新入社員の夏のボーナスの平均は?業種によっての違いはあるの?

スポンサーリンク

新入社員の夏のボーナスの平均は?業種によっての違いはあるの?

はじめに

夏が近づくと気になるのがボーナスですね。

ボーナスが気になるのは、

新人社員だけではありません。

昨年よりも増えているか、

それとも減っているか・・・・

特に民間企業は気になると思います。

 

新人社員の場合は、

最初のボーナスと言うこともあり

先輩に比べると割安になると思います。

 

中小企業では全くないところも

珍しくはないこの時代です。

 

一体回りはどれぐらい貰えているのか

調べてみました!!

 

 

新入社員の夏のボーナスの平均は?業種によっての違いはあるの?

夏のボーナスいつ頃もらえる??

民間企業の場合ですと、6月下旬でしょう。

 

大企業なら毎年○月○日とはっきりと

社員に伝達があると思います。

中小企業なら直前になり、

「今年は全額カットです」

という噂が流れることもあるようです・・・。

 

ちなみに公務員は6月30日と定められています。

 

スポンサーリンク

新入社員の夏のボーナスの平均は?業種によっての違いはあるの?

夏のボーナスの平均は??

少し古い統計ですが、

厚生労働省の発表では2014年の全ての平均ボーナス額は

37万550円となっています。

 

更に若い世代で絞って見ますと

20歳~24歳の平均は19万5800円です。

このデータはH25年度の厚生労働省の調査の結果です。

 

では、新人社員と言いますと、

厚生労働者では正式なものは発表がありません。

ここからは主観も入りますが、

新人社員の場合は全くない企業も珍しくありません。

4月入社して貰えるのが6月ですから、

正直、無くても仕方がないかもしれません・・・。

 

ボーナスがあるとすれば、

0,5ヶ月~1ヶ月分ほどではないかと思います。

 

もし、夏のボーナスがあるのなら、

もらえるだけでラッキーと思った方がいいかもしれません!

 

 

新入社員の夏のボーナスの平均は?業種によっての違いはあるの?

業種による違いは??

気になるのが支給額の多い業種だと思います。

トップ3は以下の通りです!

①金融業

②公務員

③製造業

 

もちろん、それに伴い新人社員の

夏のボーナスも平均よりも高くなります。

 

一方低い業種ですが、

介護、保育、飲食、事務

等があるようです。

「介護」の画像検索結果

出典 https://www.kaigo-rec-work.com/

 

 

新入社員の夏のボーナスの平均は?業種によっての違いはあるの?

大手企業の夏のボーナス事情

経団連の発表によりますと、

昨年の夏のボーナスでは

平均が90万5165円でした。

 

tbsnewsi-71692_news2907640_6

出典 http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/24832

 

 

主に、東証一部上場企業で従業員が500人以上の

141社を調べた結果です。

 

特に業績が順調だった自動車業界では

平均で100万円を超えるところも!

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか??

夏のボーナスについて期待している人もいるかと思います。

しかし、全く支給されないという企業は全体の4割もあると言われています。

それだけ、日本は厳しい状況にあることが分かります。

 

一方で安定しているのはやはり公務員です、

 

民間企業が苦労している中で、

余程のことがない限り

毎年規定の額を貰っているようです。

 

新人社員のみなさんにおいては

あまり期待できるようではありませんが、

それは全体的な傾向である言えるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ