リオ・オリンピック陸上日本代表100mの3選手に注目!9秒台なるか!!

スポンサーリンク

リオ・オリンピック陸上日本代表100mの3選手に注目!9秒台なるか!!

その①桐生祥秀選手

出典 http://shabonyu.com/sprint100m20160704/

滋賀県出身の20歳です。

自己ベストは日本歴代第二位の10秒01なのです!しかもその記録は高校3年生のときにマークしたのです!

大学に進学してからも同タイムを出したことがあり、9秒台までもう少しのところまで来ましたが、今のところ及んでいません。

実は桐生選手、200mにも出場するので、そちらの方も楽しみです。

どちらにしても、日本人選手のなかでは期待が持てる選手なのです!

リオ・オリンピック陸上日本代表100mの3選手に注目!9秒台なるか!!

その②山縣亮太選手

出典 http://shabonyu.com/sprint100m20160704/

広島県出身の24歳です。

自己ベストは2016年に出した10秒06です。桐生選手に及びませんが、

日本を代表する短距離選手には間違いありません。

この選手、2012年から徐々に記録を伸ばしているのです。よって、今回のオリンピックでは自己新記録をマークする可能性が高いと言えるでしょう!

リオ・オリンピック陸上日本代表100mの3選手に注目!9秒台なるか!!

その③ケンブリッジ飛鳥アントニア

スポンサーリンク

出典 http://shabonyu.com/sprint100m20160704/

ジャマイカ出身の23歳です。

実はこの選手私が一番注目しているのです。ジャマイカの父と日本人の母を持つハーフです。母が仕事でジャマイカで生活してときに結婚、そのとき誕生したのです。

2歳になると、大阪に引っ越して妹と両親の4人で生活をしてきました。その後、母親の仕事の関係で東京に引っ越しすることになり、中学・高校と東京の学校で陸上をしたのです。大学は、日本大学に進学しました。卒業後は株式会社大阪ドームに入社。この会社でサポートを受けながら日々トレーニングに励み、現在に至るのです!!

成績ですが、自己ベストは2016年に出した10秒10です。大学一年生の時には11秒に近かったのですが、徐々に記録を更新し、大学を卒業してからの記録なのです。

ちなみに、自己記録をマークした日本選手権で優勝しており、このとき桐生選手は3位でした。

実は、写真を見ても分かる通り、イケメン選手なのです。

三人の中おそらく一番でしょう・・。笑

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?世界の壁は高く、日本人選手のメダル獲得はまだまだ難しいかもしれません。

しかし、日々トレーニングを積んでいくなかで、選手達は日々成長しています。

最も9秒台に近い桐生選手!

成長著しい山縣選手!

イケメンで走る姿も美しい飛鳥選手!

夢の9秒台を目指して、頑張れ3人!頑張れ日本!!

国民が一丸となって応援しましょう。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ