認知症の人が徘徊する困ったを解消!対策方法は?グッズはあるの?

スポンサーリンク

 

 

認知症の人が徘徊する困ったを解消!対策方法は?グッズはあるの?

はじめに

 

高齢社会の日本ですが、認知症の人も年々増加しいています。

団塊の世代が今後さらに高齢になりますので

増加する一方です。

認知症の人を自宅で介護する場合、

問題になるのが「徘徊」です。

今回は、徘徊も含めて認知症について

お話したいと思います。

 

 

認知症の人が徘徊する困ったを解消!対策方法は?グッズはあるの?

認知症の症状

認知症の症状には、中核症状と周辺症状に分かれます。

中核症状とは、下記の表の通り、

記憶障害や判断能力の低下、実行機能の低下があり

認知症によって起こる

そのものの症状を言います。

 

一方、周辺症状とは

幻聴・幻覚、多動・多弁、異食行為、徘徊も含まれます。

 

 

 

表でも分かりますが、周辺症状が出現するようになれば

介護する家族がとても苦労することになり、

自宅でお世話することに限界を感じるようになってしまいます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

認知症の人が徘徊する困ったを解消!対策方法は?グッズはあるの?

周辺症状で苦労するもの

やはり、家族が苦労するのが

徘徊だと思います。

 

特に高齢者夫婦でどちららが認知症になり、

徘徊をするようになれば

無断で自宅を出て、思わぬところで発見される場合があります。

高齢者同士ですので、探したくても探すことができなくて

近所や警察に迷惑をかける事だってあります。

 

最悪の場合は、事故などに遭遇して

死に至ることもあります。

 

それだけ、徘徊という周辺症状は大変なものなのです。

 

 

 

 

認知症の人が徘徊する困ったを解消!対策方法は?グッズはあるの?

徘徊対策グッズをご紹介

自宅で生活している方にとって

徘徊する認知症の人がいれば

落ち着ついて生活ができないと思います。

常に、監視するように目が離せないと思います。

そんな時に便利なのが対策グッズです。

 

 

エンジェルアイ【介護見守りシステム】介護視野:水平180度回転、垂直90度回転 介護保険適用(TAISコード01204-0008)認知症老人徘徊感知機兼用
エンジェルアイ【介護見守りシステム】介護視野:水平180度回転、垂直90度回転 介護保険適用(TAISコード01204-0008)認知症老人徘徊感知機兼用

 

人感センサーで徘徊を知らせてくれます。

パソコンと組み合わせて使う事によって

メールや動画で確認ができる優れものです。

 

 

 

 

 

 

エンジェルアイ【介護見守りシステム】視野66度 介護保険適用(TAISコード01204-0007)認知症老人徘徊感知機器兼用
エンジェルアイ【介護見守りシステム】視野66度 介護保険適用(TAISコード01204-0007)認知症老人徘徊感知機器兼用

 

このタイプはお部屋に設置しておいてm

行動を画像で確認できます。

スマホでも確認できるので、外出先でも便利です!

 

 

今回ご紹介した2つの商品は

介護保険制度の適用となりますので

場合によっては、全額時効負担の必要はありません。

担当のケアマネさんに相談してみてください!!

 

 

 

 

認知症の人が徘徊する困ったを解消!対策方法は?グッズはあるの?

介護抵抗や暴言・暴行も厄介

徘徊に続いて、介護者を悩ませるのが

介護抵抗や暴言・暴行です。

介護抵抗で代表的なことが

入浴拒否や排せつ介助の拒否です。

 

どちらも清潔を保持するために必要な行為ですが

それを過剰に嫌がり拒否するのです。

 

認知所になりと、判断能力が低下しますので

清潔を保てない場合にどのようなことになるか

イメージできないのです。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

認知症は中核症状と周辺症状があることが

分かったと思います。

そのなかでも介護者に苦労するのが、「徘徊」です。

徘徊は、自宅から消えると周囲に迷惑をかける事があるので

とても心配だと思います。

 

今回ご紹介した

対策グッズを参考にしていただければと思います。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ