新築の一戸建てで後悔した間取りは?おすすめの設備もご紹介!

スポンサーリンク

 

新築の一戸建てで後悔した間取りは?おすすめの設備もご紹介!

はじめに

新築を検討されている人は

業者を探したり、どんなイメージの家にするか

いろいろと考えていると思います。

外観や庭のイメージ

それに間取り・・・

オール電化住宅にするのか

太陽光発電にも興味がある・・・

考えていると楽しいですよね!

 

今回は、間取りに注目してお話をしたいと思います。

 

 

あわせてこちらの記事もマイホーム造りの参考にして下さい。

家を建てる人必見!おすすめの会社は?地元工務店のメリットは?

 

 

新築の一戸建てで後悔した間取りは?おすすめの設備もご紹介!

検討するべきことは?

当然、家族の人数と予算によって左右されます。

例えば、子供2人の4人家族なら

2人子供のそれぞれに部屋を与えることを検討するでしょう。

しかし、長い家の一生で考えると

子供と一緒に生活するのは

決して長いとは言えません。

子供が小学生の時に建てるとして、

大学生で自立するとなると

4人で生活するのは数年なのです。

 

それを念頭においた部屋にしておく必要があります。

例えば、子供が巣立ってから

その部屋を父親が使うという計画でもいいでしょう。

 

 

新築の一戸建てで後悔した間取りは?おすすめの設備もご紹介!

間取りの失敗例

「間取り 失敗例」の画像検索結果

 

これまで家を建てた人の情報を基に

「失敗した!」という事例をご紹介します。

 

★収納がスペースが少なすぎた

失敗あるあるだと思います。

モノって結構どの家にも多いので

詰めればいっぱいになります。

十分な収納スペースが必要です。

 

★吹き抜けは保温性が低い

開放感があり快適そうに見える吹き抜けですが

上部にスペースがある分、保温性が低く

エアコンがなかなか働かないという話を聞きます。

 

★コンセントの数が少なかった

スイっとカバーをデコる

コンセントの位置や数は業者が提案してくることが多いです。

しかし、生活スタイルまで把握していないので

実際に生活すると不便さを感じる人も多いようです。

 

★二階にもトレイがあればよかった

軽費削減のためにトイレは一階のみにする家もあります。

しかし、夜にトイレに行きたくなったとき

不便さを感じることがあります。

 

★廊下が多くなった

無駄に廊下が広くなりすぎて、

その分部屋にしておけば良かったという意見もあります。

 

★「屋根裏収納」や「蔵のある家」は使わない

 

最初はあると便利だと思っていても、

高さが低くて使い勝手が悪く、

実際には使わない家が多いようです。

 

★二階ベランダへの洗濯干しが大変

若いときはそれほど苦痛ではないのですが

洗濯をして二階に持って上がる動作が

年齢と伴に大変だと感じるようです。

 

スポンサーリンク

 

 

新築の一戸建てで後悔した間取りは?おすすめの設備もご紹介!

おすすめの設備

実は4年前に新築一戸建てを購入した筆者ですが

実際にあってよかった設備をお伝えします。

 

★まとめてLAN

パナソニックの製品ですが、無線LANよりも

安全性と利便性がより高いLANを家のなか全体に設置するのです。

出典 http://www.apexltd.jp/lan/lan1.html

 

 

 

★室内干し

 

商品画像1

我が家はこれを一本設置しましたが、

もっと多く設置しても良かったかもしれません。

金額はそれほど高くないので

気にしなくてもいいです。

 

★照明はLEDで感知式

頻繁に出入りするけで、

あまり長くいない場所の照明を感知式にしました。

我が家では、

廊下

ウォークインクローゼット

階段

外玄関

に設置しました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

多くの人が一生に一度しか家を建てることは無いと思います。

どうせ建てると決めたら失敗をしたくありません。

しかし、後になって

「もっとこうしておけばよかった」

「ここにも、アレが必要だった」

となることが多いのが事実です。

 

人は年をとっていき、生活スタイルも変化するので

全く不便さを感じることのない家を建てるのは難しいと思います。

しかし、それを最小限に抑えることはできます。

よければ、今回の記事が少しでも

みなさんのお役に立てることが出来たら嬉しいです。

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ