眼鏡で痛くなる鼻や耳の対策は?軽量眼鏡からグッズまでご紹介!!

スポンサーリンク

眼鏡で痛くなる鼻や耳の対策は?軽量眼鏡からグッズまでご紹介!!

眼鏡で鼻や耳の裏が痛くなる原因

眼鏡を掛ける人はよくある経験だと思います。

鼻の両側の付け根と、耳の裏側が痛くなる症状・・・。

そのうち頭痛まで引き起こします。

 

眼鏡を支える場所は鼻と耳なので、

そこに眼鏡の圧が集中して、痛みを引き起こすのです。

 

実は、私もこの症状に悩まされており、

とても辛い日々を過ごしているのです。

 

色々な対策をとっても、100%痛みを無くすことはできず、

軽減させるの精一杯でしょう。

 

今回は、鼻や耳の痛みを軽減させる方法をご紹介します。

 

眼鏡で痛くなる鼻や耳の対策は?軽量眼鏡からグッズまでご紹介!!

対策① 軽量の眼鏡にする

軽量の眼鏡と言えば、眼鏡市場のゼログラではないでしょうか??

 

日本で眼鏡と言えば「福井県鯖江市」です。

そこで職人の手によって一本、一本手作りされています。

パーツの細部までこだわりぬくクオリティと最先端の技術が

軽量を実現させました。

重さは最軽量で2,8gなのです!!

 

出典 https://www.meganeichiba.jp/brand/zerogra/

 

とにかく軽いのが最大の特徴ですが、

逆に欠点もあります。

 

写真でも分かりますように、ツルを折りたたむことが出来ないのです。

ネジ一本の重量も軽くするということでしょうか?

通常のケースではなく、専用の少し大きめのケースが付属しています。

 

少し前にベッキーがCMしてました。

価格は20,000円~25,000円ほどです!

 

この商品、私も過去に使用したことがありましたが、

3年弱ほどでフレームが壊れてしまいました。

耐久性も課題のようです。

 

もちろん、鼻と耳の痛みの軽減はできました!!

 

スポンサーリンク

眼鏡で痛くなる鼻や耳の対策は?軽量眼鏡からグッズまでご紹介!!

対策② 鼻で支えない!?

 

ご覧のように鼻パッドがなく、とてもすっきりとしています。

 

田中めがねの「ネオジン」と言うブランドです。

ご覧のように、鼻パッドがありません。

その代わりに、頬骨で支えるようになっているのです!

 

 

 

「一般的なフレーム」顔の中心にくっきりパッド跡が残ってしまい、大変目立ちます

 

「NEOJIN鼻パッドのないフレーム」パッド跡が残らず、スッキリとした顔立ちに!

 

 

 

眼鏡の仕組みは下の通りです。

 

4点で支えるから、安定する!

 

 

 

現在これも使用しています。

鼻への負担はゼロなのですが、頬骨のところが痛くなります。

痛くなる場所が変わっただけのような気がしますが、

使用し始めた最初の方は、不思議な感覚でした。

 

あと、激しい運動の時はズレやすいので不向きです。

室内での作業やデスクワークに向いているでしょう。

眼鏡で痛くなる鼻や耳の対策は?軽量眼鏡からグッズまでご紹介!!

対策③ パッドを使用する

シールタイプでピタッと貼りつけ

今度は鼻パッドにシリコンの柔らかい素材を付けて、

鼻の負担を軽減するのです!

 

ぷにぷに ※素材イメージ

 

この類の商品は、眼鏡屋でも販売していますし、

ネットでも気軽に購入ができます!!

 

とにかく柔らかいの、鼻の痛みの軽減は期待できす。

ただ、消耗品なのでレンズを洗っているうちに

剥がれてきます。

私の場合は、1年ほどで剥がれてしまいました。

 

商品画像1

出典 http://store.shopping.yahoo.co.jp/zakkacocker/0218622.html?sc_e=slga_pla

 

スポンサーリンク

まとめ

私は鼻が敏感なのかすぐに痛みを感じてしまいます。

今回ご紹介した商品は、全て実際に試したものです。

鼻や耳の後ろが痛いと、疲労もかなり感じてしまいます。

 

100%負担をなくすことはできませんが、

軽減することは可能です!!

 

どうしても我慢できない人は今回ご紹介した商品を

試してみて下さい!!

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ