特養と老健の違いはなに?リハビリはできるのは?費用はどちらが安い?

スポンサーリンク

特養と老健の違いはなに?リハビリはできるのは?費用はどちらが安い?

はじめに

介護が必要になり、親を施設にへと考えている人も

少なくはないと思います。

なんとか自分で歩けるうちは

自宅で様々なサービスを組み合わせながら

介護ができていても、

要介護4や5などの重度になれば、

難しさを感じている人もいると思います。

 

今回は介護施設のなかでも

特別養護老人ホーム(特養)

老人保健施設(老健)の違いをご説明致します。

 

 

特養と老健の違いはなに?リハビリはできるのは?費用はどちらが安い?

特別養護老人ホームとは

「特別養護老人ホームとは」の画像検索結果

介護保険制度上では介護老人福祉施設と呼ばれるものです。

この施設は生活を主体とする施設になります。

入所できるのは原則、要介護3以上となります。

食事、入浴、排泄等の介護を受けることができますが、

積極的なリハビリテーションは実施していません。

 

職員は大半が介護職員です。

生活の場であるため、介護が必要な方への対応が手厚くなっています。

 

また、最期までお世話をしてくるため、

自宅に戻るための環境整備の心配が不要です。

 

 

特養と老健の違いはなに?リハビリはできるのは?費用はどちらが安い?

老人保健施設とは

「老人保健施設」の画像検索結果

特養同様、介護保険制度上の施設ですが、

完全な生活の場ではありません。

例えば、病院で入院をしており

すぐに自宅に戻ることに不安を感じている高齢者が、

一時的に過ごす場所として利用します。

病院と自宅の中間的なイメージでいいでしょう。

 

特養とは違い、看護師の数が多くなっています。

運営母体も病院が多いのが現状です。

 

原則、最期まで過ごすことができません。

よって、状態が安定すれば

施設側から退所を促されるのです。

 

スポンサーリンク

特養と老健の違いはなに?リハビリはできるのは?費用はどちらが安い?

リハビリが目指すものとは

まず、リハビリの前提として、

失った機能を回復させるようなことはあまり実施しません。

 

どちらも、高齢者であるということもあり、

現状で行なえていることを、

今後もなるべく継続できるように機能的低下を防ぐことが

主な内容になります。

 

 

特養でのリハビリの一場面です↓↓↓

例えば、なんとか杖歩行が出来ている方に対しては、

車椅子生活にならないように、脚の筋力を維持する運動を行ないます。

 

車椅子生活で、べッドへの移動は

自分で脚に力を入れ行なえるようであれば、

介助者全面的に抱きかかえないで、ベッドに移動しなくてもいいように

残された筋力を維持できるように行ないます。

 

 

特養と老健の違いはなに?リハビリはできるのは?費用はどちらが安い?

特養のリハビリと老健のリハビリに違いはあるのか?

結論から言いますと、特養か老健かで比べると違いはほとんどありません。

違いがあるとしたら、ひとつ一つの施設によって違いがあるのです。

 

出典 http://blog.goo.ne.jp/soseien/e/5ce422815245c4723babcf7f61def3a4

 

先述で、老健は必ずリハビリを実施していると書きましたが、

内容が薄い施設もあります。

逆に、リハビリの義務付けがない特養でも

積極的に取り入れている施設があるのです。

 

リハビリを気にするのなら、

施設の種類で選ぶよりも、

個々の施設での実施状況を尋ねて

選択の参考にすると良いでしょう。

 

特養と老健の違いはなに?リハビリはできるのは?費用はどちらが安い?

費用はどっちが安い

この件に関しても、特養とリハビリで区別するよりも、

個々の施設で考える方がいいでしょう。

 

金額を左右させるモノとして、

居室のタイプがあります。

ひとつの部屋に複数人が生活する多床室と

ひとりだけで生活できる個室では

大きく金額が異なります。

 

勿論、要介護度が高くなれば

金額も高くなります。

 

個室タイプ

[ 特養 個室 ]  約10帖ある特養個室には各々トイレと洗面台があります 

出典 http://moegi-archi.com/works/welfare/newly/000117.html

 

 

多床タイプ

出典 http://www.toujuen.or.jp/tokuyou.html

 

 

スポンサーリンク

特養と老健の違いはなに?リハビリはできるのは?費用はどちらが安い?

まとめ

いかがでしたか?

介護が必要になった場合、

特別養護老人ホームにするか

老人保健施設にするか

悩む人が多いと思います。

 

一般の方だと、何が違うのか分かりにくい部分があると思います。

 

ホームページ等で情報を収集するものいいですが、

実際に見学に行って、職員さんのお話を聞くのもいいでしょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ