受験のストレス溜まっていたら要注意の症状!勉強の仕方対策・まとめ!

 

 

スポンサーリンク

 

 

そろそろ受験シーズンを

迎える時期ではないでしょうか?

 

 

受験でストレスが溜まると

受験うつを発症するケースもあります。

 

 

そうならない為の

色々な対策方法を

調べてまとめてみました。

 

受験のストレス溜まっていたら要注意の症状!勉強の仕方対策・まとめ!

どんな症状が特徴なの?

すべての人に当てはまり

発症するわけではありませんが

気が付いたら「受験うつ」だった

一歩手前だったという子が

多くいるようです。

 

 

以下の症状に当てはまる場合は

少し注意が必要かもしれません。

 

□いつもイライラしている

□感情が安定しない(急にないたり怒ったり)

□夜眠れず、昼間に眠気

□食欲が落ちるまたは、過食気味

□一日大した運動をしていないのに、疲労感

□勉強や会話で内容をすぐに覚えられない、集中力がない

□楽しい事が何もない

□自分の価値が感じられない、絶望している

 

 

うつを発症しやすい子は

生真面目で自分に厳しい子が多いです。

 

 

上のような症状が見られたら

うつの一歩手前かもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

受験のストレス溜まっていたら要注意の症状!勉強の仕方対策・まとめ!

どういう対応をすればいいの?

この症状に気が付いたとしても

どう対処していいかわからないと思います。

 

b4531233b250804f287b9a062c243f73_s

いくつかの対処法を紹介。

 

 

□得意教科を伸ばす

□一度スパッと休養させる

□休めた後にゆっくりと勉強をする

□急がばまわれ

 

 

 

 

受験のストレス溜まっていたら要注意の症状!勉強の仕方対策・まとめ!

勉強でなぜストレスがたまるのか?

勉強でストレスがたまるのは

誰もが経験することで仕方のない事でもありますが

病気になるほどストレスを感じないためにも

たまる原因を知っておくのも大事です。

 

 

□勉強の目的が明確でない

□勉強自体面白くない

□得意科目が一つもない

□1回の勉強時間が長い

□効率的に休憩していない

□運動不足、睡眠不足になっている。

 

 

探せば色々あるのですが

原因を明確にしておくとどうしたらよいかが

見えてくるかもしれません。

 

 

 

受験のストレス溜まっていたら要注意の症状!勉強の仕方対策・まとめ!

そもそも勉強が嫌いは・・・

勉強にストレスを感じる人の大半は

勉強自体が嫌いなのではないでしょうか?

 

 

それならば当然ストレスがたまってしまいます。

 

 

好きになれば今よりはストレスが減るはず。

 

 

好きになるのは無理でも、少しだけ勉強に近づく対策として

おすすめのやり方があります。

 

 

たとえばですが、1回の勉強時間を2時間と決めるより

1日何回かに振り分けて

15分の勉強を8回すれば2時間です。

 

 

15分と考えるととっても楽に思えてきませんか?

 

 

そして、勉強自体にストレスがある人は

勉強の内容にも面白みを見つけ出す努力もしましょう。

 

 

さらに予習よりも復習に重点を置くと

「わかる」が増えてきます。

 

 

おもしろいとか、わかってきたと思う時は

ドーパミンがいっぱい分泌されているんです。

 

 

 

受験のストレス溜まっていたら要注意の症状!勉強の仕方対策・まとめ!

休息と睡眠をを上手にとる

上にも書いたように

うつ一歩手前の人も含め

休息をとる、睡眠をとる

お風呂に入る、わずかな運動は

受験生ではなくても大事な事です。

 

aae380ff2a138431e860c699588ef08b_s

 

休息をとらないで続けて勉強していれば

当然ストレスもたまるはず。

 

 

人間の集中力は長くもっても90分と言われています!

 

 

たくさん頑張れる人でも1時間おきに1度は休憩を入れてみてください。

 

 

10分でも疲労を感じているならば30分に増やすのも手ですよ。

 

 

テレビやゲームも良いのですが

「眠る」という事も効果的です。

 

 

軽くストレッチをしたりして

体の緊張をほぐすのも大事!

 

 

さらに、何よりも

睡眠不足は勉強には敵です。

 

 

しっかり寝ることも心がけましょう。

 

 

睡眠をとることでモチベーションが

回復してきますよ!

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

 

くじけそうなことも沢山あると思いますが

これから受験をする皆さん

応援しています!

 

 

ストレスの根源を知って

上手に解消してくださいね!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ