カップルで見たいおすすめ恋愛映画5選【洋画編】

9058ac2f48ae870249e3aab2d54761b1_s

秋の夜長は

お家でゆっくり過ごしたい

そんなカップルにお勧めの恋愛映画を5本

ご紹介します。

 

キュンとしたり、二人の恋愛に当てはめてみたり、

二人の愛が深まるのは間違いないですよ。

スポンサードリンク

【ノッティングヒルの恋人】

ビバリーヒルズに住み、

世界で一番有名で美しいスーパースター、

ジュリアロバーツ演じるアナが恋に落ちた相手は、

ウエストロンドンの

ノッティングヒルに住む

本屋さんヒューグラント演じるタッカー。

 

奇跡の出逢いから始まる2人の恋の行方は…

 

だれもの心を温かくする偶然から生まれた

ハリウッドスーパースターと

しがない本屋の店主の

ロマンティックラブ・ストーリーです。

 

立場の違う二人が奇跡的に出会い

途中分かれてしまいますが

最後にはハッピーエンドで

見終わった後、幸せな気分になれる映画です。

 

【風と共に去りぬ】

南北戦争前後のアトランタを舞台に、

炎のような女、ヴィヴィアンリー演じる

スカーレット・オハラの波乱万丈な半生を、

完璧なまでの配役と、

この上ないほどの豪華なセットや

衣装を用いて描かれたロマンスの金字塔的作品。

 

名作中の名作です。

作られてから70年以上たった

今でも、色あせません。

4時間と長い作品ですが

何度見ても釘付けになってしまいます。

 

【マディソン軍の橋】

1d9920ee5b763f2b432e04db2e937857_s

4日間だけ、だからこそ・・・

平凡な主婦になんの前触れもなく訪れた

4日間のラブストーリー。

 

簡単に言ってしまえば不倫のお話なのですが、

とてもピュアで尚且つ深く、複雑な恋愛模様です。

こういう恋愛を自分もしてみたい!

と共感するようなストーリーではないのですが、

だからこそ深く引き込まれるのかもしれません。

 

メリル・ストリープの名演技で、

楽しい恋愛、うれしい恋愛、

不安な恋愛、辛い恋愛、

悔しい恋愛、悩める恋愛、

幸せな恋愛を、

この映画で丸ごと楽しめることでしょう。

一つじゃない、恋愛っていろんな顔がある!と

思わせてくれるストーリーとメリル・ストリープです。

 

ダーティハリーとは違うイーストウッドの魅力。

アメリカの田舎の風景。

きれいなテーマ音楽。

それらが相まって引き込まれてしまいます。

お互いの生活も人生観も異なるがゆえに衝突してしまう。

 

特にメリル・ストリーブの独特の視線で

語りかけるシーンは圧巻である。

 

豪華キャストにも大注目!!!

かなりオススメです!!!

スポンサードリンク

【Mr.&Mrs.スミス】

 

運命的な出会いの末、

電撃的に結婚したスミス夫妻。

 

しかし、この2人には互いに相手に

知られたくない秘密があったのです。

 

実は、2人は対立する組織に属している、

暗殺のプロだったという秘密が!

 

互いに正体を隠し結婚生活を送っていましたが、

ある時ついに正体を知られてしまうのです。

 

愛する人でも抹殺するのがこの世界の掟。

さっそく2人は相手を始末すべく、壮絶な戦闘を開始!

 

暗殺のプロ同士が

夫婦喧嘩をするとこうなる!

というような映画です。

 

笑いも満載でカップルで

ワイワイ見るのにおすすめの

映画です!

 

【ブリジットジョーンズの日記】

e051a8ff406f33ccd3a8adece3d8aa06_s

彼女はシングルトン。

恋人をゲットしようと決意します。

日記をつけることから始める。

 

そんな中、上司からメールが届きます。

クールに振る舞う彼女だですが、

仕事で大ドジを踏んでしまうのでした。

 

主人公はどこにでもいそうなアラサーの女の子で、

共感できる女性も多いのではないでしょうか。

 

「わたし天才かも」と有頂天になったり、

どん底まで落ち込んだり。

ちょっとばかばかしいところもあるけれど、

理屈抜きで楽しいです。

 

これぞ、ラブコメ決定版。

めちゃくちゃ素敵なハッピーになれる映画です。

 

【まとめ】

秋の夜長に、

二人で映画を見る。

とてもすてきだと思います。

 

恋愛映画はハッピーエンドが

やっぱりいいですね。

 

秋の夜のように二人の愛も深まること

間違いないです。

 

スポンサードリンク

【ほかのおすすめ記事】

カップルで見たい恋愛映画5選【邦画編】
レンタルで見たい秋の夜長におすすめアクション映画5選

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ