七夕の由来は?笹飾りの意味は?折り紙での作り方を動画で解説

スポンサーリンク

 

 

七夕の由来は?笹飾りの意味は?折り紙での作り方を動画で解説

はじめに

7月7日は七夕ですね。

七夕と言えば笹飾りをして、おりひめ様とひこぼし様が天の川で

再会できるようにと願い事をします。

最近は自分で作らなくても

ホームセンターや文具屋さんで

きれいな飾りがたくさん販売されています。

でも、自分達で真心をこめて作るのもいいと思います。

特に小さい子供さんのいるご家庭では

物を作るということは大切なことですし、

七夕の意味を考える機会にもなるでしょう。

 

七夕の由来は?

七夕は「たなばた」と呼ぶのが一般的ですね。

しかし、「しちせき」と呼ぶこともあるのです。

七夕の歴史は古く、日本のお祭り行事のなかでも長年大切にされてきました。

七夕伝説が面白い!日本と世界の七夕物語の違い!

由来として

①元々は日本の神事であった

②おりひめとひこぼしの言い伝え

③奈良時代に中国から伝わった

このようなものがあります。

 

 

 

乙女が着物を織って棚にそなえ、

神様を迎えて秋の豊作を祈ったり

人々のけがれをはらうものでした。

選ばれた乙女は「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれ

神様のために心をこめて着物を織ります。

その時に使われたのが「棚機」(たなばた)という

織り機だったのです。

たがて、仏教が日本に伝わると

この行事はお盆を迎える準備として

7月7日の夜に行なわれるようになりました。

 

 

ベガ(琴座)は織女(しゅくじゅ)星で裁縫の仕事、

アルタイル(鷲座)は牽牛(けんぎゅう)星で

農業の仕事を司ると考えられていました。

このふたつの星は旧暦の7月7日に天の川をはさんで一番輝いていて、

中国でこの日を年に一度のめぐり合いの日と考えて

七夕のストーリーが出来たのです。

 

 

中国では庭先の祭壇に針などをそなえて、

星に祈りを捧げました。

やがてははた織りだけでなく芸事や書道などの上達も

願うようになりました。

日本古来の行事と、中国の行事が混ざり

平安時代からは宮中行事として七夕行事が

行なわれるようになったのです。

 

 

スポンサーリンク

 

笹飾りの意味は?

実は、笹飾りの由来は定かではないのです。

笹は大きく空に広がるように成長するため

天に願いを届けてくれると考えています。

笹の葉は「船」の形にもなることから

願いを星に運んでくれるとしています。

イメージ 1

 

 

飾りの意味として、

■ 短冊・・・字が上手になるように。習い事が上達する。

■ 折鶴・・・家族が長生きするように。

■ ちょうちん・・・神様やご先祖様へのお供え物。

■ 投網・・・豊漁になりますように。

などがあります。

 

飾りの作り方をご紹介!

ここからはご家庭や学校で

簡単に飾りが作れるように

動画をアップしてみました!!

 

本で見るより分かりやすいと思います。

 

★投網

 

 

★扇つづり

 

 

★オリジナル

 

 

★笹つづり

 

 

★ちょうちん

 

 

★すいか

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

七夕の笹飾りは、なんとなく

子供っぽいイメージがありました。

実は奥が深いのですね!

七夕のお話は迷信もあるかも知れませんが、

大人になっても、年に一度の行事として

大切にしたものですね。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ