熱中症を食事で予防!体の中から熱中症対策をしよう!

6035815a4a20fc94250d32e018272c34_m

今年の夏は厳しい暑さが

続くと予想されます。

 

熱中症予防グッズなど対策をされている方も

多いかと思います。

 

もちろん熱中症予防グッズも効果があり

重要ですが体のことですので

それでも体調がすぐれなかったりすると

かかってしまうこともあるでしょう。

 

体調を整えるのはもちろんですが

熱中症を予防できる食事や飲み物を

ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

【熱中症対策の食べ物その①ジャガイモ】

2e8c3325f9969f616143cf134235deea_s

暑い夏、汗をかくと塩分(ナトリウム)が

排出されますが、同時にカリウムも排出されます。

カリウムは細胞内駅に多く含まれており、

 

このカリウムが失われると、細胞内が脱水症状を

引き起こします。細胞内脱水は熱中症になった後、

重要臓器の細胞機能障害の原因となり、

熱中症回復に影響を与えます。

 

筋肉の収縮を助ける(働きをよくする)はたらきもあり、

日常的に摂ることで熱中症にかかった時の回復力を高め

重傷化を防ぎます。

 

カリウムを多く含む食品はジャガイモの他

小豆、そら豆、いんげん豆、海苔、パセリ、干しヒジキ、

ほうれん草、さといも、落花生、松の実、バナナなどです。

 

【熱中症対策の食べ物その②夏野菜】

0a9268945e07b2616316389d1ee82e93_m

ゴーヤのように夏が旬の野菜は,

水分が多く,

熱中症予防の水分補給にも適しています。

疲労の回復に役立つビタミンB群、

体の調子を整え,

免疫力を高めてくれるビタミンCも多く含んでいます。

 

夏野菜は,きゅうり・トマト・トウモロコシ

・オクラなどがよく知られています

 

そのまま、食べられる野菜も多いので

夏らしく冷やしてかぶりつくのも

いいかもしれません。

 

【熱中症対策の食べ物その③豚肉】

b242d20647336256600b74d8e1d004af_m

豚肉にはビタミンB1が多く含まれています。

ビタミンB1が不足すると糖質を

分解することができず、

疲労物質(ピルビン酸や乳酸など)が

溜まり、疲れやすくなります。

 

食欲不振・倦怠感・手足のしびれや

むくみなどの症状が発症します。

 

ビタミンB1多く含む食品: 豚肉(ヒレ肉・モモ肉

・肩ロース、ひき肉)、ハム、焼き豚、ウナギ、

グリンピース、海苔、青海苔(乾)、大豆(乾)など

 

豚肉は、値段も安く、いろんな料理法が

ありますので、沢山食べて熱中症予防をしましょう。

スポンサードリンク

 

【熱中症対策の食べ物その④梅干し】

fab58d7856a4d3d208599cb1900d76bf_m

熱中症で失われやすい塩分やミネラルを、

最も効率よく摂取できる食べ物は、

日本人にとって最も身近な漬物のひとつ、

「梅干し」です。

 

梅に元々含まれている豊富なミネラルと、

漬ける時に使う塩が合わさり、

熱中症対策に万全の食品となっています。

 

また、梅干しにはクエン酸も

多く含まれています(梅干しがすっぱいのはこのためです)。

 

クエン酸は、疲労の原因となる

乳酸の発生を抑え、疲労回復の効果があります。

熱中症だけでなく、夏バテにも効くので、

夏には普段から摂取しておきたい栄養素です。

 

梅干しは昔からの知恵が詰まった保存食。

そのままおにぎりに入れてもおいしいですし、

酸っぱいのが苦手な方でしたら

いわしの梅干し煮など料理の

味付けに使ったりとレシピも豊富です。

 

【熱中症対策の食べ物その⑤すいか】

fd2f94485256b294f41d743e4444ba1f_m

スイカには抗酸化成分が多く含まれています。

紫外線のキツイ夏では、

体の中で活性酸素が発生しやすくなり、

疲れがたまる原因となります。

 

抗酸化成分は、その活性酸素から、

体を守ってくれる成分です。

 

・活性化成分を多く含む食べ物

トマト、スイカ、にんじん、モロヘイヤ、伊勢エビ、イワシ、鮭、アーモンド、など。

スイカには、抗酸化作用があるアミノ酸、

βカロチン、ビタミンCが多く含まれています。

 

さらにスイカに含まれている糖分は、

エネルギーに素早く変わるため、

夏のエネルギー補給にはピッタリの食べ物です。

 

スイカはそのまま塩をかけて食べるのも

もちろんいいですが、

スムージーもおすすめです。

程よい甘さの、さっぱりしたスムージーに

仕上がりますよ。

 

【まとめ】

食べ物を工夫して、

熱中症になりにくい体を作りましょう。

 

食べ物に気をつけるだけでも

だいぶ熱中症対策になります。

 

こうやって例を挙げてみたのですが

夏に食べずらい食べ物は

あまりない印象です。

 

どれも、さっぱりとしたものが多く

夏向けのレシピもいろいろと

考えられるかと思います。

スポンサードリンク

【他のおすすめ記事】
熱中症対策にベストなグッズをランキングでご紹介!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ