2015年お月見いつ?意味は?由来は?

5f202fbb0cea64fc34f427dda7e20b05_m

お月見と言えば、白い団子をお供えして、

満月を楽しむイベントという印象があります。

 

実際、秋の月はきれいなんですよね。

秋空に月の輪郭が、くっきり見えて美しく感じます。

 

毎年、それほど意識せず過ごしてきたので、

今年はお月見を楽しもうと思い、

お月見の時期

お月見の由来や意味

について、いろいろ調べてみました。

スポンサードリンク

【お月見っていつ?】

お月見とは、旧暦8月15日と旧暦9月13日に、

行われる月を鑑賞する行事です。

 

旧暦8月15日の月を「中秋の名月」や「十五夜」と呼び、

旧暦9月13日の月を「十三夜」と言います。

 

旧暦の8月15日と9月13日ですから、

現在とは日にちが違っていて、毎年時期が変わります。

 

2015年のお月見の時期は、

十五夜は9月27日

十三夜は10月25日

になります。

ちなみに、十五夜か十三夜のどちらか一方しか観ないことを

片見月と呼び、縁起が悪いこととしていたようです。

これは要注意ですね。

最近では、あまり聞いたことがありませんが、

縁起が悪いと言われると気になるものです。

 

十三夜を忘れないようにメモしておかないと、

そのまま過ぎてしまいそうです。

 

十三夜は日本独自の風習のようですが

十五夜は元々が中国の風習で

中国では中秋節として日本とは比べ物に

ならない程盛大に祝います。

 

また他のアジアの国々も

十五夜、中秋節を盛大に祝う国が

多いようです。

例えば

中国では中秋節として盛大に祝います。

中秋節は祝日となっていて。

中国では当日、月餅を食べながら

月を観る慣習があります。

 

近年は月餅はひと月以上前から

知人に配るようになったため、

中秋当日までに月餅は食べ飽きてしまい、

中秋当日には売れ残りを恐れて安売りされる

という現象も起きているそうです。

 

月餅はもともとこの時期に

月を見ながらたべるもののようです。

 

日本の月見団子と同じような

感覚のようです。

 

十五夜二出る月のことを「中秋の名月」と

呼びますが

十五夜に雲などで月が隠れて見えないことを「無月(むげつ)」、

十五夜の晩に雨が降ることを「雨月(うげつ)」

月が見えないながらもなんとなくほの明るい風情を

楽しむこともあったそうです。

 

また、江戸時代の文化では

旧暦の8月14日 – 15日、16日 – 17日の夜を

それぞれ「待宵(まつよい)」、

十六夜(いざよい)」と称して

名月の前後の月を愛でることが粋とされていました。

 

江戸時代の人たちは

月を見て秋の夜長をたのしんでいたのでは

ないでしょうか。

スポンサードリンク

【お月見の由来と意味は?】

9ce52aeab9036426fedced6c654dd9ba_m

元々、お月見は奈良~平安時代の初め頃に、

中国から伝わってきた、

かなり古い時代に伝来した風習です。

 

その後、秋の収穫祭と結びついて、

秋の実りに感謝する意味を持つようになります。

 

そして、満月に豊作を祈願し、

お団子・すすき・サトイモなどを

供えるようになりました。

このことから

十五夜のことを芋名月とも呼ぶ地方も

あるそうです。

 

また、場所によっては各家に

お供えしてある月見団子や栗、芋、お菓子などを

子供たちが家人に見つからないように

(見て見ぬ振り)して摂って回り

収穫を皆で祝うお月見泥棒という

風習もあったようです。

 

なんだか少しだけ

ハロウィンに似ている気がします。

 

ちなみに、お月見に添えたすすきには、

魔よけになるという俗信があるため、

すぐには捨てずに、庭やベランダに差すこともあるようです。

 

【まとめ】

十五夜に限らず、

月を見ることは、各国で行われていて

日本人だけの風習ではないことが

分かりました。

 

秋の収穫の時期とも

重なり、日本以上に盛大に

祝う国も少なくありません。

 

ハロウィンとも時期的に

近いこともあり、収穫を祝うという

意味的なつながりもあることが分かりました。

 

しかし月を見るのは

昔から行われていて

不思議な魅力を昔の人も感じていたのだと

思います。

スポンサードリンク

【他のおすすめ記事】
ハロウィンってもともと何の日?以外と知らないハロウィンの本当の意味
食欲の秋!栗の栄養素や旬は?栗の気になること教えます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ