小林麻央さんが「進行性の乳がんで闘病中」進行性のがんや乳がんとは?

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

歌舞伎役者の市川海老蔵さんの

妻である小林麻央さんが

進行性の乳がんで

闘病中だという事を

6月9日に公表されました。

 

kobayashimao

出典:http://www.centforce.com/index.html

 

33歳というお若い年齢で

進行性のがん…

本当につらいと思いますが

何とか元気な姿を見たいですね。

 

 

半年前くらいには

北斗晶さんも乳がんで

右乳房を全摘出したと

公表されていました。

 

 

最近よく耳にする

乳がんとは何なのか?

 

 

この進行性とは何のか?

 

 

詳しく調べてみました。

 

 

小林麻央さんが「進行性の乳がんで闘病中」進行性のがんや乳がんとは?

乳がんのステージとは?

現段階では手術をするための

抗がん剤治療などを

されているということで

海老蔵さんはステージは

言えないが極めて深刻というほど。

 

 

このステージとは

0~4までの5段階があり

 

ステージ(病期)

0期:       ・乳腺の中でとどまっているもので極めて早期

1期:       ・リンパ節には転移していない段階

2期:(2a期)   ・しこりが2㎝以下、わき下のリンパ節への転移がある

         ・しこりが2~5cmでリンパ節への転移がない

(2b期)     ・しこりの大きさが2~5cmでわき下のリンパ節へ転移がある


3期:(3a期)   ・しこりの大きさが2cm以下、わきの下リンパ節に転移がある

         ・リンパ節がお互いにがっちりと癒着していたり周辺の組織に
 
         固定している状態 他

(3b期)     ・しこりの大きさやわきの下のリンパ節への転移の有無に
 
         かかわらず、しこりが胸壁にがっちりと固定しているか
 
         皮膚にしこりが顔を出したり皮膚が崩れたり
 
         皮膚がむくんでいるような状態
 
         ・炎症性乳がんもこの病期に含まれる
 
(3c期)     ・しこりの大きさにかかわらず、わきの下のリンパ節と
 
         胸骨の内側のリンパ節の両方に転移のある
 
        ・鎖骨の上下にあるリンパ節に転移がある
 


4期:        遠隔臓器に転移している
 
          乳がんの転移しやすい臓器は骨、肺、肝臓、脳など

 

出典:http://www.nyu-gan.jp/

 

手術をするために

抗がん剤などの治療をうけて

がんを小さくしているという事と

進行性の場合はステージ3以上という事が

話の内容でわかってきます。

 

 

また、半年前に北斗晶さんは

ステージ2bと言われていました。

 

 

しかし余命は50%と言われ

2なのにと疑問があったと思いますが

2bは「リンパに移動」している

という事で、ほかに移動してしまい

極めて3に近い2bだったのではないかと

推測できます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

小林麻央さんが「進行性の乳がんで闘病中」進行性のがんや乳がんとは?

進行性のがんや乳がんとは

上の表でもあるように

早期がんと進行性のがんの違いは

ステージ0~1よりも進んでいて

リンパへの転移や

全身への遠隔転移の可能性が

ある場合を進行性というようです。

 

 

大体の場合年配者に多い、がんですが

進行性の場合、胃がんや大腸がん

などが多いようで

消火器系などの進行だと

腹膜炎などの症状も出てしまうそうです。

 

 

そして乳がんの場合は

しこりの大きさよりも

がんがどこまで進んでいるか

によって判断されます。

 

 

わき下のリンパ節や乳房の広範囲に

広がっている状態のがんのことを

進行性乳がんというそうです。

 

 

小林麻央さんが「進行性の乳がんで闘病中」進行性のがんや乳がんとは?

セルフチェックと検診

まずは乳がんのセルフチェックを

してみましょう!

 

 

入浴時に指をそろえて

渦巻き状に丁寧に

しこりがないか調べます。

 

 

また鏡に向かって

万歳をしたポーズで

 

・形、大きさ、高さに違いがないか

・乳房の皮膚の一部や乳頭にへこみ、きれつはないか

・乳頭にかさぶたやただれはないか

・乳頭に異常な分泌液がでてないか

をチェック。

 

 

さらに仰向けにねて

乳房の内側や全体にしこりがないかを

チェックします。

 

 

やり方がわからない人は動画でも解説していますので

こまめにチェックしてみてください。

 

 

 

 

もう一つは乳がんの検診です

医療機関の検診が一番早い

チェックの方法です。

 

 

セルフチェックで気になることがあれば

若いからと言わずに、一度検診することを

おすすめします。

 

 

2004年から厚生労働省から

40歳以上の女性は2年に1度

視触診とマンモグラフィーの併用を

実施するという指針が出されています。

 

 

マンモグラフィーは乳房を

板ではさみ、薄く引き伸ばして撮影。

 

 

エコー(超音波検査)は

胸にセンサーをあてて画像化して

様子を映し出すものです。

 

 

エコーとマンモグラフィーの違い

 

■エコー(超音波検査)

・画像化できる範囲が部分的な情報

・微細石灰化の検出は困難

・乳腺と乳がんの、しこりの判別が容易にできる

 

■マンモグラフィー

・画像化で全体の状態を把握できる

・0.1mm~0.5mmの微細石灰化の検出が可能

・乳腺が発達している場合、しこりの検出が難しいことがある

 

 

もっとも精度の高い

検査方法といわれているのは

マンモグラフィーですが

それぞれ長所と短所があるので

両方受けると安心です。

 

 

気になる料金は

病院によって差はありますが

乳がんの専門のクリニックで

視診・触診・マンモグラフィーなどの

検査を受けると

約5000円~10000円くらいかかるそうです。

 

 

地域の自治体などで受けたい場合

20代ではサポートはほとんどありませんが

30代から市によっては行っている

ところもあるようです。

 

 

また行政から乳がん検診の

無料クーポンが配布され

一定の年齢に達した女性に配布されます。

 

 

一度お住まいの自治体に問い合わせて

検診を受けてみてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

小林麻央さんの公表は

衝撃的なものでしたが

これからは騒がずに

そっと見守ってあげられると

良いなと思っています。

 

 

また、今心配な人や一度検診を受けたい人

血縁者に乳がんを発症された方が

いる方などは、一度検診をしてみるのも

メリットがあると思います。

 

 

がんは早期発見ができれば治る病気だという事を

覚えておきましょう。

 

【他のおすすめ記事】
認知症かもしれない?そんな時は聞いてみよう9つの質問

徳永英明が「もやもや病」で手術!「もやもや病」ってどんな病気?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ