熱中症対策は今からでも早すぎではない!健康に過ごす予防法まとめ

ようやく寒い日もなくなり

ここ数日では暑い日が

増えてきました。

 

暑さとともに熱中症にも

気を付けなければ

いけない時期ですね。

 

そこでいろいろ対策について

調べてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

熱中症対策は今からでも早すぎではない!健康に過ごす予防法まとめその①

なぜ熱中症になるのか?

 

人の体には気温に合わせて

体温を調整する機能があるそうです。

 

暑くてつらい猛暑日や

寒くて気温が氷点下になるような日でも

体温は大体36度~37度を

保っているそうです(個人差はあります)

 

そして、暑い日には

汗をかくことで、体の熱を

放出しようとしますが

バランスが崩れた時に

体温は上昇していきます。

 

この状態を熱中症といいます。

 

熱中症を引き起こす要因は

様々ありますが

持病があったり

乳幼児や高齢者の方

も注意が必要です。

 

激しい運動、慣れない運動

長時間の屋外作業

水分補給が出来ない状態

なども、この時期だからといって

油断は禁物です。

 

スポンサーリンク

 

熱中症対策は今からでも早すぎではない!健康に過ごす予防法まとめその②

熱中症予防と対策

青空と太陽

日本には四季があるので

冬からいきなり夏になるのではなく

春の緩やかな気温に慣れてから

梅雨明けくらいには

自然に体が適応していきます。

 

しかし、現代のエアコンなどの

整った生活環境の中では

暑さを感じない生活をしていることで

体が適応しにくい場合もあるのです。

 

自発的に汗をかくことが大事です。

 

自分の運動習慣と合わせて

無理なくできる運動を行うと

良いそうです。

 

もう一つは

外と室内のの温度差を

小さくすることです。

 

部屋の中でカーディガンを

羽織るほど寒い部屋から

いきなり外へ出ると

暑さに耐えられず

熱中症になることもあります。

 

もう一度エアコンの温度が

低くなりすぎてないか

チェックしてみましょう。

水とダンベルとタオル

 

熱中症対策は今からでも早すぎではない!健康に過ごす予防法まとめその③

熱中症になったときと対策

熱中症になると

激しい頭痛や吐き気、嘔吐下痢

筋肉のこむら返り・立ちくらみ

全身の倦怠感などの症状

があります。

 

外と室内の温度差を小さくすることは

大事な事なのですが

熱中症になってしまったら

まず第一に冷やす事です。

 

外出先ならば

エアコンのある建物

建物がなければ

日陰で涼しい場所

自宅ならばすぐにエアコンを入れ

うちわなどであおぎ、体を

とにかく冷やします。

 

保冷剤のようなものがあれば

脇の下、首、太ももの付け根などに

当てると効果が期待できます。

 

ただし、意識障害や

嘔吐により水分が取れない場合は

すぐに病院を受診してください。

 

スポンサーリンク

まとめ

熱中症は予防が

大切だということがわかりました。

 

私も、もう一度

エアコンの温度をチェック

しておこうと思います。

 

①暑さをなるべく避ける

②外と部屋の温度差を小さくする

③暑さに備えた体力作り

④こまめに水分補給

 

そのほかに個々にある条件を

配慮し、夏に向けて備えて

おくのがベストなようですね。

 

【他のおすすめ記事】
熱中症を飲み物で予防!体の中から熱中症対策をしよう!
熱中症を食事で予防!体の中から熱中症対策をしよう!
熱中症対策にベストなグッズをランキングでご紹介!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ