認知症は入院すると悪化する?その原因は何?対策もご紹介します!

スポンサーリンク

 

認知症は入院すると悪化する?その原因は何?対策もご紹介します!

はじめに

 

認知症

 

先日、介護福祉士・社会福祉士である筆者の元にある相談が来ました。

「認知症の人が施設に入所すると悪化しやすいのですか?」

と言うものです。

高齢社会となり、以前に比べると認知症が身近なものになった印象があります。

自分の親が認知症になり、介護を必要とすると

生活が急に変化し家族はとても苦労します。

今回は認知症についてお話します。

 

 

認知症は入院すると悪化する?その原因は何?対策もご紹介します!

認知症の人の心理

イラスト:夢中になって話すおばあさんと困惑した娘

 

認知症の人は、同居する家族からすれば

なかなか理解できないような言動がありますよね?

例えば

・物がないのことを人のせいにする。

・現実にはないことを自分で話を作る。

・汚した下着を隠したりする

こんなことで困る人も多いはずです。

 

しかし、認知症の人にとってはしっかり意味のある言動なのです。

 

物がないことことを人のせいにするのは、

自分の物忘れを認めなくない一心で

自分でカバーするために、結果として誰かのせいにするのです。

また、一番お世話をしている人の名前を出して、

「〇〇が盗んだ」と言うこともあると思います。

一番、自分の記憶にある人、

そう、一番身近でお世話をしている人

その対象となるケースが多いのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

認知症は入院すると悪化する?その原因は何?対策もご紹介します!

自宅から施設に入所するということ

自分達のことを例に挙げて考えてみて下さい。

例えば、

◎入院したとき

◎旅行したとき

◎あまり親しくない親戚の家に泊まることになったとき

環境が変わると、多少の緊張感は誰にでもありますよね!?

 

楽しいはずの旅行で便秘になったりするのは

環境が変わり、精神的に少し不安定になるからです。

 

高齢になると、特に環境に順応しにくくなります。

 ココとても重要な部分です

 

 

生活環境が変化するということは

高齢者にとって、物凄く大きなことで

一時的に軽いパニック状態になるのです。

 

今まで自宅で生活していた人が施設に入り、

急に認知症が進行するのは

環境の変化が関係することが大きいのです。

 

あと、他に良くあるケースです。

高齢になり、一人暮らしの親を子供の住む街で同居するようになった場合、

認知症を発症することもあります。

これも、環境の変化に順応できず

パニックを起こすためです。

高齢の親を子供と一緒の同居すると言う事は

普段から見守りや介護ができるメリットがありますが、

一方でデメリットもあるのです。

 

 

認知症は入院すると悪化する?その原因は何?対策もご紹介します!

施設に入所した時に認知症の悪化を最小限に抑える方法

介護施設職員の筆者がご紹介する、2つの方法を意識してみて下さい!

 

①入所して数日の間は面談の頻度を増やす。

家族との関わりを継続するために、最初の方の面談は多くして

安心感を与えるのです。

それが難しければ、電話でも構いません。

本人が携帯電話をもっていなければ

施設に協力してもらい

電話の取次ぎをして貰いましょう。

 

②自宅の馴染みのものを持ち込む

本人が愛用している家具・家電が代表的な例です。

使い慣れたものを施設でも続けて利用することで

安心感がキープできるのです。

ちなみに、筆者の施設では

位牌の持ち込みもOKとしています。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は認知症についてのご相談内容から記事を書いてみました。

身近な人が認知症になり

施設での介護を必要になった場合は

今回ご紹介したことを思い出してみて下さい。

 

すでに、施設で介護を受けている人も

2つの方法はとても有効ですので、

施設の職員と相談してみましょう!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ