針治療の効果はどれぐらい持続する?健康保険の適用にはなるの?

スポンサーリンク

針治療の効果はどれぐらい持続する?健康保険の適用にはなるの?

はじめに

身体の歪みや、身体の凝り、

関節の異常などによる

針治療をしてみようと考えている人もいると思います。

でも、はじめて針治療を受ける人にとって、

痛みはないのか

どこの刺すのか

本当に効果はあるのか

色々不安のことや疑問に思うことが

あると思います。

 

今回は針治療の効果や費用についてご紹介します!

 

 

針治療の効果はどれぐらい持続する?健康保険の適用にはなるの?

そもそも針治療ってなに??

針を患部やツボに刺して治療します。

髪の毛ほどのとても細い針を使用するので

痛みはほとんど感じません。

刺し方でよく行なわれる方法として

目的の深さまで刺し、刺した針を上下したり

旋回したり、さらには振動させて

一定の刺激を与えて抜きます。

 

また、刺したままの5~15分ほど放置した状態で

針に微量の低周波電流を流して、

筋肉の血行促進を促す方法もあります。

 

 

針治療の効果はどれぐらい持続する?健康保険の適用にはなるの?

針治療はなぜ効果があるのか?

ツボに刺した針による刺激が

自律神経系、免疫系なそに作用して

緊張を緩和して血液やリンパ液の

代謝を向上させることにより

自然治癒力をアップさせるのです!

 

鎮痛効果もありますが、

その理由として・・・・

★ツボの刺激により痛感闘値が上がるため痛みを感じにくくなる

★筋肉の緊張が緩むため血液循環が改善される

★針の刺激が末梢神経の痛みの信号を遮断する

このようのことがあるようです。

 

スポンサーリンク

 

針治療の効果はどれぐらい持続する?健康保険の適用にはなるの?

効果はどれぐらい持続する?

基本的に、治療を受けた刺激は

1ヵ月ほど持続すると言われています。

ただ、やはり個人差や症状によって違いがあります。

一つの例として、

その患部が蓄積された期間が長いほど

効果は持続せず、針治療を繰り返す必要があります。

逆に、患部に不調を感じた時に

なるべく早い段階で針治療を行なうと

効果が長続きするのです。

 

実は、筆者の職場に鍼灸師がおり話を聞くと、

上手くポイントを探すことができれば

高い効果を望めることができ、

鍼灸師の腕によるところも正直あるようです。

 

 

 

針治療の効果はどれぐらい持続する?健康保険の適用にはなるの?

健康保険の適用は?

まず、前提として

鍼灸院で治療をうける必要があります。

健康保険の対象になるには条件があり

①神経痛

②リウマチ

③腰痛症

④五十肩

⑤頚腕症候群

⑥頚椎捻挫後遺症

⑦その他これらに類似する疾患

に該当する必要があります。

 

でも、実際に行って保険の対象にならないと

悲しい思いをしますよね!?

そこでおすすめなのが事前の準備です。

行こうとしている鍼灸院に連絡して

「同意書」をもらいます。

 

八王子・往診出張・同意書

出典 http://www.hachi4976.com/oosin.html

 

この同意書を持って、

普段治療を受けている病院の医師に記入して貰うと

保険適用の対象として治療を受ける事ができます。

 

 

詳細は日本鍼灸師会のHPでどうぞ!

http://www.harikyu.or.jp/general/insurance.html

 

スポンサーリンク

 

まとめ

筆者も一度針治療を受けたことがあります。

背骨が慢性的に痛くて辛かったのです。

針は背中に刺すものと思っていたら

腹部に刺されました。

恐らく、そこがツボだったんでしょう。

筆者の場合は、すぐに傷みがとてれ

それ以来、継続して治療に行く

必要がないくらいに完治しました。

 

治療後、針を刺した場所の痛みや

違和感は全くなく、あの細い針が

あれだけの力があることに驚きです。

 

保険の適用になれば費用を安く抑えることができますので

先ずは最寄の鍼灸院に相談するといいでしょう!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ