来年度から労働基準法が改正される?年間で有給休暇を5日取れます!

スポンサーリンク

 

 

来年度から労働基準法が改正される?年間で有給休暇を5日取れます!

はじめに

 

みなさんは職場で有給休暇はきちんと取れていますか?

年間で全ての有給休暇を消化できるような方は、実際には少ないと思います。

逆に、一度も取ったことがないという方もいるのではないでしょうか?

 

私の場合ですが、風邪等で休んで有給休暇に当てたとしても、

年間で10日も取得していないと思います。

 

職場全体にも取りにくい雰囲気があり、働きすぎる(過労)

が日本の労働問題であったのです。

 

来年度から労働基準法が改正される?年間で有給休暇を5日取れます!

年間最低5日の年次有給休暇取得の義務化!!

「来年度から労働基準法が改正される?年間で有給休暇を5日取れます! はじめに」の画像検索結果

出典 http://blog.livedoor.jp/kouichi31717/archives/2015-06.html

 

 

そんな労働者にとっては嬉しい規則がスタートします。

それは、年最低5日の有給休暇の取得が義務化されるのです。

義務化なので必ず取得しないといけないのです!!

 

それでは、詳しい内容を見ていきましょう。

今回対象となるのは、正社員(正規雇用)だけではなく、

パートタイマーやアルバイトと含まれいているのです。

ただ、条件があります。

年次有給休暇の日数が10日以上である労働者」とされています。

働き始めてから何年も経過している方は、忘れているかもしてませんが、

通常、有給休暇は就職してから6ヶ月で寄与されます。

 

一覧表で参考にして下さい!

年次有給休暇の日数

 

例えば年間10日の有給休暇がある人は、

そのうちの5日を必ず取得しなければいけません。

20日の人でも5日という日数は同じです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

来年度から労働基準法が改正される?年間で有給休暇を5日取れます!

パートタイマーやアルバイトも適用されるの??

 

 

最初に述べましたが、パートタイマーやアルバイトも対象です。

具体的には「週30時間未満で、かつ、週の労働日数は4日以下

になります。

 

要するに・・・・

週3日働いている労働者で、勤続の期間が5.5年以上の人

週4日働いている労働者で、勤続の期間が3.5年以上の人

このようになります。

 

来年度から労働基準法が改正される?年間で有給休暇を5日取れます!

守らなければどうなるのか?

 

では、この改正された労働基準法を

守らなければどうなるのでしょうか??

明確に6ヶ月以下の懲役または30万以下の罰金

が科せられます!!

 

そもそも、有給休暇の申し出があれば拒否できませんので、

より労働者の権利が強くなったということになります。

逆に言えば、これまで十分に取得できなかったことが

背景にあると言えるでしょう。

 

 

来年度から労働基準法が改正される?年間で有給休暇を5日取れます!

中小企業では努力が必要!?

 

 

また大企業では労働条件も良く、風通しの良い職場も多く存在します。

しかし、日本全体でみるとそのような好条件で働くことができるのは、

一部の企業でなのです。

 

これまである程度の日数の有給休暇を取得できていた企業では

それほど影響がないでしょう。

 

逆に中小企業のような、ギリギリの人員で運営をしているところは、

社長さんが頭を悩ます要因になりそうですね。

 

今より尚、「仕事をするときはする」「休む時には休む」

という切り替えをしなくてはならい状況になると思います。

そこを努力するのは雇用側も勿論そうですが、

労働者本人もダラダラと仕事をするのではなく、

メリハリをつけた効率の良い仕事をして、

有給休暇を確保するように務めなめればならないでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

来年度から労働基準法が改正される?年間で有給休暇を5日取れます!

まとめ

有給休暇の最低5日の取得が義務付けられるようになったときの

メリットとデメリットです!

 

◎メリット

・労働者側からすれば、有給休暇の取得が必ず5日はできるようになる。

・祝日や土日とあわせて連休ということもできる。

・レジャーや旅行を楽しむことができる。

 

◎デメリット

・雇用者側は経営に影響が出ることもある。

・限られた人員で同じことをしないといけないので、体力的に厳しくなる可能性もある。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ