紅葉を京都で楽しもう!恋人と行きたいライトアップのランキングは?

スポンサーリンク

 

 

 

紅葉を京都で楽しもう!恋人と行きたいライトアップのランキングは?

はじめに

京都は紅葉の名所が数多く存在し、

ひときわ賑わいを見せてくれます。

紅や黄色に色づいた木々と、

歴史ある神社等が景色の美しさを演出してくれます。

そんな京都の秋を満喫するために、

恋人と行きたい紅葉スポットをご紹介します!

 

 

紅葉を京都で楽しもう!恋人と行きたいライトアップのランキングは?

①清水寺

清水寺

初夏から夏にかけてはつつじやあじさいが美しく咲き誇り

秋は見事な紅葉が境内を彩ります!

ライトアップされる紅葉は恋人の気持ちも燃え上がるように

盛り上げてくれるでしょう!

 

 

紅葉を京都で楽しもう!恋人と行きたいライトアップのランキングは?

②高台寺

日中の紅葉も見事ですが、夜のライトアップになると

幻想的な雰囲気になり、また違う印象を与えてくれます。

池に映し出された紅葉はお見事です!

プロジェクトマッピングも実施されており、恋人には

嬉しいですね!!

 

 

紅葉を京都で楽しもう!恋人と行きたいライトアップのランキングは?

③圓徳院

圓徳院 紅葉

圓徳院 紅葉 ライトアップ

出典 http://www.imamiya.jp/haruhanakyoko/colored/info/entoku.htm

 

 

伏見城化粧御殿前庭を移した豪華な石組の北庭や

長谷川等伯による「山水図襖」が有名ですね。

秋の深まりとともに、庭園は紅葉で美しく彩られます。

日没後にライトアップされます。

 

 

スポンサーリンク

紅葉を京都で楽しもう!恋人と行きたいライトアップのランキングは?

④永観堂禅林寺

浄土宗西山禅林寺派総本山のことです。

地元では「永観堂」と言われています。

紅葉が美しい名称として人気が高く、

「秋はもみじ永観堂」とも言われているのです!!

 

 

紅葉を京都で楽しもう!恋人と行きたいライトアップのランキングは?

⑤宝泉院

イメージ 6

出典 https://blogs.yahoo.co.jp/ftomoki2005/50630554.html

 

 

「大原問答」で名高い勝林院本堂の塔頭です。

一枚の絵画のように見える「額縁庭園」と

近年作庭された宝楽園などの見所があります!

色鮮やかなカエデと竹林のコントラストは見るものを

引きつけます!

夜のライトアップは恋人の心の急接近ですよ!!

 

 

 

紅葉を京都で楽しもう!恋人と行きたいライトアップのランキングは?

⑥北野天満宮

もみじ苑といえば一番人気の「鶯橋」周辺!

出典 http://guide.travel.co.jp/photo/21764/1/

 

 

梅とともにもみじも有名な北野天満宮です。

境内西側にはもみじ苑があり、史跡「御土居」

が残っています。

もみじは約250本もあります。この中には樹齢350年から

400年ものがいくつかあり、迫力もあります!

 

 

紅葉を京都で楽しもう!恋人と行きたいライトアップのランキングは?

⑦嵐山花灯路

786d221a.jpg

出典  http://blog.livedoor.jp/mick0106/archives/50865167.html

 

あの有名な嵐山のライトアップです。

約2500基のLED電球を使って、とてもボリュームのある

ライトアップが特徴です!

渡月橋周辺一体と、野宮神社から大河内荘庭園までをつなぐ

竹林の小径もライトアップされます。

 

 

紅葉を京都で楽しもう!恋人と行きたいライトアップのランキングは?

⑧宝厳院

f0032011_19562568.jpg

出典 http://dejikaji.exblog.jp/12392341/

 

紅葉が身頃になる時期に「秋の夜間特別拝観」が開催されます。

日中の鮮やかな紅葉とは違う、幻想的な景観を楽しむことで

恋人同士の距離は急接近かもしれません!

 

 

スポンサーリンク

まとめ

四季折々の刺激を感じることができるのは

日本の特徴のひとつですね。

夏が終わり涼しくなると、次第に木々の葉が

紅や黄へと変化を見せてくれて、

私たちを楽しませてくれます。

 

京都は紅葉スポットが多く、

旅行と一緒に楽しむことができます。

 

日本全国各地に紅葉のスポットはたくさんありますが、

京都なら、いろいろな景色とともに

美しい紅葉を短時間で見学できます。

秋の旅行や京都の紅葉巡りを検討されてはいかがでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ