大学生の一人暮らしの家賃の費用は?平均金額や相場を教えます!

スポンサーリンク

 

 

大学生の一人暮らしの家賃の費用は?平均金額や相場を教えます!

はじめに

 

 

大学受験に成功して、4月から新生活がスタートする方も多いと思います。

楽しい生活を送るための大前提として、自分の住まい確保ではないでしょうか?

特に若い方は、できればきれいな物件で一人暮らしをしたいと思う方も

いると思います。

今回は、本人さんは勿論、親御さんも気になる

家賃についてお話をいたします!!

「大学生の一人暮らしの家賃の費用は?平均金額や相場を教えます!」の画像検索結果

出典 http://www.xn--pss25c12eht1e.jp/85

 

 

大学生の一人暮らしの家賃の費用は?平均金額や相場を教えます!

大都会 東京での相場は?

 

 

まずは、大学生の平均家賃ですが過去5年間で55,000円程度となっています。

ただし、これは全国の平均ですので地方によってかなりの差があることは

事実だと言えるでしょう。

 

ちなみに東京都内で1ルーム風呂・トイレ別、キッチンIHコンロですと、

家賃7万円前後します。

 

 

東京を更に具体的分けた場合の相場を下の表でご確認下さい。

 

 

「一人暮らし 家賃 平均」の画像検索結果

出典 http://chintaibest.com/yachin/

 

 

大学生の一人暮らしの家賃の費用は?平均金額や相場を教えます!

都道府県によってこんなにも相場が違う!

 

 

【一人暮らしタイプの平均家賃】

出典 http://toushi.homes.co.jp/owner/

 

少し、分かりづらいのですが、上の表は1DK等の一人暮らしタイプの

物件の平均です。

赤いラインが60,000円で東京だけが極端に突出しているのが分かります。

次いで、神奈川県が60,000円弱、埼玉、三重、大阪、京都等が

並んでいます。

一番安いところでは、40,000円を割っているところもあるのが

分かると思います。

 

 

一概に言えませんが、都市の物件は地方の1,5倍程度の家賃だと

思っておくと良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

大学生の一人暮らしの家賃の費用は?平均金額や相場を教えます!

留意点 初期費用も考えて!

 

 

ここで物件を選ぶ時の注意点をご紹介します。

それは、初期費用がどの程度含まれるを確認しておくことが大切です。

 

東京で一人暮らしをする方必見!初期費用を安くする方法を教えます!

 

例えば、エアコンが付いている物件だと、

自分で購入する費用が省けます。

また、照明器具は全て自分でそろえないといけない物件もあれば、

家賃に含まれている物件もあるのです。

 

金額だけを見て判断しないでトータルで検討する方が

結果としてお得になる場合もあるのです。

 

ちなみに、私のお話ですが、

大学生の時ではないのですが、

 

一人暮らしをはじめて、最初に住んだマンションは、

敷金・礼金・駐車場一台込みの金額でした。

 

地方の方がこのような条件で提示している場合が多いようです。

 

 

大学生の一人暮らしの家賃の費用は?平均金額や相場を教えます!

家賃はどうする?親の支援?

 

 

大学生の一人暮らしに関連して、親御さんの仕送りの金額も

気になると思います。

これこそ、家庭によって差があります。

「せめて家賃だけは親が出したい」と思う方もいれば・・・

「余裕がないので、自分で全て頑張って欲しい」と考える方もいるのことは

事実なのです。

 

それらのことを考慮しての結果になりますが、

平均仕送りは2015年の場合、88,500円となっています。

 

いずれにしても親御さんは、金銭的にかなりの負担を

強いられるようになるでしょう。

「大学生の一人暮らしの家賃の費用は?平均金額や相場を教えます!」の画像検索結果

出典 http://kizukiroom.com/a102002776-post/

 

 

そのためにも、抑えられる費用はなるべく抑えられるようにしたいですね!

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

いかがでしたか!?

年度末になると、何かとお金が必要になることが多いですね。

大学生は新しい気持ちで、新しい生活のスタートです!

本人の努力も今後必要ですが、親御さんも出来る範囲のことは

一生懸命、支援していきたいと思われる方もいらっしゃると思います。

今回の記事が少しでも参考になればと思います。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ