高齢者が夏場の脱水に気を付ける方法は?食事で予防する方法も紹介

スポンサーリンク

高齢者が夏場の脱水に気を付ける方法は?食事で予防する方法も紹介

高齢者は脱水しやすい

高齢者の脱水になるケースは普段健康な人でも多いのです。

その原因として、

若い人なら喉の渇きを感じる

「候渇感」が加齢と伴に低下するからなのです。

それに加えて、トイレに頻繁に行くようになり、

水分を積極的に撮らないケースがあるのです。

 

特に、夏場になると

発汗が多くなりますので

益々脱水のリスクは高くなるのです!

 

水分補給の目安

活動性のある高齢者なら1500~2000mlは摂取したいです。

外に出る機会が少なかったり、

寝たきりになれば、

1200mlぐらいになるでしょう。

 

朝、昼、晩の食後に加えて、

食間に水分を補給するようにします。

 

大切なことは、一度の多くの量を摂るのではなくて

一日通して少しずつ摂取することが大切です!

 

 

夏場の水分補給は?

夏場、30℃を越えるようの日は、

更に水分を摂取する必要があります。

 

先ほどもご説明しましたが、

高齢者や候渇感がなくなる傾向にありますので、

喉が渇いてから飲むのではなく、

喉の渇きは別として、

時間間隔で判断して飲むように心がけるようにしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

食事で気をつけることは?

水分単独で水分補給するのは

それが負担になることがあります。

そのために、3食の食事の際に工夫して

水分を補給することが大切です!

例えば、寒天ゼリーが良い食品です。

ジュースやコーヒー、牛乳を寒天で固めてゼリー状にしておくのです。

夏場ですと、喉越しもよく

どんどん食べることができます。

 

 

また、汁物を意識して作る工夫もします。

味噌汁出して、食事からも意識的に摂取できるようにします。

 

また、市販のもので

水分補給ができるもの販売されていますので、

上手に活用しましょう。
和光堂 アクアチャージ ゼリー飲料 ヨーグルト風味 150g×6個
和光堂 アクアチャージ ゼリー飲料 ヨーグルト風味 150g×6個

 

夏場も摂取できますが、基本的に季節を問いません。

ゼリー状なので手軽に食べることができます。

水分吸収効率を考えられた商品なので、

高齢者もの最適です。

 

特にヨーグルト味が人気のようです!

 

 

 

 

 

 

赤穂化成 熱中対策水 日向夏味 ソフトパウチ 300g×30個
赤穂化成 熱中対策水 日向夏味 ソフトパウチ 300g×30個

 

この商品はゼリー状ではありませんので、

比較的元気な高齢者向けになります。

 

汗で失うイオンを効果的に補給できます。

凍らせて持ち運ぶこともできますので、

外に持って行っても良いでしょう!

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

夏場のニュースでは、高齢者や子供が熱中症になり

倒れたり死亡するニュースを見かけると思います。

マスコミで報道されているのは、氷山の一角であり

高齢者施設でさえも、脱水や熱中症になることも

珍しくありません。

 

本人がいくら注意をしていても

脱水になることはありますので、

周囲の家族や介護者も

普段より意識して水分補給を促す必要があります!

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ