告白して振られた後に連絡はしてもいい?気まずくならない方法は?

スポンサーリンク

 

告白して振られた後に連絡はしてもいい?気まずくならない方法は?

はじめに

この世の恋愛は

振ったり振られたり・・・・

お付き合いや結婚まで辿りつくのは

極一部ではないでしょうか?

 

筆者も若い頃は勿論、恋愛経験があり

振ったり振られたの日々でした・・・・。

 

今回のテーマは

告白して振られたらどうすればいいかというものです。

筆者の経験も書きながら

お話致します!

 

 

 

告白して振られた後に連絡はしてもいい?気まずくならない方法は?

高校での出来事から・・・

筆者の青春時代の出来事です。

高校生の時に

違う高校の同級生に

愛を告白したことがありました。

実は、中学生のころから想いを寄せており

高校が離れても忘れることができなくて

思い切って告白したのです!

 

しかし、答えはNO!

既にお付き合いをしている先輩がいるとのことでした。

 

数ヵ月後、もう一度告白、

2人の高校の中間地点で待ち合わせをして

気持ちを伝えたのです。

これで駄目なら諦めようの思っていました。

 

答えは、NO!

がっくりでした・・・・。

しかし、いつまでも引きずっていてもいけないと思い

気持ちを切り替えました。

 

普段は顔を合わさないこのような状況なら

振られたとしてもお互いの関係が

気まずくなることはありませんね!

 

しかも、この場合、

これ以上は自分から連絡するつもりは

なかったでのお互い顔を合わせるのは

これが最後になったのです・・・。

 

 

 

告白して振られた後に連絡はしてもいい?気まずくならない方法は?

高校が同じならどうする?

高校が同じなら

振られた後に顔を合わすのが気まずくなる気がしますね。

 

筆者の場合は

相手の性格もありますが

恐らく、その後も友達としての

お付き合いをできていたと思います。

 

 

過去のことは過去のこととして受入れて

未来に向かって動き出す性格だったので

友達として接することが想定できました。

 

しかし、性格によっては

ショックのあまり

顔を合わすどころか

同じ空間にいることもできない人もいるでしょう。

 

それは、それでかなり苦痛だと思いますが

告白してしまったからには

仕方がないことでしょうね・・・。

 

正直なとこと

気まずくならない方法はありません!

気まずくなることを想定して

告白するしかないと思いますね・・・。

 

スポンサーリンク

 

告白して振られた後に連絡はしてもいい?気まずくならない方法は?

別々の環境で連絡がしたい場合は?

これは、筆者のこれまでの経験からの

お話になりますが、

いつも顔を合わさない、

別々の環境で振られてしまった場合、

連絡したくなっても、連絡はしても構わないと思います。

 

但し条件があり、

①完全に諦めて恋愛感情がないこと

②相手にお付き合いをしている情報がないこと

このふたつをクリアしていれば

OKだと、筆者は思います!

 

「片思い」の画像検索結果

 

過去に自分が好きになった人が

現在、どのような生活をしているのか

どんなことをしているのか気になるものです。

それは、人間として仕方がないことかもしれません・・・。

 

しかし、自分も相手も

今後の恋愛に影響が出てしまう可能性があるのなら

連絡をするのは避ける方がいいでしょう。

 

 

 

告白して振られた後に連絡はしてもいい?気まずくならない方法は?

クリーンなイメージをいつまでも・・・・

これも筆者の経験からですが、

先ほどの二つの条件を満たしたとして

連絡したとします。

 

しかし、相手を好きなときの美しい気持

崩れてしまう場合だってあるのです。

 

恋愛は振ったり振られたりの連続です。

それがいい思い出となり

相手に対してクリーンなイメージなら

後で振り返ったとき

自分にとってプラスの出来事として

考えられるのです。

 

しかし連絡をしてしまったが故に

クリーンなイメージが崩れて

嫌な思い出となって忘れられない場合もあるのです。

 

 

このことだけは

抑えておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

ま と め

恋愛は難しいものです・・・。

告白して後悔する場合

告白しないで後悔する場合

どちらの結果になるか

分かれば苦労しませんよね。

 

でも、これが

恋愛なのです!

 

いつか赤い糸に結ばれたヒトに出会うまでは

少し辛いかも知れませんが

これが恋愛なのです!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ