2015年 七五三はいつお参りにいけばいいの?

91a44ce7c698339eccbb40ea6f4c9a87_m

七五三と言えば

子供たちの成長を祝う

記念日です。

 

お参りに行ったり

記念して写真を撮ったり。

 

だいたい11月ぐらいなのは

何となく分かりますが

いつ行ったらいいのか

はっきり分かりませんよね。

 

どんなルールや

いつ執り行えばいいのか

調べてみました。

スポンサードリンク

【2015年 七五三はいつ?】

 

2015年のいわゆる

七五三の日 = 11月15日 は日曜日(先勝)

となっていますね。

2015年の10月・11月の土日祝日と

大安日の様子をみると、

2015年も昨年に続き、

土日祝日と大安日が重なる日が

少ないのが特徴です。

 

そうするとお子様の七五三を

予定するパパさんやママさんの

仕事や都合などにより、

やはり土日祝日とにお参りの

ピークが分散することが予想されます。

 

 

その中でも七五三の

神社へのお参りのピークに

なりそうなのが、やはり「七五三の日」にあたる

 11月15日(日・先勝)

が日曜日にあたるので、

昨今の「やっぱり七五三は伝統にならって、

11月15日に行いたい」という流行りと重なり、

とくに大きな神社を中心に非常に混み合いそうです。

 

また、前日の

11月14日(土・赤口)

と「赤口」でお日柄的には

あまり良くないのですが、

七五三の日に近い土曜日の休日

ということで、

やはりこの日も神社や

七五三に関わる各店舗

(美容室・写真館・レンタル衣裳店

・ホテル・レストランなど)は

混み合うことでしょう。

 

また上記の前の週に当たる

11月8日(日・大安)

が、2015年の七五三お参りの時期で、

唯一『大安&休日』が重なる日なので、

この日も参拝予定のご家族が集中することでしょう。

 

※休祝日の大安吉日には、

全国度の神社も大変な混雑となりますので、

お参り予定の方は事前に

十分な準備も必要になるかと思います。

 

【他の日程はいつがいいの?】

195135
10月24日(土・友引)・25日(日・先負)
11月7日(土・仏滅)
11月21日(土・先勝)・22日(日・友引)・23日(祝日・先ほ)

なども七五三お参りシーズンの

土日祝日なので混み合うことでしょう。

 

大安のお日柄は、

2015年の10月(後半)〜11月は

平日に分散しており、

大安ということで多少神社なども

混むことが予想されますが、

昨今ではお子様のパパ・ママ共働きのご家庭も多く、

また祖父母・親族が集まりやすいことでも

休日が好まれ、

そうすると土日祝日にお参りが集中すると予想されます。

 

逆に平日でも七五三のお参りができるという

ご家族であれば、

お参りシーズンの平日の大安の日を

活用するのもいいでしょう

(神社での祈祷申込や、

お店などの予約も入れやすいかと思います)

スポンサードリンク

【混み合う日を避けてみませんか?】

最近ではあえて11月15日周辺をずらして、

10月の前半や11月後半、

12月に七五三のお参りを行ったり、

写真館での撮影を行う方も増えています

(七五三ピーク後にはいろいろな写真館で

「七五三後撮りキャンペーン」など

お得なキャンペーンが行われます)

 

全国写真館では早いところで5月から、

多くのところで8月くらいに前撮りの

キャンペーンも始まり、

前撮りの予約と同時に、

お参り当日の衣装レンタルなども

承る衣装展示会なども開かれますので、

こまめに意中の写真館・フォトスタジオの

HPやブログ、SNSなどをチェックして、

よりお参り当日ご家族が

スムーズに動ける準備が肝心です。

 

また11月の七五三ピークの

周辺では神社、写真館、

ホテルなども大変込み合いますし、

ギリギリになると予約も取りにくくなるので、

早め早め(早くは夏休み前、遅くとも3、4ヶ月前くらいから)

準備周到にスケジュール調整をしていきましょう。

 

七五三のお子さんも風邪を

ひきやすいシーズンですので、

前の週くらいから体調管理に気をつけて、

気持ちよくご家族みなさんで

七五三当日を過ごせるように

早い段階からスケジュールを立てておきましょう

 

【まとめ】

七五三の準備は

早めに日程を決めたり

準備が肝心なことが分かりました。

 

まだ時間があると思っても

集中するので

早く準備するのに

越したことはありません。

 

それにしてもお父さんお母さんは

子供のためとはいえ

大変だなと思いました。

スポンサードリンク

【他のおすすめ記事】
2015年お月見いつ?意味は?由来は?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ