酒が弱い人ができる対策はあるの?薬やドリンクでどこまでできる?

スポンサーリンク

 

酒が弱い人ができる対策はあるの?薬やドリンクでどこまでできる?

はじめに

筆者はあまり酒が強くなくて

お付き合いで飲む程度です。

自宅で晩酌することは

ほとんどありません。

 

そんな筆者ですが、たまに飲みに出かける時は

酒を飲んだ後のことを考えます。

自分でセーブしないの

楽しいはずの場が

不快な場所になってしまうからです。

 

今回は酒が弱い人ができる対策を

ご紹介したいと思います!

 

 

 

酒が弱い人ができる対策はあるの?薬やドリンクでどこまでできる?

すきっ腹で飲まない

これは絶対ですね。

お腹のなかになにもなければ

アルコールが直接胃に触れます。

そして、胃がアルコールを吸収するのです。

 

飲み会なのでは

いきなり酒を飲むのでなく

ある程度胃に食べ物を入れてから

アルコールを摂取するようにしましょう。

 

とは言っても、

がぶ飲みするとあまり意味はないので

ゆっくりしたペースで飲みましょう。

 

 

 

酒が弱い人ができる対策はあるの?薬やドリンクでどこまでできる?

乳製品を利用する

この方法は有名で

筆者もときどき利用しています。

乳製品に含まれている

脂肪成分が胃をコーティングしてくれます。

そのためアルコールの吸収が遅くなり

急に酔う事がないのです。

 

筆者の場合は、

飲み会のある30分前ぐらいに

飲んでおきます。

 

コンビニで牛乳を買って飲むだけの

簡単な方法ですね。

あと、ヨーグルトでもOKのようです!

 

スポンサーリンク

 

 

 

酒が弱い人ができる対策はあるの?薬やドリンクでどこまでできる?

ドリンクを飲む

アルコールに効果があるドリンクと言えば

「ウコンの力」ではないでしょうか?

 

 

ウコンにはクルクミンという成分が含まれており

これが肝臓の働きを促進してくれと言われています。

 

この、ウコンの力は念のためといったイメージで

飲む事がありますが、

正直、効果があるかどうかは分かりません。

 

確かに、クルクミンは肝臓を働きを促進するようですが

酒が弱い人が、その効果を実感できるほどなのか

どうかは別問題なのかも知れません。

 

 

 

 

酒が弱い人ができる対策はあるの?薬やドリンクでどこまでできる?

頭がガンガン痛いとき

筆者がアルコールを摂取したときに

一番厄介なことは

頭が痛くなるとです。

勿論、吐き気もありますが

最初に来るのが頭痛なのです。

 

そのため、いつも頭痛薬を常備しています。

 

しかし、最近しったのですが

効果がない上にアルコールと一緒に

飲んだらいけないそうです・・・・汗

 

薬をアルコールと一緒に摂取すると

消化や吸収のお互いの効果が混ざり

副作用が現れる可能性が高くなるのです。

 

この事実しらないで

頭が痛くなると飲んでいました

やっぱり、自分で適量を把握して

それに合わせてアルコールを摂取するのが

一番いいのかもしれません。

 

ちなみに、筆者はアルコールの

パッチテストをしたことがあるのですが、

アルコールに対して弱いという判断に

なってしまいました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ま と め

大人の楽しみのひとつのお酒・・・

強い人夜を十分楽しめますが

弱い人にとっては十分に楽しめません。

 

いつも、酔ってしまった後のことを考えています。

 

対策をそれなりに

色々あるようですが、完璧な対策はないようです・・・。

 

となると、やはり

自分の体質を知って

無理のない程度に飲むのが一番かも知れませんね!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ