梅雨に発生しやすいカビやダニの対策は?5つの方法をご紹介!

スポンサーリンク

梅雨に発生しやすいカビやダニの対策は?5つの方法をご紹介!

はじめに

梅雨になると湿気が多くなり、

カビやダニにとって嬉しい環境になります。

カビやダニにアレルギーの原因のひとつでもあり、

人体に影響を及ぼします。

 

カビは多湿を条件として、

15℃から繁殖し始めます。

そして20℃を超えると勢いよく繁殖するのです!

 

ダニは湿度が60~80%を条件として、

20℃~30℃で繁殖が始まります。

さらに餌となるフケ、食べ物のカスなどがある場所で

特に繁殖するのです!

 

 

 

梅雨に発生しやすいカビやダニの対策は?5つの方法をご紹介!

その① 晴れの日は窓を開けて換気をする

「梅雨 窓 開ける」の画像検索結果

雨の日が続くと窓を閉めていることが増えます。

室内の通気が悪くなるとその分ホコリが溜まりやすくなり、

カビが繁殖しやすくなります。

梅雨の合間の晴れの日は窓を開けて

室内の換気を行ないましょう!

 

 

梅雨に発生しやすいカビやダニの対策は?5つの方法をご紹介!

その② 布団乾燥機・布団クリーナーで布団の湿気・ダニを取り除く

布団は湿気が溜まりやすいため、

梅雨の時期は特にダニやカビが心配です。

布団が外干しできないので、布団乾燥機や

布団クリーナーを上手に利用して

布団のダニやカビを防ぎましょう!

 

レイコップ ジニーティー ふとん専用ダニクリーナー (ピンクゴールド)【掃除機】Raycop Genie-T SMART スマート BG-310JP
レイコップ ジニーティー ふとん専用ダニクリーナー (ピンクゴールド)【掃除機】Raycop Genie-T SMART スマート BG-310JP

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

梅雨に発生し易いカビやダニの対策は?5つの方法をご紹介!

その③ 押し入れやクローゼットはこまめに換気をする

押し入れやクローゼットを閉めたままにしていると

湿気が溜まり、ダニやカビが繁殖しやすくなります。

梅雨の合間の晴れの日に窓を開けて換気をする際や、

除湿機などで室内を除湿する際は、

押し入れも開けて一緒に換気・除湿をしましょう!

 

また、押し入れやクローゼットの中に

モノを詰めすぎないように工夫することも大切です。

すのこを活用して普段から空気の通り道を作ることも

必要なことです!

 

また、気になる匂いも解決できる方法を動画でご紹介します!!

 

 

 

梅雨に発生しやすいカビやダニの対策は?5つの方法をご紹介!

その④ 浴室の換気をしてカビが発生しにくい環境をつくる

年間を通してカビが発生しやすい浴室ですが、

湿気が多くなると梅雨の時期は、

さらにカビが発生しやすくなります。

 

浴室に窓がある場合は防犯を気にしながらも、

頻繁に開けておきましょう!

さらに換気扇をなりべく使用して、

梅雨の季節にはずっと使用していてもいいぐらいです。

 

浴室のカビ対策には色々な商品が発売されています。

上手に活用しましょう!

 

 

 

銀イオンの力で防ぎます!
ルック おふろの防カビくん煙剤 消臭ミントの香り 5g
ルック おふろの防カビくん煙剤 消臭ミントの香り 5g

 

 

 

バイオの力で防ぎます!

 

バイオ お風呂のカビきれい カビ予防 (交換目安:約6カ月)
バイオ お風呂のカビきれい カビ予防 (交換目安:約6カ月)

 

梅雨に発生しやすいカビやダニの対策は?5つの方法をご紹介!

その⑤ 除湿機やエアコンを上手に活用しよう

除湿機やエアコンの除湿機能を使い、室内を除湿しましょう。

また、洗濯干しをする場合はさらに湿度が高くなるので、

エアコンの除湿機能と平行して、

扇風機を使用するといいでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

当然の言えば当然のことかもしれません。

しかし、実際には多くのご家庭で

実施できていないことが多いのです!

 

分かっているけど、できないのです。

 

これら5つのことを、

なるべく、こまめに実践することが大切です。

 

その方法として、家族内で湿気対策に向けての意識付けをするために、

一度ぐらい話合う機会があってもいいかもしれません。

なにも主婦が中心となる必要はありません。

家族の団結力で乗り切りましょう!!

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ