お餅のカビを何とかしたい!お餅のカビを防止する方法と保存方法!

 

 

スポンサーリンク

 

 

お正月には必ず家にある

お餅ですが、つきたてのお餅や

鏡餅などは気がついたら

「カビ」が発生していたりします。

 

 

この「カビ」が生えても

何とかして食べたいし

「カビ」は防ぎたいし…

そんなお悩みを

紹介いたします!!

 

 

お餅のカビを何とかしたい!お餅のカビを防止する方法と保存方法!

なぜお餅にカビが生えるの?

お正月や冬の時期は

お餅料理や鏡餅など

お餅がたくさん登場しますが

なぜカビが生えてしまうのか?

 

69b9a6a4c3d8d1d9c92e6ff1dd5d8125_s

それは単純に

最近の室内環境の変化にあります。

 

 

暖房のおかげで冬でも

部屋の中は快適に過ごせるようになっていて

カビにとっても過ごしやすい環境を

作ってしまっているのです。

 

 

そして鏡餅やお餅など空気に触れているものは

すぐに「カビ」の住み家となってしまうのです。

 

 

そしてもう一つは

お餅自体が、カビが好むでんぷん質と

水分でできているので

保存方法にも注意しないと

カビがどんどん生えてしまうわけです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

お餅のカビを何とかしたい!お餅のカビを防止する方法と保存方法!

その1 冷凍保存

既製品のお餅は真空パックになっていたり

一つずつ袋にはいっていたりするので

あまり心配はいらないのですが

手作りのお餅や生の鏡餅などは

すぐにカビが生えてしまいます。

 

 

すぐに食べないものは「冷凍保存」が一番いいです。

 

 

ジップロック フリーザーバッグ 中18枚入
ジップロック フリーザーバッグ 中18枚入

 

【大容量】 サランラップ BOXタイプ 15cm×50m
【大容量】 サランラップ BOXタイプ 15cm×50m

 

 

○ラップに1つずつ包んでおく

○何個かに分けてジッパー付のビニールブクロに入れる

○冷凍庫で保存する

 

 

この方法で大体3か月くらい保存ができます。

 

 

 

お餅のカビを何とかしたい!お餅のカビを防止する方法と保存方法!

その2 水餅

これは昔の方法で

冷蔵庫がなかった時代には

水につけるという方法がありました。

 

 

パール金属 洗いやすい 保存 容器 長方形 L 2個組 電子レンジ対応 NEWキープロック 日本製 HB-1430
パール金属 洗いやすい 保存 容器 長方形 L 2個組 電子レンジ対応 NEWキープロック 日本製 HB-1430

 

 

○大き目のタッパーなどの容器に、餅がくっつかないように入れる

○餅が隠れるまで水をそそぐ

○冷蔵庫か暗所で保存

○毎日水を変える

※1か月程度が目安

 

 

 

お餅のカビを何とかしたい!お餅のカビを防止する方法と保存方法!

その3 わさびと保存

冷凍や水餅だとどうしても

最初の状態とは形状が変わってしまいますが

この方法だとそのままの状態で

保存ができます。
S&B おろし生わさび 310g
S&B おろし生わさび 310g

 

 

○市販で売っている、チューブの練りわさびを小皿に出す

○お餅が入るタッパーなどの容器の中心にわさびを置き

わさびを囲むようにお餅を並べる

○蓋をして冷暗所か冷蔵庫に保存

○使う時以外は蓋をきちんとしめる

 

 

※長期保存は向いていないので1週間程度が目安

 

 

お餅のカビを何とかしたい!お餅のカビを防止する方法と保存方法!

その4 鏡餅の保存方法

これまでの方法は切り餅の方法でしたが

飾るための鏡餅には向いていないので

鏡餅を保存する場合はこちらの方法で!

 

 

★国内の甲類焼酎の中でも最高峰の品質★【宮崎本店】亀甲宮焼酎 ~キンミヤ焼酎 600ml 25度
★国内の甲類焼酎の中でも最高峰の品質★【宮崎本店】亀甲宮焼酎 ~キンミヤ焼酎 600ml 25度

 

 

○お酒と割り箸を用意(お酒はアルコール度数の高いもの。甲類焼中がベスト)

○お酒を含ませたきれいな布で、お餅の表面をしっかり拭く

○餅と餅の間と餅と器の間に割り箸を挟む
(見えないように短めに切る)

○2,3日に1度、お酒で餅の表面を拭く

 

 

この方法ですと、よほど暖かい部屋でなければ

大体10日程度保存ができます(地域差あり)

 

 

お餅のカビを何とかしたい!お餅のカビを防止する方法と保存方法!

カビが生えてしまったお餅を食べるには?

どんなカビでも生えてしまった場合

必ずその部分を削り取ってから

食べてください。

 

 

あまり薄い削りかただと

カビの根が残っている場合があるので

深く削って必ず熱を全体に通してください。

 

 

食べたいし、もったいない気持ちも

大切なのですが

あまりにひどい場合は

捨てる勇気も大事です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

 

すぐに食べないのなら冷凍。

 

 

すぐに食べるのならば水餅やわさびと一緒に保存。

 

 

などという感じで

自分の予定にあった方法で試してみてくださいね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ