親に介護が必要となる場合の費用は?介護保険適用の条件とは?

スポンサーリンク

 

親に介護が必要となる場合の費用は?介護保険適用の条件とは?

はじめに

親が高齢になり

少しずつ身体が弱っていく姿を見ると

いよいよ介護が必要になってくる時期かな・・・・

と考える人も多いと思います。

 

しかし、心配なことがあると思います。

それはお金のことです。

 

ある程度お金に余裕があり

貯蓄も十分あれば

それほど心配する必要はないでしょうが、

ほとんどの人がお金の事が気になって

「いくらあれば施設に入れるのだろう・・・」

と思うでしょう。

 

 

 

親に介護が必要となる場合の費用は?介護保険適用の条件とは?

介護保険を適用できる条件とは?

まず、介護保険に加入する人から見てみましょう。

 

★第一号被保険者(65歳以上)

 

★第二号被保険者(40歳以上65歳未満)

16種類の特定疾病がある場合にサービスを受けられる

 

この2種類があります。

 

そして、介護が必要だと感じたら各自治体に

介護認定の申請をします。

 

その結果、

自立

要支援1~2

要介護1~5

に振り分けられるのです。

 

自立となれば対象外となります。

在宅介護(介護予防)なら

要支援から受ける事ができます。

施設介護なら要介護から入所することができます。

 

スポンサーリンク

 

親に介護が必要となる場合の費用は?介護保険適用の条件とは?

自宅で介護(在宅介護)するにはいくらぐらい必要?

介護認定を受けて比較的軽度な状態なら

自宅で介護できる場合もあるでしょう。

自宅での介護サービスといえば、

デイサービス

デイケア

訪問介護

訪問看護

訪問入浴

訪問リハビリ

居宅療養管理指導

このようなことを連想することが多いと思います。

 

実際に利用をしようとするときは

要介護度や時間に応じて費用が変化してきます。

 

例えば

デイサービスの場合だと

要介護1で7時間以上9時間未満の場合は

656円が必要となります。

同じ時間で要介護5だと

1,144円が必要になるのです。

 

しかし、これではすこし分かりにくいですよね??

 

そこで、サービスを1割(2割)負担以内で

受けるために

「支給限度額」というものがあり

おおくの場合は、

この支給限度額以内でサービスを受けています。

 

参考のために

支給限度額を載せておきます。

 

 

名称未設定

 

例えば、要介護5の人が1割以内にサービスを受けようとすると

360,650円以内になるように、

サービスを組合わせます。

 

そして、1割負担の場合だと、36,065円が必要になります。

尚、所得の関係で2割を負担しないといけない場合があります。

 

 

 

 

親に介護が必要となる場合の費用は?介護保険適用の条件とは?

施設に介護を依頼すると?

施設での介護はかなり金額に差があります。

都心部の高級老人ホームと呼ばれるところだと

月々30万円以上も必要になります。

 

20160513 04

 

一般的な特別養護老人ホームだと

10万~15万円で入所することができます。

 

但し、最後まで看取ってくれる

特別養護老人ホームは人気が高く

申し込んでも入所までに

時間がかかるのが現実です。

 

 

 

施設介護はとても助かるのですが

安価な施設だと人気があるので

入所が難しいというデメリットがあるのです。

 

 

スポンサーリンク

 

ま と め

介護とお金は切っても切れません。

子育てが終わればマイホーム

マイホームが終われば教育費

教育費が終われば老後・・・・。

 

人生お金が必要なことばかりですね・・・。

 

一番いいのは、

自分の老後は自分で貯めておく事です。

 

それが難しいなら子供に頼ることもあるでしょう。

 

頼られる子供の大変ですが

これがわが国の現状であり

決して珍しいことではありません。

 

「親の介護は子供の経済力にかかっている」と言っても

過言ではない時代かもしれませんね・・・。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ