためのダンボール無料はありがたいですよね♪

 

 

スポンサーリンク

 

 

引っ越し業者のおすすめをご紹介!なるべく安く済ませる方法は?

地元の地域密着業者もおすすめ!!

実は県内にしか営業所がない業者も利用したことがあります。

地元ではCMなどで有名なのですが

全国的に見れば全然名前は知られていないです。

 

その業者に決めたきっかけは

知人の紹介でした。

 

担当してくれた社員の方の話では

安いところは学生のバイトを

多く採用しているところがあるそうです。

しかし、そこは繁忙期以外は全員正社員で

信用第一で努めているそうです。

 

仕事も早く丁寧で良かったですよ!!

 

 

 

 

引っ越し業者のおすすめをご紹介!なるべく安く済ませる方法は?

業者に依頼するときに気を付けたい事

これは、家を建てたときその工事業者の人に聞いた話です。

業者が引っ越しをしている最中、

大きな物音がしたと思ったらエアコンの取り付け作業中

そのエアコンを落として床に穴があいたそうです。

 

信用できる業者を選ぶことは大切ですが

完全に安心してしまうと

痛い目を見ることになります。

 

 

引っ越し業者が作業を行なっている途中でも

依頼した家族は様子を見ていないと

何かがあったときに責任逃れをされてしまいます!

 

スポンサーリンク

 

ま と め

面倒な引っ越しですが

なるべく安くしたいのが本音だと思います。

引っ越し業界は競争が激しく

どの業者もライバルのように争っています。

 

筆者が経験したように、

最近はインターネットで一括見積もりができます。

 

是非活用して少しでも安く済まして下さい!!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ